乃木坂46 向井葉月 評価

乃木坂46

向井葉月(C)ORICON NewS inc.

「食うか食われるか」

 

アイドルを演じることに酔っている。
本来の自分とは違う自分を、アイドルを通して提供する行為に酔っている。「酔っている」のだから、それはもちろん独りよがりな行為である。どんな場面でも、与えられた役目に従順に、大食いキャラを演じる向井葉月というアイドル。それが滑稽で終わればまだ良いが、息苦しささえ感じさせてしまうのは、アイドルとして破綻していると言える。大前提として、アイドルの存在理由とはファンに活力を与えることである。大食いという行為の明喩にアイドルの熾烈な縄張り争い、「食うか食われるか」があるのだとしても、やはり、それは自己陶酔の範疇を出ないのではないか。

アイドルを演じることに対し、向井葉月は決定的な勘違いをしている。向井の演技は事実を捻じ曲げる嘘である。本来、アイドルの演技=嘘、つまり虚構(フィクション)とは、その嘘をつくという行為を経なければたどり着けない場所=「真実」の為に掛けられる橋のようなものだ。大食いキャラや、お笑いキャラを演じることによって向井が伝えたい真実とはどのようなものなのだろうか。彼女の内には”伝えたい真実”などと云うものは存在しないのではないか。虚構とは、アイドルにならなかった自分の人生(物語)とアイドルになってしまった物語、そのどちらか一方で見ることがなかった表情に邂逅するための装置でもある。もちろん、もうひとつの別の世界に生きる「向井葉月」が自分自身であることにかわりはない。絵描とは画家のもう一つの人生(物語)である。優れた文芸作品とは、どれだけ時間が過ぎても、時間を共有しても、鑑賞をして飽きることはない。季節の巡りと同じようにあたらしい発見がある。切迫さえしている。アイドルもまったく同じである。アイドルを演じることによって発見されるあたらしい「自分」。虚構のなかで、もうひとりの自分を発見し、ファンと共有する。それがアイドルを演じるという意味になる。

現代日本人の未熟さに適した虚構を作ることに成功しているアイドルとして西野七瀬齋藤飛鳥の名が挙げられる。西野七瀬や齋藤飛鳥の虚構が未成熟な集団を沸点の低いカタルシスに到達させるのに対し、向井葉月の虚構は、それ自体が未成熟であるため、定めたカタルシスの沸点に連続性が欠如しており、いつまでも、どこまでいっても、ファンはそこに到達できない。なによりも、(アイドルファンでもあった)向井自身、向井葉月というアイドル=虚構を俯瞰したとき、その人物から活力を得て、応援をする気にはならないはずだ。乃木坂46に所属するアイドルのなかでジコチューでいくべきは、向井葉月なのだとおもう。与えられた役目を放り投げ、アイドルという虚構に足を踏み入れる前の自分が憧れた、成りたいと思った、自分が可愛いと想うアイドルを目指すべきである。

 

総合評価 37点

アイドルの水準に達していない人物

(評価内訳)

ビジュアル 11点 ライブ表現 4点

演劇表現 7点 バラエティ 10点

情動感染 5点

 

乃木坂46 活動期間 2016年~

評価点数の見方