櫻坂46(欅坂46) 渡邉理佐 評価

欅坂46

渡邉理佐 (C) 欅坂46公式サイト

「ミニチュア版 西野七瀬」

渡邉理佐、平成10年生、櫻坂46(欅坂46)の第一期生。
グループの中核を担うメンバーの一人。ビジュアル、ライブ表現力ともに文句なし。デビューから今日まで、多くのアイドルファンを魅了している。とくに、西野七瀬的なメランコリー、齋藤飛鳥を彷彿とさせる無関心や無感動といった、現代人特有の瑕疵をカメラの前で映し出せるアイドルであり、グループアイドルとして売れるための構成要素、その要求の多くを満たす人物と云えるだろう。興味深いのは、渡邉理佐の作る日常の立ち居振る舞いが、グループの描く群像劇に対する裏切り行為に映らず、自我のひとつとして寛容され、グループアイドルの闘争を凌ぐ点である。演劇と歌唱の融和をアイデンティティとして成立させた欅坂46の中にあって、彼女は、舞台装置の上で歌唱を演劇へとすり替える行為、つまり「仮装」に応える資質を有し、さらにはアイドル=清楚という古典へ回帰したシーンのトレンドからも逸れないのだから、おどろく。まさに群雄の一人と呼べるだろう。だが、同時に、彼女は周到なイメージマネジメント戦略による成功モデルでもある。あるいは、ギニョールのいけにえ。欅坂46に所属するアイドルの特徴に、アポステリオリがある。少女たちが相互不理解に傾倒し、笑顔を放棄して沈黙の集団を作るのは、無碍を画く行為を容認する不気味な境遇に置かれている所為だ、と主張できるはずだが、渡邉理佐はこの偏向的な沈黙、つまりなにがしかの物語を語ることに対するある種の虚無感を少女たちがもつことの象徴と呼べるだろう。なぜなら、彼女の日常の立ち居振る舞いや仕草、そのほぼすべてがミニチュアの世界で作られた「西野七瀬」然としており、すなわち模倣品にすぎないからだ。

シンクロニシティに宿る奇跡の輝き、それを意識的に看過し、第二の「西野七瀬」を作らなければならない、という命題を身勝手に抱え込んだ作り手によって製造された初号機、つまりは自己模倣の結実が「渡邉理佐」である。あるいは、それは「小林由依」だったかもしれない。おそらく、彼女たちへの経験、試作、改良の繰り返しによって辿り着いたアイドルが「小坂菜緒」なのだろう。いずれにせよ、彼女たちの作る日常は、西野七瀬の物語とあまりにも酷似している。その安易なケレンに満ちた日常風景は、言葉の誤った意味におけるデジャヴュ(この光景を以前にも眺めたことがある、というお決まりの錯覚)に遭遇させ、我々ファンはアイドルの素顔を見失ってしまう。
渡邉理佐は、理想のアイドル像として、ファンとの距離感の喪失、素顔の露出をインタビューで語るが、これらの要件を満たす偶像こそ、まさに「西野七瀬」なのだからシニカルを禁じ得ない。しかしそれは、彼女を囲繞するマネジメントが如何に周到であったのかを裏付けてもいる。性格とは生活で作られるものだ。彼女に与えられたミニチュア的な日常の通過が、彼女の憧憬を「西野七瀬」という結論に導くのは当然の結実である。問題なのは、渡邉理佐を西野七瀬のような主人公と素直に扱うことがむずかしい点だ。主人公への業を背負うアイドルとは、体験的な信念や闘争を当たり前のように感得するが、渡邉理佐は、そのどちらも致命的に欠如しているようにおもう。なぜなら、すでに述べた通り、彼女が体験しファンの眼前で語る物語とは、すでに西野七瀬によってシーンのもっとも眩しい場所に大書された物語なのだから。与えられた境遇のなかでアイドルがどのように動くのか、そのアンガージュマンとしての答えがすでに提示されてしまっているのだ。よって、「渡邉理佐」をどれだけ読んでも、黄昏すら訪れない、虚空を掴むような感想しか出てこない。表紙を捲った瞬間に、様々な、未熟であり膨大な可能性を秘めた登場人物が右へ左へと動き回り、その中心に立つ主人公が困難や試練を乗りこえ希望を見出すといった、教養小説を土台とするグループアイドルだけに描くことが許された奇跡に、彼女の物語は遭遇させてくれない。
渡邉理佐と西野七瀬が響き合い、重なってみえる場面を探るとすれば、それは雑誌の表紙でもランウェイでもなく、ライブステージの上で自縄自縛的なイメージ戦略から解き放たれる瞬間、と云えるだろうか。ある意味ではデッドロックダンスであり、ある意味では逆襲の舞踏と呼べるこの光景は、換言すれば、現代のアイドルシーンに対するカリカチュアと呼ぶことも可能かもしれない。文芸とは、無数の流星群が予期不可能な空間に降りそそぎ、そのほぼすべてが地上に跡を残すこと無く燃え尽きる世界である。渡邉理佐の悲劇は、幸運にも現実世界から架空の世界=フィクションへ降り立つことを許可された少女の家郷となった箱庭が、少女だけのために用意された世界が、空調管理されたミニチュアであった点だ。渡邉理佐が現在のアイドルシーンのなかでトップクラスのライブ表現力を把持する理由は、イメージ戦略によって封じ込められた自我がステージ上で意思を勝ち取ったサイボーグのように揺き、束縛から解放されたと錯覚する少女の魂が、静止したミニチュアの世界で唯独り呼吸しているように映るからだ。渡邉理佐がもっとも栄え、もっともうつくしく見える場所、それはライブステージの上、スポットライトの下だ。
あるいは、少女の恍惚したこの横顔を「反動」と表現できるかもしれない。
欅坂46の「反動」の象徴として挙げられるアイドルとは、やはり、渡邉理佐の”つがい”でもあった志田愛佳だろう。志田愛佳と渡邉理佐、このふたりのアイドルが作る稚気こそ架空のミニチュア世界の空にヒビを入れる唯一の得物であったかもしれない。つまり、皮肉なことに志田愛佳の喪失とは、渡邉理佐の西野七瀬化を後押しするイベントでもあった、と云える。志田の欠落は渡邉理佐にアイドルを徹底的に演りきらせる決心を植え付けた、と言い換えても構わない。トップアイドルとは、道半ばにして倒れる仲間を見捨て光の射す方へ、幻想へ向き直る覚悟を迫られるのだから。彼女の踊りの内にはそのような決意が宿っているのだ。

