AKB48 折井あゆみ 評判記

AKB48

折井あゆみ(C)AKS

「AKB48の”初代リーダー”と目される」

折井あゆみ、昭和60年生、AKB48の第一期生。
AKB48グループの初代総監督を務めた高橋みなみのアイドル観、アイドルとしての理想像の基礎をつくったその一点のみにおいても、AKBの飛翔に貢献した登場人物だと呼べるだろう。
雑誌インタビューなどで「メンバーのまとめ役」を称するなど、生来的にリーダーシップを示す人物で、折井あゆみをして、AKB48の”初代リーダー”だとする呼び声も高い。精悍なおももちで、夢見る少女たちの雑多な日常を論理的に把握し統制する冷静さ、またそれを信頼感へと結んでいく資質をもっている。
卒業スピーチに際し、「アイドル」は夢への通過点、架け橋なのだと、AKBのコンセプトをアイドル当事者としてはっきりと言葉に示すなど、明晰に見える。後日、卒業を迎えた高橋みなみへ綴った折井の手紙には、「高橋みなみという人」を語ることがそのまま「高橋みなみというアイドル」の性格を集大成的に映し出すことになる、俯瞰的な言葉の数々が記されていた。折井は、深い喜怒哀楽から発する情動を忘れない人物だということがわかる。
折井あゆみの言葉に抱きしめられ育まれた高橋みなみが、その理想を実景にしてみせるように、大衆に向けて、努力は必ず報われる、と言い放ったことも当然の結実に思える。現実のなかで「アイドル」がどうあるべきか、知悉した高橋のその横顔には、「あゆ姉」としての、折井あゆみの面影が愛着している。

 

総合評価 57点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 10点 ライブ表現 12点

演劇表現 10点 バラエティ 12点

情動感染 13点

AKB48 活動期間 2005年~2007年