まえがき

ブログ

アイドルってなんだろう?
日常を演じ、妄執の矛先に選ばれ、偶像になる…、少女たちを取り巻くメディア、コラムニストの書く”称賛”は、この疑問にはこたえてくれない。
文学とは人間のありのままのすがたをうつし出す作業だ、と先人は云う。夏目漱石はニートを、大江健三郎は宗教とテロルの緊密を、村上春樹は現代日本人が抱える空虚と無関心を、それらを象徴とする時代がおとずれるよりも前に、小説にして迎え撃った、と。予言と見間違う所業。日常の写実が結果として、対象となった人物の未来を原稿用紙にうつすことになる。つまり、文学小説に描かれる、かれら彼女らの生活は”僕”たちの日常でもある。もちろん、アイドルだってそこに含まれる。原稿用紙の上を歩く架空の登場人物の言葉に、行動に少女が作るアイドルを重ねることによってはじめて、その輪郭をなぞるのではないか。
「DJ KRUSH」を聴きながら、「魔の山」を読む、「大江健三郎」を批評する物書きの端くれ。虚構の扉をひらき、もうひとりの自分を、アナザーストーリーを描く少女たちに自己を投影するように、”僕”も、現実世界から遊離するみたいに、もうひとりの自分を、もうひとりの作家「楠木融」を架空の世界の住人として作り、演じてみようとおもう。小説を書くように批評(フィクション)を作った小林秀雄に勇気をもらいながら、ブレイクビーツのように文豪たちの言葉を引きながら、彼らが書いた物語の登場人物と響き合う、儚さと活力をふりまくアイドルの素顔を発見するために、虚構に産み落とされ、どこかに置いたまま忘れてしまった自我を探し求め迷子になる少女たちの物語を批評してみよう、とおもう。塩野七生がユリウス・カエサルに”恋”をしたように、ヴァリエテ座で踊るナナを『金蝿』と批評したフォシュリーのように、アイドル史をひとつの長編小説として眺め、架空の世界に生きる少女たちの日常を手繰り寄せ、物語ってみよう。

2018.08.08 楠木融

評価について

ロバート・M・パーカーの「ボルドー」のパーカーシステムを小説に適用した、福田和也・著「作家の値うち」の採点基準方式を模倣し、アイドルを採点します。

点数の基準は以下のようにしました

90点以上 アイドル史に銘記されるべき人物
80点以上 現代アイドル史に名を残す人物
70点以上 アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物
60点以上 アイドルとして活力を与える人物
50点以上 問題なくアイドルと呼べる人物
40点以上 辛うじてアイドルになっている人物
39点以下 アイドルの水準に達していない人物
29点以下 推していることを秘密にしたほうが良い人物

評価の内訳は5項目 各20点満点とする

9~11点 全体の38%がこの範囲に収まる
12~13点 良い 全体の18%
14点 トップクラスと評価 全体の5%
15点 その分野で話題になることが多い 全体の3%
16点 常に話題の中心にあり、アイドルのアイデンティティにすらされる 全体の1.8%
17~19点 冠絶と評価する
20点 900名以上のアイドルの中から1~2名を選出

ビジュアル
ビジュアルはアイドルにとってもっとも重要な資質です。アイドルの姿形は、ファンにとって、アイドルを演じる少女が作る架空の世界への入り口として機能する場面がおおく、また、アイドルが作る嘘の中から素顔を発見するための妄執を構築するための原動力と云えます。”理由はわからないけど彼女を好きになってしまった”、とにかく”彼女”のことが気になる、というのはアイドルの日常の立ち居振る舞いや仕草、つまりビジュアルによるところがおおきい。ルックスの輝きだけではなく、内側から滲み出る隠し通すことができない物語性を評価します。

ライブ表現
ゲーム理論的終着として当然の成り行きですが、現代アイドルに対する歌唱力とダンススキルへの期待と需要は高くありません。ファンがライブ空間で求めるモノは”テクニック”ではないと考え「ライブ表現」としました。もちろん、技術に裏打ちされた表現行為に到達しているアイドルには高評価を付けますが、技術が未熟でも、日常の邂逅と再現性、あるいは日常との乖離など、完全さよりも輝く”不完全さ”があれば、それを評価します。

演劇表現
主に、舞台演技、映像作品における表現力を評価する項目ですが、その非日常の空間で作られる演劇の根源でもある、アイドルという虚構の中での立ち居振る舞い(ドラマツルギー)も評価の範疇とします。

バラエティ
所謂、ストーリー性の把持に帰結するのが多様性であり、笑い、ウィットという視点だけではなく、人間として、またはアイドルとしてのユーモア、喜怒哀楽を評価します。多様性の発揮。哭き、嗤い、叫ぶ。強靭さや傷つきやすさの露呈。そのような姿を、醜態を、ファンに提出できているかどうかを評価基準にします。

情動感染
現代のグループアイドルを評価する際にどうしてもジャンル分け、数値化が難しい場面にぶつかります。歌や演技、ビジュアルの点数だけでは表せない魅力、ユニークがあるからです。それは何か、と考えた時に、ファンである我々の情動を引き起こす日常の立ち居振る舞い、仕草なのだろうと考えました。まず、アイドル自身がアイドルという虚構の中でどのようにして自身の情動を引き起こせるのか、そして、その立ち居振る舞いによって、外側にいる我々の心をどれだけ揺さぶるのか、どれだけ彼女の情動が感染するのか、この点を評価基準にします。


何だかわからないけど気にかかる人がいるじゃないか。

で、どうアプローチしていいんだかわからないけど、観察しているとどうにもオモシロイ。立ち居振る舞いとかね、反応とかが、微笑みたくなるように好ましいとかね。…で、そういう人をみつけて、その人の値打ちというかな、面白いところを見つけて、好きになるっていうのはとても大事なことなんだよ。ホレるっていうことは。 その人が好きでも、何も得をするわけじゃないし、あるいは濃くつきあうワケでもない。だけどタマに一言二言話したり、その人間の立ち居振る舞いを眺めて喜んでいる、みたいなことがね。それで、じっくりと観察して、いろいろなことを理解しようと務める。…結局値打ちってそういうもんだと思うんだよね。銭金とか損得とかとは別な、興味を人生にいだけるか、と。 (福田和也/乃木坂血風録)