乃木坂46 西野七瀬 評価

西野七瀬 (C)マイナビニュース

「圧倒的な人気と表裏一体の脇の甘さ」

大変な人気者である。前代未聞と云ってもよいのではないか。西野七瀬は現代アイドルとして最高の実力者であり、きわめて恵まれた境遇の持ち主、強い星の下に生まれた果報者と云えるだろう。ビジュアルについては、グループアイドル史のなかにあたらしい系譜をつくり、あらゆる場面で素顔という”普段着”をさらけ出す彼女の姿形は、まさしく日常の写実であり、その物語の圧倒的な厚みは時代と共に失われ眠ったままでいたアイドルの”成長共有”というコンテンツを覚醒させ、希望の光を描いた。生田絵梨花と並び、アイドル界にとっての功労者と呼べる。

…川端は、多くの失敗作を残しているのと同時に、計算では作りえない、不作為の、恐るべきヴィジョンを作りだす。そのヴィジョンを、端的に、徹底したニヒリズムの世界と呼ぶことは可能だろう。ここではすべてが現実であり、すべてが仮想である。…川端にとっての「美」とは、鑑賞者が名画を前にして当然のように発見して見せる「美」などというものではなくて、炎の明るさに引かれて近寄った蛾が、みずからその鱗粉を焼きながら身もだえする時に出現させるような妖しさである。

福田和也/ろくでなしの歌「川端康成」

西野七瀬が描く、センターポジションへの宿命と対峙するストーリーは現代アイドル史において最高到達点と云える。自身を主人公とする物語への逃れられない”業”に向ける彼女のメランコリックと「ニヒリズムの世界」=素顔は、ライブ舞台装置の上、カタルシスへの期待感が満ちる非日常的な暗がりを通過すると姿を消している。仮構の中央に立ち、「青白い輝き」に投射されると、日常の地平から遊離するように自身が纏う内向の衣服さえも脱ぎ捨てる。西野七瀬の「美」とは、これまでのアイドルファンが、これまでのアイドルを「前にして当然のように発見して見せ」た手放しに称賛される美しさなどではなく、まさに”「炎の明るさに引かれて近寄った蛾が、みずからその鱗粉を焼きながら身もだえする時に出現させるような妖しさ」”であり、くるくると弧を描きながら成熟に到達する喪失を放胆に曝し、”この”ステージの上で踊る西野七瀬こそ、生来の『西野七瀬』ではないか、とファンに覚らせる。

(アイドルとして暮らす)日常の仕草に内気とお転婆が同居する倒錯した”素顔”。彼女の素顔に違和感を覚える「鑑賞者」も少なくはない。日常の仕草を切り取った”断片”一つでショートムービーを成立させてしまう彼女の素顔。それが「計算では作りえない、不作為」の物語なのか、判断に逡巡する。例えば、”ひとりぼっち”のラジオで涙を流したかと思えば、エリマキトカゲを鷲掴みにしながら嗤っている、イチゴに噛み付く仕草に恥じらいをみせたかと思えば、『ヤッホー』と貫通力のある声を唐突に張上げる…、そのような、あまりにも無防備で倒錯した立ち居振る舞いに、観客は当惑するのだ。だが、この隙きをみせる仕草が招く脇の甘さ=身近さこそ、彼女が他者を魅了し、グループアイドルとして前代未聞とも云える数のファンを獲得した最大の要因である。架空の世界で起こった出来事であるのにもかかわらず、現実世界に生きる”彼女”の素顔を発見したと妄執させる西野七瀬の立ち居振る舞いは、「鑑賞者」に多様なアプローチを取ることを可能にし、沸点が低くなった未成熟なカタルシスへと到達させるように心を揺さぶる。西野が縦横に作る不完全の結晶、平易に云えば”性格の矛盾”は常にヴァルネラブル=ウィークポイントとして顕在し、垂涎の的になると同時に、口撃の的になっている。しかし、そもそも人の性格とは、立場がもたらす生活によって変化するものである。

