欅坂46 渡邉理佐 評価

欅坂46

渡邉理佐 (C)伊東祐輔/SHUEISHA

「ミニチュアの架空の雲」

渡邉理佐は欅坂46の中核を担うメンバーの1人である。ライブ舞台装置の上での演劇がアイデンティティとなった欅坂46にあって、その演劇(ダンススキル)への期待に応える資質と、乃木坂46が復活させたアイドル=清楚というジャンルへの要望も満たす”逸材”である。同時に、彼女は周到なイメージマネジメント戦略による成功モデルであり、犠牲者でもある。欅坂46に所属するアイドルの多くは、アポステリオリなキャラクターの持ち主であり、ディスコミュニケーションに傾倒している、渡邉理佐はその”閉鎖”を象徴する人物と云える。一流と呼ばれるアイドルには、主人公には、「体験的な信念」や「矜持」が備わっていなければならないが、デビューしてから現在までの渡邉理佐には、そのどちらも致命的に欠如しているように感じる。黄昏すら訪れない、無機質で虚空な物語、とでも云えばよいだろうか。アイドル界(文芸)とは無数の流星群が予期不可能な空間に降りそそぎ、そのほぼすべてが地上に跡を残すこと無く燃え尽きてしまう世界である。彼女の悲劇は、彼女が現実世界から別の世界へ踏み込み、最初に遭遇をした世界が(用意された世界が)空調管理されたミニチュアな世界であったことだろう。彼女のライブパフォーマンスが現役アイドルのなかでトップクラスの表現力を誇る理由は、イメージ戦略によって封じ込められた自我がステージ上で意志を勝ち取ったサイボーグのように揺き、束縛から解放され、静止したミニチュアの世界で唯独り呼吸するからである。

第二の西野七瀬を作らなければならないという命題を身勝手に抱え込んだ”グループ”によって製造された第一号機が渡邉理佐である。距離感の喪失と”素顔”の提供を理想のアイドル像として、彼女はインタビューで語るが、その偶像こそ、まさに西野七瀬であるのは、シニカルを禁じ得ない。しかし、それは、彼女を囲繞したマネージメントが如何に周到であったのかを、証明している。”生活”は”性格”をつくるのである。彼女が無意識の内に西野七瀬を偶像としているのは、与えられた、用意された日常によって、そのような結論にたどり着くように仕向けられたからである。渡邉理佐と西野七瀬がもっとも重なってみえるのが、雑誌の表紙でもランウェイでもなく、ライブのステージ上で自縄自縛的なイメージ戦略から解放される瞬間であるのは、なによりも、皮肉な現象である。ある意味では、デッドロックダンスであり、ある意味では、逆襲の舞踏である。それは、「反動」と云えるかもしれない。志田愛佳との交錯によって、訪れた顛末によって、彼女はミニチュアの世界にぽっかりと浮かぶ空扉に手をかけることになった。反動への胎動を明らかにすることになった。その”ゆれ動き”は自身の枠組みを壊し可能性の幅を押し広げる、自己超克への猶予期間と云えるかもしれない。

渡邉理佐が標榜する、ニル・アドミラリという思想、姿勢は、それが彼女に後天的に備わった自己防衛システムであるのは明らかだが、ステージ上だけではなく日常においても、心の重い闇を裸にして、無関心や無感動を置き去りにするような立ち居振る舞いを見せ、それをファンに切り取らせるような試みができれば、今いる場所とはちがう、次の、別の世界への扉がひらけるはずだ。

 

総合評価 71点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 16点

演劇表現 14点 バラエティ 12点

情動感染 14点

欅坂46 活動期間 2015年~

評価更新履歴
2018/11/24 再批評 加筆しました
2018/11/26 情動感染 13→14 バラエティ 11→12

評価点数の見方