STU48 市岡愛弓 評判記

STU48

市岡愛弓(C)東京ニュース通信社

「片想いの入口」

市岡愛弓、平成15年生、STU48の第一期生。
ステージの上で踊る市岡愛弓を眺めながら、まず私が想起したのは今泉佑唯の横顔であった。容姿や立ち居振る舞いが似ているわけではない。虚構とリアリティーのバランス感覚が今泉の物語と似ている、とおもった。アイドルを桜にたとえ詠いはじめた作詞家・秋元康の、その”桜”の最高傑作である『片想いの入口』において、魂が焼き付くようなその咆哮をもって、過去と未来に挟撃される”現在”を鮮明に体現し、まるで未完の文学小説のように未曾有な、底知れぬ可能性を提示した。その未成熟の表出が、今泉佑唯のヴァルネラブルの露出にかさなったのかもしれない。「何をしていても気になってしまう」、失ったあとに、「君」というアイドルの奇跡を延伸することが”できたかもしれなかった”、この事実を身勝手に想い、狂う。「こんなはずじゃなかったのに…」と、ファンは悔悟を抱え込む。喪失を経験する。豊穣な物語=完結した喪失を描くトップアイドルと同等のストーリー性、唐突に”彼女”を失うかもしれない、という不吉な胎動の手触り、つまりフィクティブな批評空間を15歳の少女から、市岡愛弓からすでに投げつけられた、という事実は驚嘆に値する。*1

歌唱力についても文句なしで、意外性、迫力がある。心の内奥にある塊を掴み、不用意に揺さぶろうとしてくるような、そんな握力を感じる。乃木坂46の久保史緒里の透徹したヴォイスにある種の「ダイナミック」を付与したような、叫びにも似た唄声を市岡愛弓はそなえている。未成熟で、頼りのない”ふるえ”が緊張を共有する空間を作り観者を圧倒するのは、そこに少女の想念の凄みを発見するからだろう。
だが、未だ、そこに「市岡愛弓」を感じない。歌唱力は傑作だが、アイドルとしての日常、あるいはアイドルを演じることになった少女の、青春の代わりとなったもの、を千切って投げ捨てるような衝動、つまり「表現」が欠如している。『片想いの入口』においてはその未成熟さが作詞家の編み上げた詩情と止揚し、楽曲を深化させることに成功した。しかしアイドル個人の物語を評価する際には、これは看過できない欠点にも映る。未完成であることを評価しつつさらには成長=完成を求める、これはあまりにも身勝手で、不条理な要求にきこえるかもしれないが、アイドルとしての、いや、文芸人としての成功を考えるならば、越えなくてはならない「壁」となって必然的に彼女の眼前に立ち現れるはずだ。
しかしこうした期待と予感が、この少女にとって隘路の入り口になるとはおもわない。なぜなら、市岡愛弓が、歌をうたうことに並みなみならぬ熱誠をもった才気に溢れるこの少女が、グループアイドルと成って我々ファンの前に姿を現したタイミングに、その壁を乗りこえる為の宿命的な力(意味性)を見い出してしまうからだ。
歌をうたうことをアイデンティティにするアイドルとは、当然、AKB48的ではないし、坂道的でもない。それは集団としてのアイドルではなく、完全にひとりのアイドルである。つまり、AKB48の登場によって、アイドルのあり方がソロアイドルからグループアイドルへと完全に移行し、女優や歌手をアイドルと見做さない固定観念が形成された現代のアイドルシーンにあって、結果的に、ソロシンガーとしての可能性を秘める市岡愛弓は、シーンの転換点になり得る存在、と扱えるわけだ。
それほどまでにこの少女の歌声には存在感があるのか、問うならば、腕前ならば市岡よりも上手いグループアイドルはいくらでも挙げることができる。ただ、未成熟さというはかることのできない魅力をそなえつつ、平均を凌ぐ実力をも同時に持つ、というバランス感覚に優れた少女は、現在のシーンにおいて彼女以外には見つからない。『片想いの入口』一作においてもその存在感は抜きん出ている。
もちろん、グループアイドルのソロシンガー化への試みと失敗は板野友美以降、幾度となく繰り返されてきたのだが。はたして、市岡愛弓の場合、どのような「希望」を描くのだろうか。

 

総合評価 57点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 15点

演劇表現 8点 バラエティ 9点

情動感染 13点

STU48 活動期間 2017年~2019年

引用:*1 秋元康 /片想いの入り口

 

乃木坂46 5期生 注目度ランキング

「百花繚乱」 乃木坂46がデビュー10周年を迎えた2022年、新たに11人の夢見 ...

SKE48 森紗雪 評判記

「命がけでジャンプして!」 森紗雪、平成8年生、SKE48の第一期生。 2008 ...

SKE48 松下唯 評判記

「儚い原色の夢」 松下唯、昭和63年生、SKE48の第一期生。 ライブパフォーマ ...