乃木坂46 山崎怜奈 評価

乃木坂46

みんさん(@tomohikosuzuki)がシェアした投稿

 

 「虚栄心からは、誰一人逃れられない」


自己啓発型アイドルである。(やや過剰ともいえるが)情報発信に対するモチベーションは非常にたかい。自分の需要がどこにあるのか、しっかりと分析し、行動に移せている。ファンに向ける「顔」と「科白」の仕掛けは用意周到であり、なかなかに巧みである。「不遇」と揶揄される乃木坂46の第2期生において、そういった風潮を意に介さない立場を意識的にとれる「ツワモノ」である。行動するものは悩まない、という格言があるが、まさにこの言葉の体現者だろう。

歴女アイドル・山崎伶奈が知識と教養を武器にしても、未だファンからの尊敬を勝ちとれないのは、また、その「歴史」に対する衒学的な立ち居振る舞いに不快感を抱かれてしまうの理由は、彼女の歴史解釈がきわめて平板かつ通俗的なためだろう。彼女は歴史上の人物を自身の日常に重ねることが苦手なようである。そのため、山崎伶奈が描く偉人たちがもつイデオロギーはどれも紋切り型になってしまうのだ。「歴史」への距離感や認識、想いとは、その人間の資質を顕にしてしまう。つまり、自尊心から安易に人前でそれを披露することは、たかいリスクを孕むことになる。このクライシスに対する想像力の欠如こそ、山崎怜奈というアイドルが観る者の想像力の枠組みを毀損することができない要因だろう。

現代のアイドル界において、きわめて高い資質をもったアイドルが揃う乃木坂46。そのなかで通俗なアイドルではなく、俗物、俗悪なアイドルにならなくては、山崎怜奈の存在理由は希薄になるばかりだが、仮に彼女が俗悪へのみちを歩むのだとしても、それはグループのもつコンセプトに対する背徳となる。隘路とはまさにこのことなのか。

俗悪は、悪徳なのだろうか。 俗に交わり、俗に隠れることが、聖賢の理想であるとしても、俗悪というと、二の足を踏んでしまうものだ。 好んで悪趣味のグロテスクやしつこいまでの味の濃さになじんだとしても、それが媚び、諂いを強く含み、いずれかの下心を露にしだすと俗悪さの臭気がにじみだして、厚顔な粋人をも飛びのかせるものになってしまう。 俗悪とは、俗心の一類型ではあるが、よりはしたなく、あられもないものだ。俗はその人の、逃れ難い欲求のあらわれであるが、俗悪は、他人に、公衆に、受け入れられようとする欲望、というよりも衝動によって引き起こされるものである。 虚栄心からは、誰一人逃れられないが、それが俗悪としてあらわれるには、虚栄の断念が必要になる。つまり、洗練とか、趣味といった、虚栄の本質をなすような資質を諦める、視野に入らなくなる、関心をよせなくなるといった事態があってはじめて人は、俗悪を作り出し、引き受けることが出来るのだ。 その点からするならば、俗悪は、悪徳ではない、と考えるべきかもしれない。それは病ですらないかもしれない。それはむしろ、心の弱さであり、他者の承認、称賛への耽溺であり、そして何が何でも受け入れられたいという強い願い、祈りである。 俗悪を発揮する人たちは、自己の姿や、自己の成したものに盲目なのだ。

(福田和也「ろくでなしの歌」) 

希望が、かすかな望みがあるとすれば、この先、AKB48が嘗ての栄光を取り戻していくような時勢が訪れた時、それに対抗できる人物こそ、この山崎怜奈ではないか。AKB48に所属するアイドルたちが得意とするフィールド上であれば、彼女たちをあっさりと完封してしまう知識と度胸、行動力を持っている。そういう意味では佐々木琴子と並び、乃木坂46の未来を担う切り札と呼べるかもしれない。

 

総合評価 48点
問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 6点 ライブ表現 10点

演劇表現 8点 バラエティ 9点

情動感染 15点

 

・乃木坂46 活動期間 2013年~

評価点数の見方