STU48 吉崎凜子 評価

STU48

吉崎凜子(C)STU48 信濃宙花ツイッターアカウント

「ブラックスワン」

吉崎凜子、平成14年生、STU48の第二期生。
そのビジュアル、アイドルとしての空気感から相楽伊織の系譜に連なり、おなじく相楽の系譜に立つ早川聖来とも距離が近く、新世代のアイドル、と呼ぶべき存在。
すでに成長共有の観点で文句なしの物語を”運命的”に描いている。第一期生オーディション(公開最終審査)の落選=このさきもう二度と出あうことはないだろうという予感に満ちた別れにはじまり、第二期受験生として再会を果たすという興奮、ストーリー展開は、アイドルになることそのものが「成長」として提出されており、アイドルの物語化をすでに達成している。無邪気さはそのままに大人びたルックスをもっての再登場には、たしかにこころを動転させる力があった。立身出世を叶えようとする姿勢が弱く、また、演技あるいは表現行為の一切に苦手意識を持っているようだが、凛とした透明感、純粋で不機嫌な横顔、決然とした勝ち気な性格にはやはり早川聖来の描くアイドルと似たところがあるようにおもう。吉崎凜子の場合、その硬さ、純粋さによって、精神的な領域においてきわめて限定された場所にたてこもっているような、ひとつの思い込みに根ざして生きているようなアイドルに見える。きっと、アイドルを演じるにあたり、他者に向け言葉にあらわしてうまく説明することができないもの、つまり、絶対に譲れないもの、をこころに秘めているのだろう。
こうした偏狭さとは、実は普遍的なものである。このひとは他のひととちょっと違うな、とか、まわりから一人だけ浮いて見える、とか、他者の働きかけに左右されない、とか、やはり共感とは、往々にして、個性的なものを目撃しその偏狭的とも云える存在の内に自己を発見した際に喚起される感情なのだ。
サクセスストーリーとしての王道さをそなえる吉崎は、STU48のみならず、AKBグループの未来を担う正真正銘の逸材であり、乃木坂的美しさを誇る、という意味においては現在のAKBグループのなかにあってブラックスワン的存在と云え、予測のできない「希望」を想わせる。

 

総合評価 55点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 8点

演劇表現 9点 バラエティ 12点

情動感染 13点

STU48 活動期間 2019年~

 

乃木坂46 北川悠理 評価

「趣味は空を見ること」 北川悠理、平成13年生、乃木坂46の第四期生。 ヒステリ ...

AKB48 武藤十夢 評価

「ダークナイト」 武藤十夢、平成6年生、AKB48の第十二期生。 深窓の令嬢的な ...

日向坂46(けやき坂46) 丹生明里 評価

「類を絶した純白さ」 「何もかも忘れてしまいなさい。私たちはみんな温かな泥の中か ...