「思ったよりも寂しくない 編」

ある長編小説の、あるいは、長編映画やテレビドラマの「チャプター2」のおもしろさのひとつに、「チャプター1」の物語を輪郭のない場所から編みあげてきた登場人物が、次のあたらしい物語において前作の面影を残しつつしかしこれまでとはまったく異なる行動選択をとる、より新鮮な素顔をもつ人物として再登場するという群像劇の誕生と成立がある。『思ったよりも寂しくない』の映像作品においてあたらしい主人公の肩に手を置く渡邉理佐の笑顔にはこれまでのどの物語にもない穏やかさがあり、素顔の描出と笑顔の物語化をみる。それは、過去の物語とは今をどう生きるかの指針にすべきものであって、こころの寄す処にすべきではないということを証しだてている。
表現行為の内には、何者かの代弁者になるという意味あいが含まれる。アイドルの場合、他者の感情つまり言語を自分の所有物へと塗り替える前に作品化しなければならない場合がほとんどだから、凡庸であればあるほど代弁者としての立場を強く固めてしまう。そういうフェーズに入ってしまったアイドルはやはりどこか退屈なのだ。自身の成長を前に、これまで没入を可能にしてきた楽曲が幼稚に感じてくる。だから楽曲に”入れない”、楽曲を表現できない、と語る渡邉のその姿勢は、表現行為を通して自我の獲得を試みる際に、目の前に置かれた言語を自己の所有物とするのか、あくまでも代弁者になりきるのか、アンビバレントの上を歩くアイドルの群像そのものと云えるだろう。しかし『思ったよりも寂しくない』においてはそのような葛藤が、むしろ問いかけ自体打ち消され、あらゆる束縛から解放されたような笑顔を渡邉は描いている。風に吹かれ、曇り空の下で両手を広げる彼女の横顔には、演劇に対する可能性、憧憬が一気にひろがり宿った感がある。

 

総合評価 68点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 15点

演劇表現 15点 バラエティ 8点

情動感染 15点

欅坂46 活動期間 2015年~

2021/04/01  再評価、加筆しました ライブ表現 14→15  演劇表現 14→15  情動感染 14→15

 

乃木坂らしさ とは

「乃木坂らしさ」 美しい「花」がある、「花」の美しさといふ様なものはない。 小林 ...

乃木坂46 掛橋沙耶香 評価

「ピカレスク・ロマン」 掛橋沙耶香、平成14年生、乃木坂46の第四期生。 『図書 ...

質問への返答 4

「最近注目しているアイドルは小越春花さんです」 「質問への返答」というタイトルで ...