乃木坂46 帰り道は遠回りしたくなる 評価

乃木坂46, 楽曲

帰り道は遠回りしたくなる ジャケット写真 (C) 乃木坂46

「ここではないどこかへ」

ミュージックビデオについて、

描かれた過去の分岐、夢との邂逅は批評の映像化と言える閾に踏み込んでおり、まず、西野七瀬というアイドルの抱える批評空間への原動力を再認識させられ、膨大な考察、検証の余地の提出に再び驚かされる。
「帰り道は遠回りしたくなる」のミュージックビデオのなかで書かれた物語、バスに向かって走る西野七瀬とは、作家の想像力によって創り上げられたアイドルの西野七瀬とアイドルにならなかった西野七瀬であり、言うまでも無く、どちらの「西野七瀬」も完全なフィクションである。つまり現実世界に生きる、我々ファンが日常的に眺める西野七瀬の安易な描出はなされていない。いや、描こうとしていない。だが、ミュージックビデオの世界内における、アイドルにならなかった西野七瀬が、まるで”本当”の、こちら側の世界で生きる西野七瀬の素顔のように錯覚できるのはなぜだろう?それは、おそらく、我々が生きる現実世界でアイドルになった西野七瀬からあたえられた日常、それを作家が鮮明に写実し、かつ、こちら側に生きる現実のアイドル・西野七瀬を、あくまでもウソ=フィクションとして扱ったからだ。人は、巧妙に仕組まれたウソの世界を目撃したとき、否応なく、そこに隠された真実を探し求めてしまう。そして見事に発見した真実は、まさしく奇跡との遭遇であり、私たちにとってかけがえのない宝物、真理となる。アイドルの場合、この真理が「アイドルを演じる少女の素顔」であるのは説明するまでもない。
批評とはフィクションである。ミュージックビデオという仮構の底にアイドルへと向けた批評(フィクション)を落とし込む行為は、乃木坂46が映像作品を通してグループのモノグラフを書く行為を自立させ、アイデンティティの確立に成功した決定的要因でもある。

岐路をカルマとしてではなく運命とした点に作手のイノセンスを感じるものの、アイドルを志した人間がどのような笑顔をつくるのか、つくっていくのか、その伝統への過程をしっかりと描写できている。つまり、笑顔がテーマにあり、こちら側ではない、もうひとつの別の世界、別の物語ではみせなかった笑顔の要求がある。この要求がなされた時点で、アイドル・西野七瀬は、現実と仮想、そのどちらにも立っておらず、その佇まいからは、途方に暮れるような広大な検証余地が提出されるため、感興を覚える。アイドル史に銘記されるべき人物に”ここではないどこか”でつくれたかもしれない笑顔を要求する所業。所謂、仮定法過去の実践である。「ひとの人生は、過去になしとげたこと、現在なしとげていること、未来でなしとげるかもしれないことだけではなく、過去には決してなしとげたことがなかったが、しかしなしとげられる『かもしれなかった』ことにも支えられている。そして生きるとは、なしとげるかもしれないことのごく一部だけを現実になしとげたことに変え、残りすべてを、つぎからつぎへと容赦なく、仮定法過去のなしとげられる『かもしれなかった』ことのなかに押し込めいていく作業だ。そして、そのなしとげられる『かもしれなかった』ことの貯蔵庫は、じつに大きく重くなってしまう。つまり、過去よりも仮定法過去のほうが、存在した過去よりも存在しなかった過去のほうが大きく重くなってしまう。だからひとは憂鬱になる。そして、その憂鬱からは、わたしたちがひとつの人生のなかでどれだけ成功し、どれだけ幸せを掴んだとしても決して逃れることはできない」(*1)。存在しなかった過去=虚構と現実の交錯は、アイドルにとってはアイデンティティの確立過程となる。「合格」を前に同時に咲った二人。徐々にメランコリーに傾倒するアイドルと、その憂鬱に憧れを抱いて行く西野七瀬。両者はなしとげられるかもしれなかった人生を想う。日常の過去がアイドルとしての過去を上回る。”帰り道は遠回りしたくなる”。やがて、ライブ空間という非日常の中で二人は再会する。だが、そこで起きる交錯を自我の確立と呼ぶのは安易かもしれない。二個のフィクションが交錯することによって、映像の中から、アイドルという虚構の中から、「西野七瀬」が現実の世界にはじき出されたのだから。

歌詞、楽曲について、

クリシェを意識的に看過し、サンプリングや語彙のブレイクを駆使することによってグループアイドルの通史に対する責任を果たしていると評価できるが、「ハルジオンが咲く頃」、「サヨナラの意味」以降、写実と普遍のバランス感覚の欠如が顕著であり、「帰り道は遠回りしたくなる」で書かれた詩の上を歩く西野七瀬を目撃することは叶わない。秤が倒れた方向が「普遍」であったのはショービジネスを眺めるアクチュアルな誘引なのか、それともアイドルの卒業に対する倦みなのか知らないが、何れにせよノーブレス・オブリジェの放棄に映ってしまう。望む望まないにしろ、これからも、これまでと同様にアイドルは虚構の空に浮かぶ扉を開きつづけるのだから。つまり、自家撞着をどこまで受け入れることができるのか、アイドルに対するメメント・モリを握りつづけることができるのか、という壁が作詞家・秋元康の前に立ち現れており、大衆の関心や視野もそちらに向けられつつある、ということだ。
この歌詞が大多数のアイドルファンに響かないのであれば、その理由はアイドルの卒業に対する概念、あり方そのものが変化した所為だろう。「アイドルとの成長共有」、このコンテンツを復活させた西野七瀬が最後にその現象に囚われてしまったのは当然の結実と云えるのだが。

 

総合評価 82点

現代のアイドルシーンを象徴する作品

(評価内訳)

楽曲 16点 歌詞 15点

ボーカル 14点 ライブ・映像 19点

情動感染 18点

引用:(*1)東浩紀 「クォンタム・ファミリーズ」

歌唱メンバー:斉藤優里、井上小百合、佐藤楓、大園桃子、伊藤理々杏、新内眞衣、高山一実、衛藤美彩、秋元真夏、堀未央奈、若月佑美、星野みなみ、桜井玲香、松村沙友理、梅澤美波、山下美月、齋藤飛鳥、西野七瀬、白石麻衣、生田絵梨花、与田祐希

作詞:秋元康 作曲:渡邉俊彦 編曲:渡邉俊彦、早川博隆

評価点数の見方