日向坂46(けやき坂46) 小坂菜緒 評判記

日向坂46(けやき坂46)

小坂菜緒(C)欅坂46公式サイト

「当代一の人気アイドル」

小坂菜緒、平成14年生、日向坂46(けやき坂46)の第二期生であり、初代センター。
隆盛を極めるアイドルシーンの表紙を飾る、当代一の人気アイドル。
あらゆる紙媒体で活写されるそのアイドルの容貌は古典的であり前衛的である。「小坂菜緒」を眺めることは、もはや日常的な感受を乗りこえた先にある絵画鑑賞の趣をもつ。その味わいは、もっとも純粋な、視覚への刺激であり、アイドル観の彫琢であり、こころの内奥に静かにふりつもる、押さえようのない快楽である。
絵画鑑賞に似た体験をあたえることの弊害だろうか、キャンバスにちりばめられたアイドルの魅力をつなぎ合わせ核心に迫るまで、険しい道のりを要求する人物でもある。
この人のアイドル的香気を一言で表現するならば、自己否定によったアイドル、ということになるだろうか。自己否定をアイドルの語り口にする少女は多いけれど、この人ほどその屈託を強く握りしめるアイドルはほかにいない。たとえばそれは平成のアイドルシーンにおいて最高度の主人公感をそなえた登場人物であるのに、あらゆる称賛に抱きしめられたいと渇望するような、野心と虚栄心をもたず、表題作においてもカップリング曲においてもセンター以外のポジションをみずから受け入れてしまうという頼りなさ、つまり弱さによって体現されている。こころが弱く、繊細になるから、他人の感情の機微を汲み取るのがうまい。主役でなければ、そうした人としての優しさは、歓迎されアイドルの魅力の一つに数えられるべきものだが、センターには必要ない資質だろう。むしろその弱さは一種の暗さとなって、ファンにアイドルの魅力の在り処を見失わせるほどである。冬芽してもなお彼女の素顔・本心はヴェールに包まれたままだ。自己否定を軸にアイドルを編む少女たちの象徴、いや、境地と呼べるかもしれない。
デビューから卒業まで、すべての楽曲でセンターに選ばれてしかるべき登場人物であるはずだが、そうはならなかった。それは当然、小坂自身の弱さと、作り手の覚悟の弱さ、志の低さに起因するのだが、作品の質を犠牲にしてでも、何をおいてもまずアイドルを演じる少女のこころのケアをすることが今日における「アイドル」のマネージメントの”かなめ”なのだと教えている点は、興味深いと云えるかもしれない。
だが『僕なんか』においては、アイドルの思惟、思弁、心情、私情つまり魅力をうかがい知ることができないという、しんねりむっつりとしたアイドルの有り様がそのまま作品に落とし込まれるなど、余人には提示し得ない「与件」のなかで、小坂菜緒はその存在感を再びシーンに刻み付けてもいる。

 

総合評価 66点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 17点 ライブ表現 15点

演劇表現 14点 バラエティ 8点

情動感染 12点

けやき坂46 活動期間 2017年~