欅坂46 メンバー 一覧

欅坂46

©欅坂46 OFFICIAL WEB SITE

「アイロニック」

古代ギリシャ民主主義の最高到達点を復元するかのように「平手友梨奈」という偶像が在命する奇跡によってのみ楽園の慟哭が保たれる…、しかし、全能感を抱えた長濱ねるの登場、”ひらがなけやき”の誕生と独立、と完結した詩的世界へ没入する少女たちの、少女特有の思い入れを看過し、アイドルを演じる行為を青春そのものと扱う少女に、青春の犠牲を受け入れろ、抱え込んだ不安を露出しろと迫るギニョールによって常に全体主義への傾倒を胎動する不穏なアイドルグループへと歩を進めた。
プロデューサーである秋元康は欅坂46を『いい意味でバラバラ』と表現したが、21人の少女たち、その一人ひとりの姿形を眺めると、各々がグループの作るイメージのアンチ・テーゼである事実に気付く。自身を囲繞する大人を映す鏡となったアイドルたちが養った後天的な性格は、他者への依存と融合(パラサイト)である。彼女たちの多くは、他者へ寄生、付着に頼らなければ、アイドルとして屹立できない。ひとつの「理解」として欅坂46が成立するのは、彼女たちが「誤解」として付着し合い、融合するからである。よって、彼女たちは筐体からはみ出ることができない。完結した枠組みの中でなら、だれにも傷めつけられずにずっと完全なままでいられる。
欅坂46のアイデンティティはアイロニーにある。彼女たちは、あたりまえの日常を喪失するが、青春の犠牲は抱きしめない。アイドルを演じる日々が青春であれば、当然、青春の終わりが来る。だから、少女たちは、自分とは別の何者かが他者の想像力に頼って身勝手に作り上げられていくことに
激しい拒絶を提示する。そして結果的に、”白線流し”のように”バラバラ”になってしまう。だが、その拒絶の姿勢によってあたらしい性格がアイドルの内に芽生えもする。ライブ舞台装置を演劇舞台とすり替え、映像作品で作り上げた仮構の物語と融和させる少女たち。まるで、アイドルを演じる行為そのものを置き去りにするみたいに現実と仮想を行き交いする。彼女たちを通過して発せられるメッセージは、活力を与えると同時に悔悟を与える。”夢”を諦めた選択を後悔させる。まさしくアイロニックな反動性を抱えるアイドルグループ。
おそらく、欅坂46が実りある評価を浴びるのは、グループの歴史が収斂し、無駄な大衆が削ぎ落とされた”ロングデイ”を通過したあとになるだろう。クリシェと対峙し、大衆に向けて陳腐なメッセージを発しつづけるアイドルの集合であるのにもかかわらず。

 

欅坂46メンバー 一覧 (移籍含む)

1期生
平手友梨奈 渡辺梨加 渡邉理佐 今泉佑唯 織田奈那 石森虹花 上村莉菜 尾関梨香 小池美波 小林由依 齋藤冬優花 佐藤詩織 菅井友香 鈴本美愉 長沢菜々香 土生瑞穂 原田葵 守屋茜 志田愛佳 米谷奈々未 原田まゆ

1.5期生
長濱ねる 

2期生
井上梨名 関有美子 武元唯衣 田村保乃 藤吉夏鈴 松田里奈 松平璃子 森田ひかる 山﨑天 遠藤光莉 大園玲 大沼晶保 幸阪茉里乃 増本綺良 守屋麗奈

欅坂46 表題曲、歴代センター 一覧

・メジャー
【2016年】
1st.サイレントマジョリティー/平手友梨奈(初代)
2nd.世界には愛しかない/平手友梨奈
3rd.二人セゾン/平手友梨奈
【2017年】
4th.不協和音/平手友梨奈
5th.風に吹かれても/平手友梨奈
【2018年】
6th.ガラスを割れ!/平手友梨奈
7th.アンビバレント/平手友梨奈
【2019年】
8th.黒い羊/平手友梨奈

 

STU48 榊美優 評価

「CUCA」 榊美優、平成14年生、STU48の第一期生。 淡々としていて、常に ...

STU48 張織慧 評価

「生まれ育った地は」 「いや、俺はイェンタウン(*1)じゃねえよ。たしかに両方の ...

STU48 思い出せる恋をしよう 評価

「思い出せる恋をしよう」 歌詞、楽曲について、 5thシングル。センターポジショ ...