欅坂46 渡邉理佐 評価

欅坂46

渡邉理佐 (C)non-no web/SHUEISHA

「ミニチュア」

渡邉理佐、平成10年生、欅坂46の第一期生。
グループの中核を担うメンバーの一人。西野七瀬的メランコリックや齋藤飛鳥的な無関心と無感動の仮装と、”売れる”アイドルの構成要素の多くを満たす人物である。興味深いのは、それらの資質がグループの描く群像劇に対し裏切りに映らず、自我のひとつとして寛容され、グループアイドルの闘争を凌ぐ点である。渡邉理佐は、演劇と歌唱の融和をアイデンティティとして成立させた筐体の中にあって、舞台装置上ですり替えられる仮装に応える資質を有し、しかもアイドル=清楚というジャンルらしさへの回帰からも逸れない、まさに群雄の一人と呼べるだろう。同時に、彼女は周到なイメージマネジメント戦略による成功モデルであり、ギニョールの生け贄でもある。欅坂46に所属するアイドルの多くはアポステリオリなキャラクター(リベラル)を作り上げており、彼女たちが相互不理解に傾倒するのは無碍を描くことが容認される不気味な境遇に置かれている所為だが、渡邉理佐はその偏向的な閉鎖の象徴と云えるだろう。
共時性が生む奇跡の輝きを意識的に看過し、第二の『西野七瀬』を作らなければならない、という命題を身勝手に抱え込んだ作り手によって製造された初号機が渡邉理佐である。「渡邉理佐」の経験、試作、改良の繰り返しによって辿り着いたアイドルが、きっと小坂菜緒なのだろう。彼女たちが作る日常は、西野七瀬の物語とあまりにも酷似している。文芸とは無数の流星群が予期不可能な空間に降りそそぎ、そのほぼすべてが地上に跡を残すこと無く燃え尽きる世界である。渡邉理佐の悲劇は、幸運にも現実世界から架空の世界=フィクションへ降り立つことが出来た彼女の家郷となった箱庭が、彼女のために用意された世界が、空調管理されたミニチュアであったことだろう。渡邉理佐が現在のシーンにあってトップクラスのライブ表現力を把持する理由は、イメージ戦略によって封じ込められた自我がステージ上で意思を勝ち取ったサイボーグのように揺き、束縛から解放されたと錯覚し、静止したミニチュアの世界で唯独り呼吸しているかのように映るからである。

距離感の喪失と素顔の提供を理想のアイドル像として渡邉理佐はインタビューで語るが、それらの要件を満たす偶像こそ、まさに『西野七瀬』であるのはシニカルを禁じ得ない。しかしそれは、彼女を囲繞するマネジメントが如何に周到であったのかを裏付けている。”生活”は”性格”をつくる。彼女に与えられたミニチュア的な日常の通過が、彼女の憧憬を『西野七瀬』という結論に導くのである。だが『西野七瀬』のように「主人公」を背負うアイドルとは体験的な信念や闘争を感得するが、渡邉理佐にはどちらも致命的に欠如しているように感じる。彼女の描く物語は黄昏すら訪れない虚空を掴むような印象を投げつける。渡邉理佐と西野七瀬が唯一重なってみえる場面は、雑誌の表紙でもランウェイでもなく、ライブステージ上で自縄自縛的なイメージ戦略から解放される瞬間であるのは、やはりアイロニーとしか云いようがない。その絵はシーンに対するカリカチュアと呼ぶことが可能だろう。ある意味ではデッドロックダンスであり、ある意味では逆襲の舞踏である。あるいは、その状態を「反動」とも表現できるかもしれない。

「反動」の象徴に渡邉理佐の”つがい”であった志田愛佳が挙げられる。志田愛佳と渡邉理佐、二人の少女が作る稚気こそ架空のミニチュア世界の空にヒビを入れる唯一の得物であった。つまり皮肉なことに志田愛佳の喪失とは、渡邉理佐の『西野七瀬』化を後押しする出来事でもあった、と云える。志田の欠落は渡邉理佐にアイドルを徹底的に演りきらせる決心を植え付けた、と言い換えても構わない。トップアイドルとは、道半ばにして倒れる仲間を見捨て光の射す方へ、幻想へ向き直る覚悟を迫られるのだから。

 

総合評価 68点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 16点

演劇表現 14点 バラエティ 9点

情動感染 14点

欅坂46 活動期間 2015年~

評価点数の見方