乃木坂46 向井葉月 評価

乃木坂46

Nogizaka46さん(@nogizaka46g)がシェアした投稿

 

「食うか食われるか」

 

アイドルを演じることに酔っている。
本来の自分とは違う自分を、アイドルを通して提供する行為に酔っている。「酔っている」のだから、それはもちろん独りよがりな行為である。どんな場面でも、与えられた役目に従順に、大食いキャラを演じる向井葉月というアイドル。それが滑稽で終わればまだ良いが、息苦しささえ感じさせてしまうのは、アイドルとして破綻していると言える。大前提として、アイドルの存在理由とはファンに活力を与えることである。
なぜ息苦しいのか、「逸材」「個性」が揃った乃木坂46第三期生の中において、唯一、凡庸なアイドルであることを、そのバックグラウンドをファンがはっきりと理解しているからだろう。

アイドルを演じることに対し、向井葉月は決定的な勘違いをしている。向井の行為はただの嘘つきでしかない。アイドルが作る虚構とは嘘を付くことではない。虚構とはアイドルにならなかった自分の人生(物語)とアイドルになってしまった物語。そのどちらか一方で見ることがなかった表情に遭遇するための装置である。しかし、それは自分自身であることに変わりはない。アイドルになったことによって発見される「自分」。虚構のなかで、もうひとつの自分を発見し、ファンと共有する。これがアイドルを演じるという意味である。
彫刻作品とは彫師のもう一つの(人生)物語であり、それを具現化した物質である。優れた文芸作品とは、どれだけ時間が過ぎても、時間を共有しても、鑑賞をして飽きることはない。あたらしい発見がある。アイドルもまったく同じである。

では、どのような虚構が現代アイドルとして正しいあり方なのか。
福田和也が村上春樹の作りあげる虚構を批評した文章を引く。

それは、端的にいえば、小説のなかに他者がいないということだろう。語り手にとって、操作しえない人物や状況がないということだろう。語り手の意識が、そのすべてを覆っていて、裂け目のない、心地よい世界が作られている。その完結性によって完全な安楽さが読者に提供されるということである。云うまでもなく、小説のなかには話者にとって不快な人物や状況も存在するが、その不快さは丁寧にしつらえられた快適さを、際だたせるための香辛料にすぎない。

(福田和也「現代人は救われ得るか」)

このような虚構を作ることに成功しているアイドルとして西野七瀬生田絵梨花、の名が挙げられる。つまり、「ヒント」はいくらでも転がっているのだ。

このまま、今のまま、与えられた道を歩みつづけるだけならば、同期である大園桃子や阪口珠美といった天才が残す物語の「目撃者」という役目で終わってしまう、とおもう。あるいは、高山一実のように、メンバーに向けたメンバーの為の「お笑いタレント」という滑稽な役割。アイドルが活力を与える対象はファンである。メンバーではない。食うか食われるかの空間でライバルたちを笑わせて癒やすだけの人物とは、誰にとっても価値のない存在へ馴致されるのは明白である。
乃木坂46に所属するアイドルのなかでジコチューでいくべきは、向井葉月なのだとおもう。与えられた役目を放り投げて、脱ぎ捨てて、自分が成りたいと思う、自分が可愛いと想うアイドルを目指すべきである。

 

総合評価 34点

アイドルの水準に達していない人物

(評価内訳)

ビジュアル 8点 ライブ表現 4点

演劇表現 7点 バラエティ 9点

情動感染 6点

 

乃木坂46 活動期間 2016年~

評価点数の見方