AKB48 島崎遥香 評価

AKB48

島崎遥香(C)AKS

「つややかに誇らしそうに光っていた」


後天的な意味で、ニル・アドミラリなアイドルである。
彼女は、なぜ、無関心や無感動なアイドルとなったのか。なぜ、自我を獲得する過程で、ある種の感受性をシンプルに削ぎ落とし、忘却したのか。アイドル・島崎遥香に、このメタフォリカルな問いを投射すると、当時のアイドル界のありのままの姿があぶり出される。その時代のアイドル界、ショービジネスが如何に歪み、幼稚で空疎であったのかを認識することができる。島崎は歪んだ大人たちに囲繞された少女たちの映し鏡である。この一点のみでも、島崎遥香という存在は現代アイドル史を繙く上で文学的な価値を持つのである。

自意識の欠如、あるいは自責の念の欠落こそが、何よりも衰退の原因である。

福田和也「作家の値うち」

島崎遥香以降、AKB48グループに所属するアイドルたちの個性は衰退している、と断言できる。物語の”主人公”と表現できるようなアイドルは島崎遥香の誕生を最後に、途絶えたままである。ファンに情動を引き起こさせるだけでなく、ときには本人もその情動によって自家撞着的な行動をとるような、個性。アイドルブームの趨勢は維持され、恵まれた境遇に置かれ、虚構に踏み込んだばかりの若いアイドルたちが、日常と非日常の彩りを発揮し、メディアの注目を浴びる。しかし、話題の消化速度に持ち堪えれずに、安易な模倣を繰り返し隘路に陥り、生来の輝きと魅力を消失して行く、そんな情景をみることにファンも、アイドル自身も馴れてしまった。

パトリオティズム=グループ愛とは、創設者=第一期生にしか抱くことが許されない資質なのだろうか?黄金期を迎えたあとに、それを延命しようと奔走する後続者がみせるパトリオティズムはまがい物なのだろうか?私は島崎遥香のイデオロギーこそ本物のパトリオティズム=グループ愛であったと確信している。”アイドルとファンの距離感”という問題を当時のアイドルシーンの中央に立たされながらも、アイドルでありながらも、政治的に動き提起した、その革新が愛国心の証になるだろう。島崎は斜陽するグループを傍観者となってただ眺めていたわけではない。島崎に重くのしかかっていたのは自身のアイドルとしての人気、地位の確立という使命だけではない。むしろ、「島崎遥香」の人気を確立することがそのままグループのブランド力を維持させるのだという命題が彼女を自縄自縛したのである。「脆弱な身体を抱えながら、それぞれ問題を抱えた家族を何とか成り立たせようとする、その懸命な姿勢と、一抹漂わざるをえない破綻の予感の中で、何とかもちこたえようとする主人公の気強い姿勢が育む、感覚の鋭さ、鋭敏さ」(*1)がアイドルとしての儚さと映った。彼女は”破綻の予感の中で”つややかに誇らしそうに光っていた。そして、その「グループ愛」への試みに対する誤解、無理解にのたうつメランコリックな姿形が、現代アイドルにとって稀有な個性として「島崎遥香」を屹立させたのである。

 

総合評価 80点

現代アイドル史に名を残す人物 

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 14点

演劇表現 16点 バラエティ 17点

情動感染 17点

AKB48 活動期間 2009年~2016年

(*1)福田和也「作家の値うち」

評価点数の見方