AKB48 板野友美 評価

AKB48

板野友美 (C) ライブドアニュース

「アーバン」

板野友美、平成3年生、AKB48の第一期生。6代目センターであり、「神7」のメンバー。
AKB48の描いた群像、そこにある独特な魅力、「不完全さ」の象徴的存在であると同時に、今日のアイドルシーンを生き抜こうとする少女たちに希求される「清楚」というテーマからもっとも距離を持つ、郷愁に含まれるナチュラルな要素を可能な限り排除したアイドル像を作り上げた人物。アイドルを演じるにあたり虚構の必要性を自覚した少女が、そのもう一つの別の世界へ踏み込むための儀式として採用したのが「茶髪」であり、この選択行為が結果的に彼女を耽美主義に傾倒させ、AKB48・板野友美はトレンド的な「美」の象徴的存在とまで扱われる。アイドルのあり方を「個」から「群」へと転換させたAKB48のなかにあって、彼女の「美」は、ソロアイドルとしての存在理由までも満たそうとする全体的な姿勢にのみ込まれて行く。そのような企みに避けられない倒錯を感じるものの、前田敦子という圧倒的な主人公感をそなえた人物の日常に触れても、個性を欠落させず、アイデンティティをアイドルとしての個性に変換させ、リアリティーを伴うアイドル像を完成させた点に鑑みれば、板野友美は、たしかにソロアイドルとして屹立するための資質をそなえていた、と評価するのが妥当かもしれない。

篠田麻里子の偶像的な威圧感や、前田敦子の偏向、板野友美の”カリスマ”的な存在感、島崎遥香の拒絶的メランコリー、つまり”イメージ”の影響から、近寄り難い人物として生動するアイドルは、今日のアイドルシーンでは稀少種となった。現在のアイドルシーンで触れるのを躊躇うオーラを把持するアイドルは松井珠理奈、白石麻衣くらいだろうか。イメージの先行による被攻撃性の獲得、これを手懐けてしまうアイドルの消滅は、シーンをひとつの収斂に導いているとさえ感じられる。板野友美のソロアイドル化、その試みと失敗を、岐路に立っていたグループの背中を押し、現在のアイドルシーンが在る場所へと歩を進めさせたひとつのファクターと表現したら大仰に映るのだろうか。しかしそのような観点に立つことが許されるのならば、板野友美はAKB48の群像劇の深化に貢献した重要な登場人物と云えるだろう。

 

総合評価 66点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 13点

演劇表現 9点 バラエティ 14点

情動感染 16点

AKB48 活動期間 2005年~2013年

 

AKB48 相笠萌 評価

「ウィットに富んだアイドル」  相笠萌、平成10年生、AKB48の第十三期生。 ...

山下美月「センター」を検証する

「動機として、46時間テレビをふり返る」 「どうもこんにちは。あやめちゃん、こん ...

乃木坂46 帰り道は遠回りしたくなる 評価

「ここではないどこかへ」 ひとの人生は、過去になしとげたこと、現在なしとげている ...