乃木坂46 掛橋沙耶香 評価

乃木坂46

掛橋沙耶香(C)乃木坂お試し中twitterアカウント

「ピカレスク・ロマン」

掛橋沙耶香、平成14年生、乃木坂46の第四期生。
図書室の君へ』以降、次世代のエース候補として期待され、名乗りを上げるも、その資質のかたはしを物語の冒頭部分で示したきり、セーブされている。未だジャージー姿のアイドルから脱却していない。ただ、デビューからもう3年経とうとしている。「フロント」や「センター」といったステージから遠くはなれ、未だ表題曲の歌唱メンバーにすら一度も選出されていない現状をどうとらえるべきだろうか。本人の怠慢か、作り手の眼力に問題があるのか。いつ選抜メンバーに名を連ねてもまったく驚かないし、いつブレイクしてもおかしくないアイドルだが、そのような期待感は身勝手で過剰なものであったのか、減衰しつつある。
掛橋沙耶香は、ストリート特有の残響を把持する青くシャープなアイドルであり、暗さと活気にみちている。境遇によってのみ育まれる鷹揚さと、落ち着いた、明晰な仕草を作る教養もある。自分の知らぬ間に積み上げられたアイドルのイメージを、手あたり次第転覆させる硬さ無鉄砲さも持っていて、他者の想像力の内側で流れに身を任せて泳いでいればアイドルとしてそれなりの成功を約束された登場人物におもうが、あくまでも本人はそれが気に食わない、それじゃ満足できない、と憤っているようにうかがえる。剥き出しの反動と愛嬌があり、ファンのこころを動転させる素顔の描出に成功している。だが現時点ではこれといった物語はない。
4期生が谷間の世代だとは思わないが、しかし彼女の現状はまさしく谷間の世代的であり、なおかつ「掛橋沙耶香」というひとは「4期」という括りにおいても谷間の存在に見える。
遠藤さくらのアンチテーゼとは賀喜遥香でもなければ筒井あやめでもない。遠藤さくらのアンチテーゼ足り得るのは掛橋沙耶香なのだが、遠藤が他を寄せつけない場所に立っている以上、掛橋は谷間の底に転落し外伝的に立居振舞うピカレスク・ロマンとして、ぼんやりとひかる残り火のようにゆれるほかないようだ。
ただ、順位闘争の場で正面から敗北を喫したアイドル、というイメージはほとんどなく、シーンを俯瞰すれば、それは順風満帆なキャリアであり、岐路に立ちつつも夢に向かってしっかりと歩んでいるように見える。「ギター」にはじまり、作詞作曲、次は演技とあくまでも自分のやりたいことを優先する姿勢、しかもそのやりたいことのなかには現実世界における目標も含まれ、文芸における夢と並列され、順番にあるいはほぼ同時に消化されていく。つまりはアイドルとファンの成長共有ではなく、現実における青春の相互共有をテーマにしつつあるシーンのプログレマティークに掛橋もまた囚われ、徹底して文芸の世界=演劇の空間に身を置き自分ではない何者かを演じつづける遠藤さくらに比して、やはり「王道」からおおきく軌道をそらしてしまった感がある。

しかしこのような幻想における完全な敗北が、擦過を作る転倒として映し出されないのはなぜだろうか。おそらく、それだけ彼女の日常風景が余裕たっぷりに見えるということなのだろう。短編小説のようなソリッドさを求めずにはじめから長編小説を書こうと鼻息荒くする少女たちであふれかえる令和のアイドルシーン=大衆を前にして、もし、作り手、アイドル本人がともに、まだまだ時間に余裕がある、と考えているならばそれは致命的な誤りだろうし、アイドルとしてもタレントとしても先は長くないだろう。そういった、儚さと無縁をつらぬくアイドルは例外なくファンに向ける顔が画一化してくるし、掛橋沙耶香にもすでにその傾向が見えている。大衆とはつねに間違える生き物だ、ということをいま一度意識すべきではないか。

 

総合評価 67点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 12点

演劇表現 12点 バラエティ 14点

情動感染 14点

乃木坂46 活動期間 2018年~

   

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...

STU48 ヘタレたちよ 評価

「ヘタレたちよ」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 7枚目シングル。セン ...