乃木坂46 山崎怜奈 評判記

乃木坂46

山崎伶奈(C)モデルプレス

 「空気の読めない人」

山崎怜奈、平成9年生、乃木坂46の第二期生。
自己啓発型アイドル、と呼ぶべきだろうか。やや過剰ではあるが、情報発信にたいするモチベーションの高さには頼もしいものがある。自分の需要がどこにあるのか、しっかりと分析し、行動に移せている。ファンに向ける「顔」と「科白」の仕掛けは用意周到で、なかなかに巧み。とくにラジオから流れてくるその音声は、言葉に抑揚があり、クリアで、心地が良い。デビュー以来「不遇」と名づけられ揶揄される乃木坂46・第2期生のなかにあって、そういった風潮を意に介さない立場を意識的にとれる”ツワモノ”であり、行動するものは悩まない、という格言があるが、まさにアイドル・山崎怜奈はこの言葉の体現者と呼ぶべきだろう。
見落とされがちだが、この人は踊りも上手い。ステージ上で描き出される表情にはきわめてシックな趣きがあり、かつ、身振り手振りの大げさな動作がアイドルの性格をじかにあらわしてもいて、アイドルのダンスを眺めることでそのアイドルのことを深く知っていく、という憧憬を叶えているかに見える。この人の踊りを眺めていると、踊りとは感情であり、つまり言語で形づくられるものだという事実を再認識させられる。ゆえに今日のシーンにあってはトップクラスのライブ表現力を誇る登場人物だとみなすべきだろう。
そうした自意識の強さの露出、転じて自意識過剰であることが禍したのか、はたまた虚栄心が肥大しすぎたのか、わからないが、空気を読むことがひどく苦手な人でもある。これまでに多くの場面で、頓狂な言動をもって、同業者、ファン問わず、苦笑いを作らせてきた。その最たる例が、歴史を講釈する瞬間、となるだろうか。歴女を名乗り、知識と教養を武器に、歴史上の偉人を語るも、アイドルになった人間だけあって、その言葉で語られる歴史の登場人物たちは押し並べてアイドル的偶像に終始し、彼女の歴史解釈のすべてが紋切り型であることを裏付ける。鼻息荒く歴史を語る割には、目新しい情報・視点が一向に差し出されないから、唖然とするしかない。衒学的であることに恥じらいを感じない凡人だという印象しか抱けない。

 

総合評価 59点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 14点

演劇表現 11点 バラエティ 8点

情動感染 14点

乃木坂46 活動期間 2013年~

2019/03/24  再評価しました
2020/05/27 演劇表現 8→11