乃木坂46 相楽伊織 評判記

乃木坂46

相楽伊織(C)日刊スポーツ

「ここではないどこかへ」

相楽伊織、平成9年生、乃木坂46の第二期生。
天然の長閑さ、カウンタックな美、と乃木坂らしさの地平から逸れないビジュアル・個性の持ち主。
脇の甘そうな、戯けた様子を見せながら不意に、物事の核心をつくような鋭い言葉を投げかける、意外性のあるアイドルで、良くも悪くも、日常の多くの場面でファンを驚かせた。一転、アイドルとして、というよりも、人として、これだけは譲れない、というポリシーを表明する場面も多く、思考の柔軟性を欠いたその姿はアイドルの硬直を映し、大衆にその魅力を伝えるまでには至らなかった。
相楽伊織のファンの多くが囚われた、虜にされた、アイドルの魅力、それはやはり、美、とくに、モデル、グラビアアイドル然としたその美貌、になるのではないか。
ほんとうに美しい女性とは、ある種の普遍さ、古典さを備えもつもので、美人であれば、しばしば、他の美人と似てしまうものだ。乃木坂46に限定して見れば、早川聖来、筒井あやめの内に相楽伊織の面影を見るわけだから、この人は真に、美人、なのだろうし、そうした感慨はことグループアイドルというコンテンツにおいては飛びきりの興奮を与えてくれる。自分の見知ったアイドルの面影を持った少女があたらしくグループの物語に参加する、という出来事に勝るカタルシスは、そうそう見つかるものではない。

秋元真夏と同様に、同期のデビューに対し周回遅れでのスタートになってしまったが、アイドル活動の開始と同時に、西野七瀬を主役に配した『命は美しい』において早くも表題曲の歌唱メンバーに選抜され、あたらしい希望の出現によって、ファンを期待で包み、また、動揺に浸した。
その、動揺、アイドルとしての物語を一切持たない少女が唐突に表舞台に登場・抜擢されるという展開に対するファンの動揺が、反動にすり替わってしまったのだろうか、結局、アイドルとして人気が出なかった。
相楽伊織が選抜メンバーとして活動したのは『命は美しい』のみ。以降、卒業するその日まで、彼女はアンダーメンバーとして活動することになる。その点においてはこの人もまた「不遇」をアイデンティティとするアイドルと見做すべきだろう。不遇とは要するに、生まれ持った資質に反し、境遇に恵まれない、正当な評価を得ない、という言葉の意味を持つのだから。
とくに『乃木坂46第一期生オーディション』への参加映像が出たことによってある種のアナザーストーリーが生まれ、一期落選メンバー=乃木坂の一期生のどのメンバーに対しても才能が劣る登場人物、という、ある意味では、アイドルの価値の引き下げ、が起こり、その後の彼女の物語にまとわり付き、瑞々しい偶像を育てることに苦慮した点などは、不遇と表現するほかない。
とはいえ、そのアイドルとしてデビューするまでの経緯、デビュー後、アイドルを立ち上げるまでの苦闘による憂鬱は、相楽伊織を人としてもアイドルとしても、強く鍛えたようで、そうした経験に鍛えられた人柄は、たとえば、北野日奈子の自己回復に至るまでの交流に活かされたり、卒業発表から卒業当日までのそのみじかい時間のなかでも可能なかぎりファンとの交流を絶やさぬよう心がけるという純粋さ、行動力に還元されており、アイドルを通して一人の少女の成長を目撃する、という意味においてこの人はバイブルに思える。
この、相楽伊織の値打ち、に多くのファンが気づいた瞬間が、彼女の口から、卒業、の二文字が発せられたとき、だったのだから、やはり、このひとは不遇なのだ。

アイドルの卒業発表とは往々にして、唐突、であり、それが告げられた際には、ファンは、やはり往々にして、アイドルに対する悔悟を抱え込み、無責任になごり惜しむものだ。
本当に価値あるもの、とは、失ったあとに気づく、とよく言うけれど、それは正確ではない。価値あるもの、これは”実際に”失ってみないと気づくことができない、と言葉にすべきだろう。
もっとも、肝心なのは、失ってからその価値に気づきそれを取り戻そうと奔走しても、もはや手遅れなのだ、という点であり、当然、アイドルの卒業発表を前に身勝手に悔悟するファンもまた、この矛盾に引き裂かれることになる。相楽伊織の卒業発表に際しても、同様の情動が広がった。
ともすれば、ある意味では、グループアイドルの価値は卒業の発表をしたその瞬間に読まれてしまう、とも云えるのだが、一転し、今日では、人気・知名度、また才能の有無にかかわらず、アイドルのだれが卒業を発表しようとも、別れを告げようとも、ほとんど、ファンのこころを揺さぶることはなくなった。間断なく伝えられるアイドルの卒業を前にして、ファンは「アイドルの死」に馴らされてしまったわけだが、その馴致の最終局面を探るとすれば、つまりアイドルの卒業を前に乃木坂46の多くのファンが動揺し悔悟した場面を探るとすれば、それはこの「相楽伊織」になるはずであり、そこにこの人のアイドルとしての価値を知るヒントがある。

 

総合評価 61点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 10点

演劇表現 14点 バラエティ 10点

情動感染 13点

乃木坂46 活動期間2014年~2018年

  関連記事

 

欅坂46 長濱ねる 評判記

「トンネルの彼方へ」 長濱ねる、平成10年生、欅坂46の1.5期生。日向坂46の ...

STU48 沖侑果 評判記

「ディアルキア・アイドル」 その場にいあわせた人間なんて、何が起こってるのかなん ...

STU48 谷口茉妃菜 評判記

「ブルーベリー&ラズベリー」 谷口茉妃菜、平成12年生、STU48の第一期生。 ...