乃木坂46 伊藤かりん 評価

乃木坂46

伊藤かりん (C) 公益社団法人 日本将棋連盟

「王手が駄目なら飛車を取るまでだ」

伊藤かりん、平成5年生、乃木坂46の第二期生。
ファンとアイドルの仲介者的な役割を担う、グループにおいて特別な存在感と存在理由を持つアイドルである。特に、佐々木琴子のモラトリアムを支えた功績はおおきい。松村沙友理が白石麻衣に依存したように、佐々木琴子にとって精神的な支柱となったのではないか、と想像させる”人柄”の持ち主である。女優の永作博美が演じる「役」
のように明け透けに笑い、立ち振る舞う。「アイドルヲタク」を自称する彼女が日常で親しく接する少女、同期でもある「佐々木琴子」がアイドル史に銘記されるべき逸材であることに果たして気付いているのかどうか、という観点で眺めてみるのも一興ではないか、と思う。「西野七瀬ではなく、貴女の隣でニコニコしている女の子こそ、アイドル史を転換させる存在かもしれないよ」と。

つまり、伊藤かりんというアイドルを、物語を読むと他のアイドルの「影」が強く付着していることに気付かされる。自分の「影」を半分に切って残りの半分を他者の「影」で構成するようなアイドル像を発見する。シニカルで滑稽な現象。彼女の過剰な客観性とは、他者の「影」=「物語」を獲得し、他者の物語の登場人物になることで成立している。伊藤かりんが作り上げる虚構の中には、合理的な思考がもたらすペシミズムが根付く。「伊藤かりん」はファンの前でよく笑うし、涙もろい情に厚い一面もちゃんと見せる。アイドルとしてあるべき姿を丁寧に描いている。しかしそれを眺めるファンに彼女の情動が感染することは、ほとんどない。きっと、彼女の持つ客観性が足を引っ張っているのだろう。そして、その過剰な客観性はアイドルとして、やや困った方向での評価を獲得することになった。それは、彼女の形容辞にもなった「有能」とよばれる評価である。

有能であることは、大事なことか
今日、私たちは、児玉を称揚することはあっても、乃木を敬慕することはない。 それは、私たちが機能主義の時代に生きているからにほかなるまい。機能で、能力で、人を評価することに馴れている。馴れすぎていて、疑うこともできなくなっている。 有能であること、賢明であることだけが、人を尊敬する理由になってしまったのは、私たちが合理的になったということだけではないだろう。むしろ、それは、いかに視野が狭くなったかを示しているようにも思われる。…

福田和也「乃木希典」

たしかに、「有能」というキャラはアイドルの存在理由としては格好の資質になるのかもしれない。文芸の世界でありながら、天分ではなく、戦略によって成功がつかめてしまうのが現代のアイドルシーンであるから。だが、私は、アイドルとは「有能」ではなく「有徳」であるべきではないか、とおもう。有能さが活きるのは、アイドルの進路先にもなる「アナウンサー」が好例になるのだろう。しかし、現在の日本の芸能の分野では、これが逆転しているようにおもえる。アナウンサーを志す者が有徳さを過剰に押し付けようと奔走し、アイドルを志す人物が有能であろうとアピールしている。この倒錯を嘲笑うかのように、実際に成功するアナウンサーは有能であり、成功者となるアイドルは有徳なのである。有徳さをみせることに成功したアイドルの代表格に生駒里奈が挙げられる。

有徳であることなど、何の意味もない。むしろ害をなすほどだ。能力があること、沢山の利益をあげること、人気を集めること。それだけが大事なのだから。しかし本当にそうなのか。有能であることは、そんなにたいしたことなのだろうか。有能であることが、人間にとって、本当に大事なことだろうか。もちろん、この大事というのは、金も大事だし、色も欲も大事だということを含んだうえでの大事なのだけれど。たとえば、有能であるために、利益をあげるために、死んでもいいのだろうか。いやそのために死んでいる人、業績をあげ、ライバルを押しのけるために命をすり減らしている人がいるのかもしれない。それは今日の世間のむなしさの、一番明快な現れだろう。(同上)

伊藤かりんの「王手が駄目なら飛車を取るまでだ(*1)」という姿勢は、たしかに「有能」なのかもしれない。しかし、ファンが本当にみたいものとは、寺田蘭世のように、無謀と嘲笑われながらも、乃木坂のセンターというアイドル界の頂を目指す後姿なのではないか。”詰む”ことが想定された未来として目前に立ち現れていようとも、王手を試みる”無能さ”。そこに現れる儚さこそ、アイドルが映し出す「美」のなかでもっともうつくしい英姿になるのではないのか。あるいは、生駒里奈のように、ファンがみることを躊躇うような醜態、異物に触れてしまった時のような不快感、しかし、一度それに触れてしまったら、それなしでは生きていけない物語の提供。寺田や生駒の作り出す光景は、アイドル自身の情動を引き起こし、それをファンにも容易く感染させるのだ。

乃木と云う人は、自分を、そのために死ぬことができる何ものかに作り上げようとした。死処に赴かしめる、徳目の権化になろうとした。ゆえにこそ、明治の人々は、特に庶民は、「無能」な乃木を崇め、愛したのだ。その「戦下手」に憤りながらも、乃木を許した。その悲しみと辛さに共感していた。…友人が高齢の祖母に、乃木ってどういう人なの、と訪ねたら「マレスケ、日露戦争で苦労した偉い人。でも貧乏だった」と答えたそうな。…今日、私たちは、児玉源太郎を求めている。けれども、敢えていえば、児玉源太郎は、たくさんいるのだ。有能な人物は、地に溢れている、というと大げさだけれども、けして不足はしていないと思う。日本には、有能な人間はたくさんいる。ただ、いないのは、乃木のような人物だ。(同上)

アイドル本人がどこまでこの「有能」について自覚しているのかは知らない。厄介な称号だと苦笑しているのかもしれない。あるいは、それに甘えているのか。しかし、アイドルの成長共有というコンテンツはアイドルの存在だけではもちろん成りたたない。「有能」と称賛するファンの声量そのものが、アイドルを評価するための視点そのものが、独りよがりな勘違いであることを、そろそろ自覚するべきである。

 

総合評価 46点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 8点 ライブ表現 13点

演劇表現 5点 バラエティ 13点

情動感染 7点

乃木坂46 活動期間 2013年~2019年

引用:見出し、(*1)「MY HEAT/THA BLUE HERB」

評価点数の見方