日向坂46 メンバー 一覧

リスト, 日向坂46(けやき坂46)

©DWANGO

「グループアイドル史の収斂」

けやき坂46の第一期生には、AKB48からはじまったグループアイドルの第一期生が抱える”特別な”物語性=イデオロギーが伏在しない。人間喜劇と呼ぶには、彼女たちの物語はあまりにも文量が不足しており、物語として文体や輪郭を把持しない。たとえば、第一期生のなかに必ず出現する、物語の”主人公”が欠落している。その登場は、渡邉美穂、あるいは小坂菜緒の加入を待つことになる。つまりは、けやき坂46に所属するアイドルたちの資質を眺めるとき、他のアイドルグループに渦巻く”第一期生感”、これをそなえるのは第二期生であるという倒錯に打つかる。そして、この倒錯が、あたらしい物語として、あたらしい時代を生きるファンと同業者を魅了するのだ。けやき坂46・第一期生は、乃木坂46の第二期生にあたえられた不遇と不屈、この二つの概念を止揚することに成功したエピックアイドルと云えるかもしれない。
この第一期生の次に誕生した第二期生には、前田敦子、松井珠理奈、生駒里奈等と連なる独特な異物感(主人公感)をそなえる渡邉美穂が加入し、さらには、グループアイドルシーンの終着駅とも呼べる丹生明里が登場する。これまでに連綿と受け継がれてきたものの収斂を象徴するアイドルが同時発生してしまったのだから、おもしろい。共存不可能な概念が今後どのような対峙を描くのか。そしてなによりも、少女たちが作るあたらしい群像劇の中軸に選ばれた小坂菜緒、彼女のために用意されたあたらしい筐体こそ『日向坂46』である。

バランス感覚の発揮とはむずかしい。持って生まれた才能というよりも境遇に育まれる資質であるから。平手友梨奈の自己劇化に接触した少女たちが、その圧倒的なアイドルの作った世界から離れ、あたらしい坂道を登ることになった。今日、彼女たちが、楽曲に付された詩的世界の登場人物になりきるための演劇を作り、なおかつ、笑顔をふり撒けるのは、やはり、境遇によって育まれたバランス感覚のおかげだろう。この、欅坂(けやき坂)から日向坂へと移動したことにより、『欅坂46(けやき坂46)』と『日向坂46』の2つの家郷を、郷愁を抱えることになった少女たちが、今後どのような物語を描くのか。日向坂46は、現代アイドル史のなかにあって、もっともスリリングなアイドルグループと云える。

 

日向坂46(けやき坂46)メンバー 一覧  (移籍メンバー含む)

1期生
長濱ねる 井口眞緒 潮紗理菜 柿崎芽実 影山優佳 加藤史帆 齊藤京子 佐々木久美 佐々木美玲 高瀬愛奈 高本彩花 東村芽依

2期生
金村美玖 河田陽菜 丹生明里 濱岸ひより 渡邉美穂 富田鈴花 小坂菜緒 松田好花 宮田愛萌

3期生
上村ひなの 髙橋未来虹 森本茉莉 山口陽世

日向坂46 表題曲、歴代センター 一覧

・メジャー
【2019年】
1st.キュン/小坂菜緒(初代)
2nd.ドレミソラシド/小坂菜緒
3rd.こんなに好きになっちゃっていいの?/小坂菜緒
【2020年】
4th.ソンナコトナイヨ/小坂菜緒
【2021年】
5th.君しか勝たん/加藤史帆(2代目)
6th.ってか/金村美玖(3代目)