乃木坂46 伊藤かりん 評判記

乃木坂46

伊藤かりん (C) 公益社団法人 日本将棋連盟

「王手が駄目なら飛車を取るまでだ」

伊藤かりん、平成5年生、乃木坂46の第二期生。
アイドルであると同時にアイドルヲタクでもある。ゆえに、ファンとアイドルの仲介者的な役割を担う、乃木坂46においては特別な存在感、存在理由を把持している。
女優の永作博美が演じる「役」のように明け透けで、嫌味がない笑顔の持ち主で、自己の可能性を探る、夢を求める、といった不安定な情況に揺れる少女たちにとっての”寮母”のような人柄・役割を担っている。たとえば同期の佐々木琴子のモラトリアムを支え、佐々木をなんとかしてアイドルとして立ち上がらせようと、日々、奮闘している。松村沙友理白石麻衣に依存したように、佐々木琴子にとって、欠くことのできない存在、なのではないか。その意味においてやはり伊藤かりんとはファンとアイドルをつなぐ役割を担う存在であり、また、そうした意識、日常の所作を彼女に作らせる動機、性(さが)に「アイドルヲタク」があるのかもしれない。

この人は、アイドルヲタク、を自称している。
乃木坂46の第一期生オーディション落選後は、グループのファンとして、たとえば高山一実、安藤美雲のファンとして、乃木坂に接している。二期生オーディションにおいて見事勝利を手にし、アイドルヲタクであった少女がシーンの主流になりつつあるアイドルグループ・乃木坂46の一員になる、というストーリー展開の面白さ、場違いさ、もさることながら、もっとも興味を引くのは、やはり、夢にまでみたアイドルにようやく成れた、にもかかわらず、結局は、アイドルヲタクとしての振る舞い・意識から離れられずに、退けることができずに、才能豊かな少女の世話を焼いてしまうという、業、いや、悲劇、にある。
しかるに、その視点によって生まれてしまう関心の強さ、伊藤かりんが特に熱心に世話を焼く
佐々木琴子こそシーンにおける冠絶した逸材だという事実に、果たしてアイドルヲタクであった彼女は気付いているのか、という関心、興趣の握力にこそ、この人のもつ憂いがあるのではないか。
この人のアイドルとしての横顔、物語を読むに、常に、他のアイドルの匂い、存在感が、その横顔に強く付着している、ように思えてならない。他のアイドルを支えることで、自分もようやく立ち上がれる、といった、グループアイドル的屈託、を抑えきれず発見してしまう。ファンの前でよく笑うし、涙もろい、情に厚い一面をしっかりと提示できている。けれどそれを眺めたファンが、もらい泣きする、アイドルの情動のなかで激しく揺さぶられる、ことは稀であるようだ。それはやはり、彼女の表情の内には常に他のアイドルの”影”がつきまとっているから、なのだろうし、また伊藤かりん自身、そうした状況を理解、解釈することで客観性を育み、その客観性をもまた、ファンに目ざとく発見されてしまうから、なのだろう。
批評家めいた言を用いるのならば、伊藤かりんが作り上げるアイドルの世界には、合理的思考のもたらすペシミズムが根付いている、と表現すべきか。豪快に笑っているのに、どこかさみしげに見える。もとより、乃木坂46のオーディションを突破できた要因に、自身の才能つまり可能性を作り手連中に見いだされた、という確信を持てず、ただ単に作り手に眼力がなく、大学受験や就職活動に取り組む学生のような戦略的思考、いわばストラテジーをもって突破したにすぎない、という事実を、ほかでもないアイドル本人が自覚している、ように見える。そうした自覚がある以上、彼女は他者の物語のなかでしかアイドルを演じることができない。ゆえに、客観的、になる。客観のなかでアイドルを演じることしかできない。
この、彼女の育む客観性は、グループアイドルとして、やや困った方向での評価を獲得する。それは、彼女の演じるアイドルの形容辞にもなった「有能」という、評価である。

