乃木坂46 錆びたコンパス 評価

のぎざか, 楽曲

(C)錆びたコンパス ミュージックビデオ

「今 僕は最初の旅」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

27枚目シングルのアンダー楽曲。センターポジションに立つのは山崎怜奈。
『ボーダー』『ブランコ』『アナスターシャ』と詩的世界を共有している。また、『風船は生きている』『新しい世界』『日常』『滑走路』などに付された詩情、アイドルの踊り、表情がうみ出した活力とも通底するところがあり、異なる短編小説を長編小説へと編み上げるような、散文的魅力を教える。山崎怜奈にささげられた一章が、アンダーメンバーとしての求道的な物語へとうまく結実している。眼の前に立つアイドルに対し、作家のそれぞれがしっかりとイメージを作れている、ということなのだろう。
今作品はまず間違いなく乃木坂46・第二期生、ひいては乃木坂46・アンダーの集大成である。
集大成とは、現在自分が立つ場所を後戻り不可能な地点と捉え、光りある方へ突き進む姿勢を作る人間の懐からのみこぼれ落ちるものであり、安易な集合や名残を打ち出したものを指すのではない。『錆びたコンパス』では、演じるアイドルがこれまでに描いてきた笑顔の数々を楽曲の内に復元すると同時に、これまでとはまったく異なる笑顔=たった今うまれたばかりの日常の笑みを提示しており、アイドルのそれぞれが楽曲に浸透し前に進もうとするその姿勢は文句なしの人間喜劇を描き出し、つまり集大成をおもわせる。
そこに当たりまえにあった日常が宿命的に欠落していくという喪失感を、間断なく散りつづけるアイドルの横顔を、楽曲、詩情、映像作品のそれぞれがあくまでもポップに表現しており、強いカタルシスに遭遇させられる。別れを前にして、最後に、陽気に笑いかけるからこそアイドルは儚いのだ。
乃木坂46を見知った”古い”ファンは、この楽曲に触れる度に過ぎ去ったアイドルの横顔を思い出すだろうし、これからさき乃木坂46と出会う、あたらしいファンは、この楽曲を読むことで、『ボーダー』あるいは『ブランコ』以降の、乃木坂46の第二期生、ひいては乃木坂46・アンダーの成り立ちに思いを馳せることだろう。

 

総合評価 84点

現代のアイドルシーンを象徴する作品

(評価内訳)

楽曲 18点 歌詞 16点

ボーカル 16点 ライブ・映像 17点

情動感染 17点

歌唱メンバー:伊藤純奈伊藤理々杏北野日奈子、阪口珠美、佐藤楓鈴木絢音寺田蘭世中村麗乃向井葉月山崎怜奈吉田綾乃クリスティー渡辺みり愛和田まあや

作詞:秋元康 作曲: 中村泰輔 編曲:中村泰輔