STU48 僕らの春夏秋冬 評価

STU48, 楽曲

(C) 日刊スポーツ

「あの頃 一番 好きだったのは」

歌詞、楽曲、ライブ表現について、

まず、圧倒的な郷愁がある。ひらひらと落ちる桜の花びらを見上げることによって、アイドルと、その家郷に対する想いが筐体の枠組みをつらぬき、「昔 愛した君の物語」に辿り着く。しかも、この楽曲をファンのまえで歌うのは未来の可能性として出現したこどもたちである。つまり、彼女たちが成長したとき、そこには、あたらしく深い郷愁=パラドクスが生まれることがすでに決定づけられている、ということだ。
なによりも、過去の存在証明として舞台装置の上に立たされた、まだ物語を把持しないこどもたちを眺め、過去を想い「君のことは 絶対 忘れないよ」と誓う行為にどこまで希望があるのだろうか、といった感傷を打ち消すような減衰を凌ぐ増幅と、詩情の上をかけ抜ける疾走感があり、かつ、不揃いで、不完全で、提示される広大な成長への余白によって、明徴に希求される。
群像劇を成立する構図をすでに作っており、立仙百佳、清水紗良、この2名のアイドルだけがキラキラと光る烏合ではなく、両燐で澄みきった微笑をみせる原田清花、静かに咲う南有梨菜にも主題が与えられ、そのすこし奥に立つ吉崎凜子、小島愛子、中廣弥生等も不鮮明だが、しかし、たしかに情熱に輝くものを握りしめている。AKB48誕生以降、次世代アイドルに宛てられた楽曲のなかでは『全力グローイングアップ』とならび、白眉に映る。『全力グローイングアップ』という過去を一切語らずに、現在だけを新鮮に映し出した詩的世界を与えられた次世代アイドルと、過去と未来に挟撃された詩的世界を与えられた次世代アイドル、それぞれがどのようなアイドルを描くのか、濫費されるであろう青春への羨望と同時に、きわめて甘美な歓心を抱く。

 

総合評価 82点

現代のアイドルシーンを象徴する作品

(評価内訳)

楽曲 17点 歌詞 18点

ボーカル 16点 ライブ・映像 14点

情動感染 17点

引用:「」秋元康 / 僕らの春夏秋冬

歌唱メンバー:池田裕楽、今泉美利愛、内海里音、尾崎世里花、川又あん奈、川又優菜、工藤理子、小島愛子、近藤ありす、迫姫華、清水紗良、鈴木彩夏、高雄さやか、田口玲佳、田中美帆、田村菜月、中廣弥生、原田清花、南有梨菜、宗雪里香、吉崎凜子、吉田彩良、立仙百佳、渡辺菜月

歌詞:秋元康 作曲:A-NOTE、T.INOUE 編曲:A-NOTE、T.INOUE

評価点数の見方