欅坂46 二人セゾン 評価

楽曲, 欅坂46

(C)二人セゾンジャケット写真

「想像しなきゃ夢は見られない」

歌詞、楽曲について、

ある旅先の異国。老夫婦が営む散髪屋、茶色のソファー、1982年の「カレンダー」、雑誌の上に置かれたステレオラジカセから、それは不意に流れてきた。少女がつぶやく。二度、「二人セゾン」。「僕」は季節の記憶に囲繞される。かつて「日常を輝かせ」た状景が目の前に描かれて行く。それを「忘れないで」と「君」に「教えられた」。幻影、目眩の揺り籠、季節の記憶の具現化、きわめて濃密に構築された虚構、その独自性はイノセントやピュアといった”実”を通り抜けて白痴という堅牢な”虚へ”辿り着こうとする。逆転。喪失の経験が儚さに映るのに、成熟には達せず未成熟のまま保存されている。しかしこれは、グループアイドルの映す物語としてはあまりにも完結した虚構にみえる。不気味な胎動と忘却を投げかける。(*1)

ライブ・映像作品について、

思いがけない偶発によって個人の情念が打つかりあうような不安定で脆い秤を想起させる。仮構のなかで揺くアイドルの日常に槍のような光りが差し、鮮明に輝いてみえるのは、そのもうひとつの別の世界にも四季が流れ、そこに少女たちが浸透するからである。とくに、菅井友香と志田愛佳の付着は聴衆をカタルシスに遭遇させるだろう。志田愛佳のみせた「嗤い」とは、その後のグループが意識的にコンセプトに定めた「演劇と歌唱のすり替え」の先駆けであった。「彼女がニヤリと嗤った」、このたったひとつの場面がグループの未来を決定づけたのだ。

 

総合評価 90点

アイドル史に銘記されるべき作品

(評価内訳)

楽曲 18点 歌詞 18点

ボーカル 18点 ライブ・映像 18点

情動感染 18点

引用:見出し,(*1) 欅坂46 二人セゾン

歌唱メンバー:織田奈那、尾関梨香、長沢菜々香、上村莉菜、米谷奈々未、石森虹花、土生瑞穂、今泉佑唯、菅井友香、渡辺梨加、長濱ねる、渡邉理佐、志田愛佳、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、小池美波、平手友梨奈、原田葵、鈴本美愉、守屋茜

作詞:秋元康  作曲:SoichiroK 編曲:Nozomu.S Soulife

 

AKB48 永尾まりや 評価

「アナーキー」 永尾まりや、平成6年生、AKB48の第九期生。 いわゆる、守りた ...

海外ドラマとグループアイドル

「ウェントワース女子刑務所が面白い」 懇意にしているある劇団の、ある舞台女優から ...

乃木坂46 ワタボコリ 評価

「僕の命をあげる」 歌詞、楽曲について、 アイドルが口ずさむ詩としては「葛藤」が ...