STU48

「片想いの入口」 ステージ上の市岡愛弓を眺めていて、わたしが想起したのは、今泉佑唯であった。容姿や立ち居振る舞いが似ている訳ではない。おそらく、アイドルが創る虚構とリアリティーのバランス感覚が今泉に近い、と感じたのだとおもう。 ...

STU48, 楽曲

恋愛を比喩ではなく、素朴に、ありのままに、しっかりと丁寧に描写している。これは簡単にみえて ...

STU48, 楽曲

書き出しで、アイドルが現在の実力(人気)をどれだけ自己認識できているのか、唐突に問う。自分 ...

STU48, 楽曲

対立命題を定めるというクセは作詞家だけではなく、作家や政治家など言葉を扱う人間にとっては珍 ...

STU48

沈思黙考的なビジュアルをしているけれど、その外見に反して道筋を立ててものを考えることが不得 ...

STU48

「ふたり」 表情の硬さが、話す言葉の選択から感じる堅さへと繋がっているのであろうか。ステー ...

STU48

「才能の塊」 友人のカメラマンが「でも…久しぶりにアイドルのライブを観たけど、あの子みたい ...