AKB48 折井あゆみ 評価

折井あゆみ(C)AKS

「勇敢な僕ら」

AKB48のオープニングメンバーであり、後にAKB48グループの初代総監督を務める高橋みなみのアイドル像に多大な影響を与えた人物である。インタビューにおいて「メンバーのまとめ役」を自負するとおり、折井あゆみをAKB48の”初代リーダー”とする呼び声も高い。流動的な状況を論理的に把握していく冷徹さを見せ、それを信頼感に塗り替える才能の持ち主であり、卒業スピーチにおいても、AKB48のコンセプト(夢への通過点)に徹底した科白を作り、高橋みなみへ贈った”ラブレター”もモノローグのフィクション化を巧みに操っており、深い喜怒哀楽から発する自身の情動を仲間やファンに感染させることに成功している。彼女に”抱きしめられた”高橋みなみのイデオロギーが横山由依、向井地美音に連なっていくのだから、折井は現代アイドル史において、ひとつのモノグラフとして価値を持つ人物と呼べるだろう。
現役時代の姿形(記憶)のみならず、卒業後の物語、略歴からもライブ表現力、演劇表現力と、共に平均を上回る実力の持ち主であったことを確信させる。

 

総合評価 59点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 8点 ライブ表現 13点

演劇表現 13点 バラエティ 12点

情動感染 13点

AKB48 活動期間 2005年~2007年

評価点数の見方