乃木坂46 相楽伊織 評価

乃木坂46

相楽伊織/写真右 (C) 日刊スポーツ

「ここではない別の世界」

相楽伊織、平成9年生、乃木坂46の第二期生。
天然の長閑さ、カウンタックな美、「乃木坂46」という地平から逸れないビジュアルと個性の持ち主である。
戯けた様子を魅せながら、不意に物事の核心をつくような鋭い科白を置く意外性のあるアイドルを作る。譲れないポリシーを表出する場面も多く、柔軟性を欠き、それがグループの画く群像劇へ参加するための障壁になり、物語性の欠如したアイドルを浮き彫りにしてしまったものの、アイドルとしての矜持、イデオロギーの確立には成功する。乃木坂46第一期生オーディション参加の映像が出たことによって、アナザーストーリーや批評空間が生まれ、その後の彼女の物語にまとわり付き、あたらしい偶像を育てるのに足を掴まれるが、そのデビューまでの経緯から妄執される憂鬱、卒業発表から卒業当日まで、けしてファンを裏切らない、落胆させない物語は、アイドルの笑顔の作り方やありのままの定義におけるひとつの視点として「現代アイドル論」を展開することも可能だろう。彼女の「アイドルとしての日常」に対する意識的な立ち居振る舞いは、ミュージックビデオなどの仮構の世界で作る仕草にも浸透しており、仮構を日常で染めるその力量の提示は、相楽伊織が演劇の分野においてトップクラスの資質を持つ証しになっている。

アイドルの卒業発表には、常にしがみ付くファン感情がある。
本当に大切で価値あるモノとは失ったあとに気付くのではなく、失わないと気付くことができない。そして厄介なことに、それは失ってから気付いても、それを取り戻そうと奔走しても、もはや手遅れなのである。しかし、そのような感傷に浸り、ノスタルジアの世界に漂うことを決めたファンを尻目に、相楽伊織は「移動」をする。悩む人間とは行動をしない人間である。行動をする人間は悩まない。黄金期のアイドルグループにおいて、たかい資質をもった人物が20歳で卒業を決心する、そこにある感情の流露とはどのような揺きだったのか。境遇、屈辱、妥協、ペシミズム、譲れない矜持。相楽伊織はアイドルとして、不安の痙攣に怯え、倦怠を抱きしめながら不眠による不毛の覚醒をくり返す毎日を生きるよりも、空扉を開き、足を踏み出してみる、渇望した世界に自分から触れてみる、そのさきにあるものが現在と何一つ変わらない不条理に満ちた世界であるとしても、前に進むことを選択した。これもアイドルが魅せる、成長共有、自己超克、儚さのひとつである。

 

総合評価 63点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 12点

演劇表現 14点 バラエティ 10点

情動感染 13点

乃木坂46 活動期間2014年~2018年

 

乃木坂46 今、話したい誰かがいる 評価

「僕の部屋 片隅で漫画読んでる」 歌詞について、 きわめて写実的な描写を置きつつ ...

乃木坂46 太陽ノック 評価

「太陽ノック」 楽曲について、 結果的に、生駒里奈がセンターポジションに立ったの ...

乃木坂46 命は美しい 評価

「その手 放せば楽なのに」 歌詞について、 「ぐるぐるカーテン」から「何度目の青 ...