欅坂46 渡邉理佐 評価

欅坂46

 

View this post on Instagram

 

欅坂46Newsさん(@keyakizaka46_news)がシェアした投稿

 

「ミニチュアの架空の雲みたいにぽっかり浮かんでいた」


渡邉理佐は欅坂46の中核を担うメンバーの1人である。
周到なイメージマネジメント戦略による成功モデルであり、犠牲者でもある。ライブ表現力に関しては現役アイドルのなかでトップクラスの実力を持ち、イメージ戦略によって封じ込められた自我がステージ上で意志を勝ち取ったサイボーグのように揺きながら解放される。このシニカルな現象と表現方法は、デットロックダンスとでも名付けるべきか。

一流と呼ばれるアイドルは豊穣な物語を書き、その物語の主人公には「体験的な信念」や「 矜持」が備わっていなければならないが、デビューしてから現在までの渡邉理佐にはそのどちらも致命的に欠如している。黄昏すら訪れない、無機質な物語、とでも云えばよいだろうか。アイドル界とは無数の流星群が予期不可能な空間に降りそそぎ、そのほぼすべてが地上に跡を残すこと無く燃え尽きてしまう世界。たとえそれが空調管理されたミニチュアな世界であったとしても、アポステリオリ的なキャラ設定では(一定の成果は得られるかもしれないが)生き抜くことはきわめて困難である。彼女が標榜する、ニル・アドミラリという思想、姿勢は齋藤飛鳥と通ずるものがある。渡邉理佐の場合、それが先天的なのか後天的に備わったものなのか、判断に躊躇がうまれるが、どちらにせよ、ステージ上だけではなく日常においても、心の重い闇を裸にして、無関心や無感動を置き去りにするような立ち居振る舞いを見せ、それをファンに切り取らせるような試みができなければ、自己超克は叶わないだろう。

 

総合評価 72点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 18点

演劇表現 14点 バラエティ 11点

情動感染 13点

 

欅坂46 活動期間 2015年~
見出し:引用(村上春樹「1Q84」)

評価点数の見方