調布市の北の隅、野川のそばに、永観寺というお寺がある。そこには阿修羅像が納められている。小山嘉崇とかいう名前の仏像職人…が作ったものらしい。
小山嘉崇はその辺でも有名な悪ガキだったらしくて、親がぶちキレてその永観寺に放り込んだらしかった。そこでまあ色々あってか、小山嘉崇は真人間になって、仏像を作り出したというお話。
でも私が思うに、仏像作りへの興味の方が、真人間になるよりも先行してたんじゃないかな。仏像綺麗。仏像作ってみたい。作ってみたら楽しい。一生懸命やる。なんか真人間みたいに見える。実際に真人間っぽくなる。皆自分が真人間だと言うし、なんかそっちの方が暮らしやすいから、そういう風に生きる。本物の真人間かどうかなんて疑問が意味を失う。

舞城王太郎/「阿修羅ガール」

西野七瀬も同じだったのではないか。人として未成熟であっても、アイドルとしては成熟している。マカオタワーからのジャンプは、もう一つの別の世界(虚構)へ移動するための”ジャンプ”であった。創造する行為とは、なにかを”発見”することである。『気づいたら片想い』のミュージックビデオで演じた、虚構の中で呼吸をする”もう一人の自分”。そこで暮らす”西野七瀬”が身に纏っていた儚さとの遭遇。それを発見した人々は、儚さこそが彼女の生来の資質だと云うから、扱うから、彼女も”そういう風に生きる”。そういう風にアイドルを演じていく。カンバスに投げ付けた絵の具が偶像になる。”本物の真人間かどうかなんて疑問が意味を失う”。この”なりきる”という点においても、西野七瀬は現代アイドルの最高到達点と云える。

「無頓着」

この部屋の外で、あの窓の向こうで、黒い巨大な鳥が飛んでいるのかも知れない。黒い夜そのもののような巨大な鳥、いつも見る灰色でパン屑を啄む鳥と同じように空を舞っている黒い鳥、ただあまり巨大なため、嘴にあいた穴が洞窟のように窓の向こう側で見えるだけで、その全体を見ることはできないのだろう。僕に殺された蛾は僕の全体に気付くことなく死んでいったに違いない。

村上龍/「限りなく透明に近いブルー」

おそらく、西野七瀬は、自身が周囲に与える夢=影響力と、現代アイドルを囲繞する、堆く積み上がられていく産業の価値、全体像がまるでつかめていないのだろう。素顔をみせる西野七瀬だが、ある閾に達してからは、ファンは、あるいは西野七瀬本人ですら、もはや、どれが本物の”素顔”なのか、まったくわからなくなってしまったのではないか。どこからがアイドル『西野七瀬』で、どこまでが西野七瀬なのか、嘘の裏側に用意した真実そのものを見失ってしまったのではないか。アイドル(文芸)という架空の世界、その虚構と現実の入り口が重ねられてしまった。「すべてが現実で」、「すべてが仮想」。ある日、彼女は、遭遇した奇跡の一つひとつを想い返し、歓喜する仕草を以前のようには他者にさらけ出せない”躊躇”を抱えている自分を発見する。闘争への倦み、可憐の変化。”帰り道は遠回りしたくなる”自分が居ることを強く自覚するようになった。遭遇した奇跡よりも、遭遇できたかもしれない奇跡を思い描くようになった。ライブステージの上でも日常のメランコリックを引き摺り込むようになった。素顔を溢す、天性のアイドルと確信させる冠絶した立ち居振る舞いは、彼女への声量が増すにつれて、無頓着という矛盾を孕むことになった。”人の性格とは、立場がもたらす生活によって変化する”。無頓着には、もちろん、自覚など内在しない。アイドル本人に自覚がないのであれば、やはり、責任も生じない。西野七瀬が自身の”行い”に責任を感じることは、もうない。”圧倒的な人気と表裏一体の脇の甘さ”。”全体”に殺される蛾という儚さは変わらないが、前田敦子がアイドルの、女王の”そのさき”にある俗物を描いたのに対し、アイドル(幻想と妄執)に”なりきる”西野七瀬の”そのさき”が無頓着であったことは、グループアイドルの主流になりつつある彼女の物語と遠く響きあう、間断なく作り出される少女たちの青春犠牲の上に成り立つ物語の結論を指し示した、と云えるだろう。

 

総合評価 90点

アイドル史に銘記されるべき人物

(評価内訳)

ビジュアル 18点 ライブ表現 18点

演劇表現 17点 バラエティ 17点

情動感染 20点

乃木坂46 活動期間 2011年~ 2019年

引用:「」福田和也/ろくでなしの歌「川端康成」

2019/02/05  再評価、加筆しました

評価点数の見方