乃木坂46 メンバー 一覧

乃木坂46

(C) 乃木坂46

「リセエンヌ」

AKB48の公式ライバルとしてアイドルの扉をひらいた36名の少女。彼女たちが標榜するアイドルの作り方、つまり修道院的な清楚と閉塞感は、処女性のたかいアイドルを画面に映し出すことに成功する。「君の名は希望」の達成により、前田敦子の系譜に連なる生駒里奈を主人公に置いた、教養小説的な物語は幕を閉じるが、生駒里奈という圧倒的な主人公、その中心軸から放たれた生田絵梨花、星野みなみ、西野七瀬、白石麻衣、橋本奈々未、松村沙友理といった冠絶したアイドルの交錯によって描出される稚気は、桁違いの厚みを持つ群像を作り、ほどなくしてシーンは菖蒲色に染まる。
第二期生には、堀未央奈、鈴木絢音、寺田蘭世、佐々木琴子と並々ならぬ個性の持ち主がグループの歴史に加わるが、彼女たちは篠原浅茅(宝塚少女歌劇・第二期生)とおなじように王道のアンチテーゼと扱われる。AKB48誕生以降のグループアイドル史において、シーンのもっとも豊穣な時期に収穫された第三期生には、大園桃子という天才が屹立する。白石麻衣、西野七瀬に触れた最後の子どもである第四期生には、グループアイドルの第一期生だけにそなわる独特の不完全さ、その欠片をみる。とくに遠藤さくらからは、シーンが迎える収斂のその先を生き抜く「蓋然」をつよく投げつけられる。おそらく、この乃木坂46という筐体が、AKB48から連なるグループアイドルの最高到達点になるのではないか。

乃木坂46メンバー

1期生
生田絵梨花 松村沙友理 西野七瀬 白石麻衣 伊藤万理華 中元日芽香 井上小百合 斉藤優里 安藤美雲 若月佑美 秋元真夏 中田花奈 柏幸奈 橋本奈々未 永島聖羅 和田まあや 能條愛未 星野みなみ 桜井玲香 生駒里奈 斎藤ちはる 衛藤美彩 岩瀬佑美子 深川麻衣 齋藤飛鳥 高山一実 川村真洋 樋口日奈 山本穂乃香 吉本彩華 市來玲奈 伊藤寧々 川後陽菜 畠中清羅 宮澤成良 大和里菜

2期生
相楽伊織 北野日奈子 鈴木絢音 渡辺みり愛 山崎伶奈 伊藤かりん 伊藤純奈 佐々木琴子 寺田蘭世 新内眞衣 堀未央奈 西川七海 矢田里沙子 米徳京花

3期生
大園桃子 久保史緒里 中村麗乃 向井葉月 与田祐希 山下美月 佐藤楓 吉田綾乃クリスティー 伊藤理々杏 岩本蓮加 梅澤美波 阪口珠美

4期生
遠藤さくら 賀喜遥香 掛橋沙耶香 金川紗耶 北川悠理 柴田柚菜 清宮レイ 田村真佑 筒井あやめ 早川聖来 矢久保美緒 黒見明香 佐藤璃果 林瑠奈 松尾美佑 弓木奈於 松岡愛美

乃木坂46 表題曲、歴代センター 一覧

・メジャー
【2012年】
1st.ぐるぐるカーテン/生駒里奈(初代)
2nd.おいでシャンプー/生駒里奈
3rd.走れ!Bicycle/生駒里奈
4th.制服のマネキン/生駒里奈
【2013年】
5th.君の名は希望/生駒里奈
6th.ガールズルール/白石麻衣(2代目)
7th.バレッタ/堀未央奈(3代目)
【2014年】
8th.気づいたら片想い/西野七瀬(4代目)
9th.夏のFree&Easy/西野七瀬
10th.何度目の青空か?/生田絵梨花(5代目)
【2015年】
11th.命は美しい/西野七瀬
12th.太陽ノック/生駒里奈
13th.今、話したい誰かがいる/白石麻衣、西野七瀬
【2016年】
14th.ハルジオンが咲く頃/深川麻衣(6代目)
15th.裸足でSummer/齋藤飛鳥(7代目)
16th.サヨナラの意味/橋本奈々未(8代目)
【2017年】
17th.インフルエンサー/白石麻衣、西野七瀬
18th.逃げ水/大園桃子(9代目)、与田祐希(9代目)
19th.いつかできるから今日できる/齋藤飛鳥、西野七瀬
【2018年】
20th.シンクロニシティ/白石麻衣
21st.ジコチューで行こう!/齋藤飛鳥
22nd.帰り道は遠回りしたくなる/西野七瀬
【2019年】
25th.Sing Out!/齋藤飛鳥
26th.夜明けまで強がらなくてもいい/遠藤さくら(10代目)
【2020年】
27th.しあわせの保護色/白石麻衣

 

乃木坂46 ガールズルール 評価

「楽な関係になる」 ミュージックビデオ、楽曲について、 デビューした段階でファン ...

乃木坂46 君の名は希望 評価

「想像もできなかったこと」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 5thシン ...

乃木坂46 制服のマネキン 評価

「制服を着たマネキン」 ダンス・ナンバーで踊り続けよう くだらない事はたくさんあ ...