乃木坂46 向井葉月 評価

乃木坂46

向井葉月(C)ORICON NewS inc.

「食うか食われるか」

”坂道を駆けのぼる”グループ(趨勢)のなかにあって、現時点では、アイドルとしての展望が見出し難い人物である。彼女は、アイドルを演じることに酔っている。本来の自分とは異なる登場人物を描き、アイドルを物語る自身に酔いしれている。「酔っている」のだから、それはもちろん独りよがりな行為である。「大食いキャラクター」に端を発し、どんな場面でも、与えられた役目に従順に「滑稽」を演じる向井葉月というアイドル。「従順」が献身や直向きさの姿勢に映るだろうという観測が甘えに映る。「滑稽」で終わればまだ良いのだが、観る者に息苦しさを感じさせてしまうのは、アイドル像の作成に破綻している、と云える。大前提として、現代アイドルの存在理由とはファンに活力(夢)を与えることである。「大食い」という行為の明喩にアイドルの熾烈な縄張り争い、「食うか食われるか」があるのだとしても、やはり、それは自己陶酔の範疇を出ないのではないか。自己陶酔と描写せざるを得ない最たる理由は、やはりグループの特色、歴史と倒錯する立ち居振る舞いがファンの信頼を勝ち取らない点だろう。大園桃子や渡邉美穂のような「異端児」ではなく、純粋なアンチテーゼとして浮き彫りになる姿形をファンは看過しない。現在のアイドルシーンにのめり込むファンは、グループの通史に対しきわめて意識的であるから。

向井葉月の立ち居振る舞いに息苦しさを感じるのは、仮装の綻びから”地肌”を覗かせ、アイドルを演じる行為そのものが”事実を捻じ曲げる嘘”に映るからである。アイドルの演技=嘘、虚構(フィクション)とは、嘘を吐く行為を通過しなければたどり着けない場所、つまり「真実」の為に掛けられる橋と云えるが、大食いキャラや、お笑いキャラを演じることによって向井が伝えたい真実とはどのようなものなのだろうか。彼女の内には、伝えたい真実=素顔などと云うものは存在しないのではないか。彼女の演技とは、親に褒められた小さな子供が、また褒められたくて何度も同じ行動をとるのと似ている。
虚構とは、アイドルにならなかった自分の人生(物語)とアイドルになってしまった架空の物語、そのどちらか一方で見ることがなかった表情に邂逅するための装置でもある。もちろん、もうひとつの別の世界に生きる「向井葉月」が”本来”の自分自身であることにかわりはない。アナザーストーリー。アイドルを演じることで”はじめて”発見されるあたらしい「自分」。アイドルにならなかったら発見されなかった「自分」。虚構のなかで、もうひとりの「向井葉月」を発見し、ファンと共有する。それがアイドルを演じる(真実を伝える)という意味になる。
現代日本人の未熟さに適した虚構を作ることに成功したアイドルに、西野七瀬齋藤飛鳥の名が挙げられる。西野七瀬や齋藤飛鳥の虚構は、未成熟な集団に沸点の低いカタルシスを作らせる。嘘=フィクションによって覆われた素顔(真実)をファンに発見させることによって、カタルシスに到達させる。

なによりも、(アイドルファンでもあった)向井自身、向井葉月というアイドル=虚構を俯瞰したとき、その人物から活力を得て、応援をする気にはならないのではないか、という疑問が立ち現れ先行するため、フィクションよりも「情報」が優先し、現実感覚に支配されてしまうのだ。乃木坂46に所属するアイドルのなかで、誰よりも「ジコチュー」でいくべきは、向井葉月なのだとおもう。与えられた役割を放り投げ、アイドルという虚構に足を踏み入れる前の自分が憧れた、成りたいと想った、自分が可愛いと想うアイドルを目指し、演じ、坂道を駆け抜けるべきである。たとえ、そのような志によって、「アイドル」の美しい命が断ち切られるのだとしても。

 

総合評価 38点

アイドルの水準に達していない人物

(評価内訳)

ビジュアル 11点 ライブ表現 6点

演劇表現 5点 バラエティ 10点

情動感染 6点

乃木坂46 活動期間 2016年~

評価点数の見方