STU48 福田朱里 評価

STU48

福田朱里(C)ザテレビジョン/STU48

「もう一人の自分」

福田朱里、平成11年生、STU48の第一期生。
デビューから3作連続で表題曲の歌唱メンバーに選抜されており、また、出港をする船に向けて手を振りながら見送る道半ば”倒れた”同士たちに混ざることなく、不気味な揺れを伝える船に乗り込み、航海を選択した覚悟の所持から、グループアイドルが否応なく対峙させられる闘争に打ち負かされずに、日常を演じきる力量をそなえた人物と映る。カメラの前で描かれる物語だけでなく、ファンを自身の日常に”巻き込む”エピソードにも事欠かない。

人の性格とは生活によって作られるものである。アイドルとして、文芸の世界への扉をひらいたばかりの頃の彼女には、個性の発揮した、無邪気な少女の面影がまだ残っていたが、平成が終わり、令和が始まった現在(いま)、少女特有の色彩は雲散したようである。ただ、生来のきっぱりとしたしゃべり方や芯の強そうな一面は、アイドルを演じることが習慣になった現在でもしっかりと呼吸しており、それが、非日常のなかで遭遇する様々な局面を論理的に把握していく冷静さの露出につながっている。しかし、この福田朱里のしみじみとした注意深さは、多様性の発露や理性的な輝きに映らず、人間性の貧しさや非寛容な姿勢と扱われ、揶揄を買う場面も多い。きっと、不安に直面したような厚いリアリティーによって描き出される、福田朱里の抑揚のない硬直した表情が呼び寄せる声量なのだろう。唐突に提示される”低いテンション”が、彼女の乗り込んだ不気味な船を映す鏡として機能する点も皮肉だが、「私の人生のなかの、この15分だけをきり取ってそんな判断しないでほしい」という切実で投げやりな科白こそ、福田朱里の硬直した表情が招く災難の結実と云える。

彼女がこぼした科白には、情報に囲繞され苦渋する現代アイドルの深刻さがあり、たった数分の出来事で自身が作るアイドルのすべてを評価される不条理を、うんざりする現実の繰り返しを経験した人間の切迫を感じる。しかし、それは同時に、”なんだかわからないけれど気になる”、”なんだかわからないけれど好きになってしまった”というアイドルファンがアイドルと邂逅する動機の裏返しであり、アイドルの存在理由の証明になっている。
考えてみれば、我々が人を好きになる”とき”とは、一瞬の出来事の場合がほとんどではないか。目があった、笑いかけられた、すれ違うときに身体が触れた、など、往々にして、恋愛とは一瞬の勘違いからはじまる。これが、仮想恋愛ともなればその傾向はより強くなるのではないか。さらに云えば、ファンはアイドルの日常風景を眺め、触れるよりも、ステージの上で披露される歌と踊り、そのたった一曲、5分間の出来事を通過した”とき”のほうが、アイドルとの距離を手繰り寄せられた、と錯覚できるのである。
ファンに身勝手に理解される「自分(アイドル)」こそ、アイドルという偶像を鏡にして映し出されたファンの内奥であり、ファンという鏡から滲み出る「もう一人の自分」である。アイドルの物語に没頭する読者が作る「もう一人の自分」を幻想(妄執)と呼ぶことが可能だろう。アイドルはこの幻想になりきらなければならないのだとおもう。もちろん、その幻想になりきる行為とは、自分を偽るウソを作る所業などではない。アイドルが付く虚構(ウソ)とは、自分のことを誤解する、あるいは身勝手にも理解していると妄執を抱きしめるファンに、本当の自分の素顔(他者へ伝えたいと渇望する本音)へと導くための架け橋であり、自分にとって一番大切なことを他者に届けることができない憂鬱を晴らすための装置である。
福田朱里には、この到底納得のいかない幻想(妄執)を、他者が作り出す「もう一人の自分」を自ら探しに行く果敢さが求められるのではないだろうか。

「あんたの問題点はだね、オレは思うんだけど、あんた…ちょっと影が薄いんじゃないかな。最初に見たときから思ってたんだけど、地面に落ちている影が普通の人の半分くらいの濃さしかない」…
「だからあんたもどっかの迷子の猫を探すよりは、ほんとは自分の影の残り半分を真剣に探した方がいいんじゃないかと思うけどね」

村上春樹 / 海辺のカフカ・上

 

総合評価  55点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 10点 ライブ表現 11点

演劇表現 8点 バラエティ 13点

情動感染 13点

STU48 活動期間 2017年~

評価点数の見方