乃木坂46 遠藤さくら 評価

乃木坂46

遠藤さくら (C) 乃木坂46公式Twitter

「アクトレス」

なくして 気づく
かぎられた 時間は
魔法みたいだよ

林 希 / わたしには、なにもない。

遠藤さくら、平成13年生、乃木坂46の第四期生であり、10代目センター。
独特の均衡を保つ「アイドルと女優」の価値観を、口語に傾倒した虚実演劇による日常の濃やかさにおいて潔浄する、次世代という枠組みにはとてもおさまりきらない、きわめて清冽な人物。
『わたしには、なにもない。』を演じ唄った時点で、現実との別れの予感に満ちたその物語を自己のモデレートな部分と遠く響き合わせるように甘く柔らかに表現した時点で、すでにひとりの女優であり、今日のアイドルの有り様に対しけして順接の起こりえない場所に彼女は立っていた。乱暴に云ってしまえば、遠藤さくらを眺めていると、アイドルが女優を振る舞う、のではなく、女優がアイドルを振る舞っているように見える。
わたしには、なにもない。これはアイドルの未成熟さ、可能性の余白、その膨大さへの遠望を表現した科白と読める。しかし、この作品が遠藤さくらに演じられ表現されたことによって、そこに映し出されたものとは、未成熟ですらない少女の横顔、つまり文字通り、空っぽの自分、であった。わたしには、なにもない。この告白が、アイドルの物語のプロローグとして文句なしの感興を落とし込むも、しかし同時に、ほんとうの夢を見失う今日のグループアイドルのエピローグそのものとかさなる点にこそ、遠藤さくらの本領がある、と云えるだろう。
さらに驚くのは、現実のディテールを描こうとする果敢さ(しかもこの果敢さは彼女の日常において意図的に消却されたものである)を根底に流しつつ、自分ではないなにものかを作ろうとするその演劇の資質が、まったく減衰せずに、槍の穂先のように鋭く延びていく光景にある。
つかのま淡く湧いた関心の記憶といった、自身の日常の機微を描くからこそ、日常では起こりえない物語への予感が唐突に差し出される。抑制された仕草から導き出されるエントロピーの低い、妙に愛嬌のある笑顔が、このあとに一体なにが起こるのか、という不気味で澄んだ胎動を生み出す。この「予感」こそ遠藤さくらの魅力であり、映像の内でしか、演技を通してでしか自己を表現できない、自己を伸展させることができない、今日的に云えば、素直になれない、という役者としての陳腐な宿命さにおいても、この人は白眉に映る。”いや、マジ天才”、この形容も喜劇のひとつとしては処理されない。

女優を生業とする人物を想起するとき、そこにイメージするのは、享楽を求める人間のきらびやかさなどではなく、逃れることのできない業を妄執しもだえつづける人間特有の空気感が映す虚栄と野心の厄介さ、狂気にうちのめされる、つかのまのうつくしさである。一方、アイドルを思い描くとき、そこに立ち現れるのは、無条件にかがやき活力を振り撒く、青春の犠牲を儚さにすり替えて笑う、少女の横顔である。この分析的区分には、埋めがたい溝がある。アイドルを演じる少女を長時間、真剣に眺めたあと、女優へと視線を移せば、たしかに、決定的なズレを感じる。無意識の内に捏造されたであろう高低を見出す。そして正直に云えば、そこには静かな感興が降りつもる。遠藤さくらには、この感興がある。
つまりは、遠藤さくらを応援する行為は、”推す”行為は、これまでのどのアイドルを応援すること(推すこと)とも決定的にあるいは致命的に異なる行為だと云えるだろう。遠藤さくらはグループアイドルという肩書きを持ちながら、しかし完全に女優である。女優をアイドル的に鑑賞するというある種の倒錯のもと、共有体験がなされる……、その希有さが果たして飛びきりに幸福で実りある時間なのか、それとも結果的に真に儚い経験となってしまうのか。

女優とアイドルを当然のように分け隔てるシーンにあって、しかし北乃きいの挫折や新垣結衣の躍進が裏付けているように、今日の女優の成功を約束させるものとは、アイドル的なイメージ戦略である。その相対として必然的に描出されるものこそ、現実と仮想との峻別を超えたところにのみあらわれる日常の不分明といった、樹木希林を象徴とし本来役者を生業とする人間が示すべき構え、これをアイドルがとりはじめているという皮肉である。だがその憧憬がなかなか現実のものとして結実し叶わないのは、アイドルを演じ、日常と非日常の境界線を不分明にするトップアイドルと呼ばれる彼女たちが、その姿勢をとりはじめた途端にアイドルを卒業し女優としてのキャリアをあゆみはじめ、そして必然的に女優の隘路に踏み入れるからである。この、絶対に現実のものとはならない憧憬に映る青写真を、遠藤さくらという人物は叶えてしまっているのである。生田絵梨花が砕いたアイドルの枠組みを通り抜けるのでもなく、大園桃子のように独自の枠組みに立つのでもなく、暗い洞窟の深部でサナギのように眠りについた人間が、ながい時間を経て目ざめたときに描かれるような「驚愕」を遠藤さくらは宿しているのである。
女優としてのかがやきを見出してしまった以上、つまりアイドルを演じる少女がすでに、いや、はじめからほんとうの夢を手にしている、と妄執してしまった以上、眼前に立つ人物のアイドルとしての余命がいくばくもない事実を、どうしてもさとってしまう。しかし、その身勝手な随想によって発見するのは、むしろこの手もとで発光する儚さこそ、アイドルが本来持つ観念と存在理由であるという、うそ偽りのない真実である。結果、”わたしには、なにもない”、この独白に、その詩に、その物語に、遠藤さくらに触れる人間は循環して行く。

雨でなくとも、ちょっとした風でも吹けば散り亡んでしまう満開の桜を、綾子は縁側に座り長い間眺めていた。…膨れあがった薄桃色の巨大な綿花が、青い光にふちどられて宙に浮いているように見えた。ぽろぽろ、ぽろぽろ減っていくなまめかしい生きものにも思えるのだった。…彼女はいまなら、どんな女にもなれそうな気がした。どんな女にもなれる術を、きょうが最後の花の中に一瞬透かし見るのだが、そのおぼろな気配は、夜桜から目をそらすと、たちまち跡形もなく消えてしまうのだった。

宮本輝 / 夜桜

 

総合評価 83点

現代のアイドルを象徴する人物

(評価内訳)

ビジュアル 17点 ライブ表現 16

演劇表現 19点 バラエティ 14点

情動感染 17点

乃木坂46 活動期間 2018年~

 

AKB48 武藤十夢 評価

「ダークナイト」 武藤十夢、平成6年生、AKB48の第十二期生。 深窓の令嬢的な ...

日向坂46(けやき坂46) 丹生明里 評価

「類を絶した純白さ」 「何もかも忘れてしまいなさい。私たちはみんな温かな泥の中か ...

SKE48 あの頃の君を見つけた 評価

「あの頃の君を見つけた」 楽曲、歌詞について、 SKE48の28枚目シングル。セ ...