AKB48 渡邊志穂 評価

AKB48

渡邊志穂・写真中央(C)どんどんぶろぐ/AKS

「永遠の味方さ」

渡邊志穂、昭和62年生、AKB48の第一期生。
18歳で「アイドル」の扉をひらくが、ナイーブな少女の面影がまだ残っていて、モデルのような印象をあたえるシルエットにその童顔が重なると、鑑賞者の興味を引くアンバランスが作られる。ビジュアルを構成する要素の多くが、平成が終わり、令和が始まった現在のアイドルシーンの最前線で闘うアイドルのビジュアルと同等の輝きを放っており、AKB48の通史、始まりの物語を改めてひもとく過程で「渡邊志穂」の名にぶつかると、”最新”のアイドルを眺めるのと変わらない憧憬を抱く。例えば、乃木坂46の中村麗乃を鑑賞する際に生まれる憧憬を。しかし、この連なりを”先駆け”と呼ぶことはむずかしい。渡邊志穂のアイドルとしてのビジュアルが過褒を招かなかった理由に挙げられる点が”時代とのズレ”のみだと確信するのは、やはり、グループがブレイクへの胎動を刻むなかで頭角を現す前に”あまり目立たなかった”まま卒業を選択した結果を、年齢という現実的な憂いではなく強い主人公感を発露する少女たちに囲繞される苦渋によって小さな箱庭世界からはじき出された結果を無視できないからだろう。

ビジュアルという分野において何ものかを先駆ける存在とは古典でなくてはならない。本質をつらぬく古典はトレンドを掴み損ねても色褪せることはない。古典と響き合う”彼女たち”はどの時代に眺めても倦みを投げつけない。つまり、グループアイドルにおいて、ある閾を超えた人気を獲得するアイドルとは、結局のところ、どの時代に生まれても、どのような境遇に置かれても、たとえフリーマケットの売れ残りに見えようとも、そのビジュアルによって獲得する名声の”質と量”はほとんど変わらないのだ。これが、ミス・エアー・ジャパンを受賞するほどの資質をそなえていた「渡邊志穂」のビジュアルに満点を付け、冠絶と評価できない動機である。

むしろ、渡邊志穂が現代アイドルとして、AKB48の第一期生としてその存在理由を満たすように先駆けていたものは、アイドルとファンの成長共有である。
現実と架空の世界を行き交いするアイドルの成長を共有する際に生まれる妄執によって、ファンは無条件でアイドルを応援し、激しい孤独感と無力感をかみしめながらアイドルに無償の愛を贈る。”愛より大切な夢”を握りしめた彼女を賛美する。彼女の永遠の味方になる。この耽溺は今日なお絶えず力強く呼吸しており、現代アイドルシーンのイコンとして扱われている。
もちろん、成長をしてグループの家郷を構成するのはアイドルだけではない。ノスタルジーに浸るための寄す処になるのはアイドルだけではない。しかし、アイドルに没入する”彼ら”がアイドルグループの通史のなかに登場人物として明確に描かれることはけして無い。渡邊志穂はこの敬意を払わざるをえない献身とメモリを目に見えるかたちで背負った”はじめて”のアイドルであり、AKB48において成長共有というコンテンツを成立させた”はじめて”のアイドルと呼べるだろう。

 

総合評価 63点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 12点

演劇表現 10点 バラエティ 12点

情動感染 15点

AKB48 活動期間 2005年~2007年

引用:見出し 秋元康/ライダー

評価点数の見方