有能であることは、大事なことか
今日、私たちは、児玉を称揚することはあっても、乃木を敬慕することはない。 それは、私たちが機能主義の時代に生きているからにほかなるまい。機能で、能力で、人を評価することに馴れている。馴れすぎていて、疑うこともできなくなっている。 有能であること、賢明であることだけが、人を尊敬する理由になってしまったのは、私たちが合理的になったということだけではないだろう。むしろ、それは、いかに視野が狭くなったかを示しているようにも思われる。
…有徳であることなど、何の意味もない。むしろ害をなすほどだ。能力があること、沢山の利益をあげること、人気を集めること。それだけが大事なのだから。しかし本当にそうなのか。有能であることは、そんなにたいしたことなのだろうか。有能であることが、人間にとって、本当に大事なことだろうか。もちろん、この大事というのは、金も大事だし、色も欲も大事だということを含んだうえでの大事なのだけれど。たとえば、有能であるために、利益をあげるために、死んでもいいのだろうか。いやそのために死んでいる人、業績をあげ、ライバルを押しのけるために命をすり減らしている人がいるのかもしれない。それは今日の世間のむなしさの、一番明快な現れだろう。

福田和也「乃木希典」

たしかに、「有能」というキャラクターは、アイドルとして、いや、グループアイドルとして、格好の資質にあたるかもしれない。文芸の世界でありながら、天分ではなく、戦略によって成功をつかめてしまうのが今日のアイドルシーンのひとつの魅力になっていることは、認めるべきだろう。平凡な少女でも、頭さえ良ければ、それなりのポジションを与えられ、それなりに成功できる。可能性、が眼前に開かれている。
伊藤かりんの、王手を諦め飛車を取りに行くその姿勢、行動力は、たしかに「有能」なのかもしれない。しかし、ファンが本当にみたいものとは、寺田蘭世のように、無謀と嘲笑われながらも、乃木坂のセンターというアイドル界の頂を目指す後姿なのではないか。”詰む”ことが想定された未来として目前に立ち現れていようとも、王手を試みる”無能さ”。そこに現れる儚さこそ、アイドルが映し出す「美」のなかでもっともうつくしい英姿になるのではないのか。あるいは、生駒里奈のように、ファンがみることを躊躇うような、少女の凡庸さを浮き上がらせる醜態、叫喚、不快感、だれからも憧れを抱かれない、ゆえにそれなしではなにかを、たとえば乃木坂を語ることができない、というような、異物感。寺田や生駒の特質とは、アイドル自身がまず情動を引き起こし、それをファンにも容易く感染させる点にある。伊藤かりんには、それがない。

乃木と云う人は、自分を、そのために死ぬことができる何ものかに作り上げようとした。死処に赴かしめる、徳目の権化になろうとした。ゆえにこそ、明治の人々は、特に庶民は、「無能」な乃木を崇め、愛したのだ。その「戦下手」に憤りながらも、乃木を許した。その悲しみと辛さに共感していた。
…友人が高齢の祖母に、乃木ってどういう人なの、と訪ねたら「マレスケ、日露戦争で苦労した偉い人。でも貧乏だった」と答えたそうな。
…今日、私たちは、児玉源太郎を求めている。けれども、敢えていえば、児玉源太郎は、たくさんいるのだ。有能な人物は、地に溢れている、というと大げさだけれども、けして不足はしていないと思う。日本には、有能な人間はたくさんいる。ただ、いないのは、乃木のような人物だ。(同上)

アイドル本人がどこまでこの「有能」さにおける「むなしさ」に至っているのか、わからないが、あるいは、厄介な称号だと苦笑しているのかもしれない。またあるいは、それに甘え、もたれ掛かっているのかもしれない。アイドルヲタク、つまり、多くの場面でファンの視点に立つアイドル、であるならば、自己を、伊藤かりんというアイドルを鏡にし、「有能」と称賛するファンの声量そのものが、アイドルの飛翔を妨げていることに、そろそろ反動を宿すべきではないか。

 

総合評価 45点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 7点 ライブ表現 11点

演劇表現 6点 バラエティ 13点

情動感染 8点

乃木坂46 活動期間 2013年~2019年

  関連記事

 

日向坂46 理想の「選抜」を考える 9th シングル版

「才能の”選抜”、はじまる」 長編小説は書き出しの一行で決まる、と云ったのはガル ...

乃木坂46 遠藤さくら 評判記

「わたしには、なにもない。」 なくして 気づく かぎられた 時間は 魔法みたいだ ...

日向坂46 月と星が踊るMidnight 評判記

「月と星が踊る」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 日向坂46の8枚目シ ...