欅坂46 黒い羊 評価

楽曲, 欅坂46

(C)黒い羊ジャケット写真

「全部 僕のせいだ」

歌詞、楽曲について、

平手友梨奈と大衆、という構図の輪郭を描き出した作品。「サイレントマジョリティー」発表以後、常に不吉な揺れを伝えていた胎動の結実を抽出したという意味では、グループを岐路へ、あるいは隘路の入り口へと踏み込ませた楽曲と云えるかもしれない。おもしろいのは、平手友梨奈と対峙する大衆の中には、彼女の仲間でもある、欅坂46のアイドルたちも含まれている、とつよく感じる点だろうか。青春の犠牲を受け入れ、本物の無垢が描出する深刻さを表現しようと試みるひとりの主人公。しかし彼女の思い入れ、幻想への没入は仲間たちに感染しない。その思想純度の高さゆえに、主人公は孤閨を握りしめ、「教室」に自分の居場所がないことを知る。たしかに、感興のある詩的世界が記されているようにおもう。
だが、やはり、楽曲に定めたテーマが一本調子にも感じる。平手友梨奈を囲繞する揶揄や妄執に対する明確な比喩、当て擦りが陳腐にみえ、感興をそぐ理由は、差し出された詩情が、グループがこれまでに物語ってきた定形に対する反動、その収斂ではなく、安易な模倣に映るからである。この点からも、「サイレントマジョリティー」発表後、「世界には愛しかない」「二人セゾン」「ガラスを割れ!」「アンビバレント」、と自己の超克を成し遂げてきたグループが、はじめて隘路に踏み込んだ瞬間と云えるだろう。
さらに云えば、「黒い羊」が提出されたことによって「世界には愛しかない」が「黒い羊」と「二人セゾン」の止揚であった事実が立ち現れてしまった。これは、やはり、アイロニーと呼ぶべきだろうか。欅坂46のアイデンティティはアイロニーにある。彼女たちを通過して発せられるメッセージは、活力ではなく悔悟を与える。彼女たちは、”夢”を諦めた選択を後悔させるアイロニックなアイドルである。もちろん、「黒い羊」は回帰でも転向でもなく、逆転であり、今後、欅坂46は「世界には愛しかない」の達成から構成要素の抽出を繰り返して行くのだろうという予感を拭うことはむずかしい。つまり、通史ではなくモノグラフを書くことでのみアイドルグループの延伸が可能になる、という状況に少女たちは追い込まれてしまったのではないか。それは、全部、誰のせいなのだろうか。なぜ、「二人セゾン」によってファンの眼前に広がった詩的世界、その季節の匂いを模倣対象にしてこなかったのか。きっと、この問いにグループの瑕疵がある。
生活が性格を作るように、アイドルを演じる少女たちは、作詞家・秋元康からあたえられる詩的世界を通してアイドルの性格を作る。つまりは、「サイレントマジョリティー」や「不協和音」の主人公と「二人セゾン」の主人公とでは、おおきな隔たりがある、ということだ。なぜ、「二人セゾン」で描いた”季節の記憶に囲繞される僕”をグループの歴史上に再登場させないのか。それはおそらく、「二人セゾン」で描いたフィクション、これがあまりにも偶発的で、遭遇的な奇跡をはらみ、再現性の低さを作り手に自覚させるからだろう。だから、そのままひとつの、完結した奇跡として保存することを選択させる。この道程は、欅坂46の所属する少女たちの性格を決定づけると同時に、作り手がリメイクという妥協におくられるであろうクリティークに立ち向かうスタミナ、タフさを有さないことの自白にもみえる。

ミュージックビデオ、ライブパフォーマンスについて、

唄うこと、踊ること、演じることへの「放棄」を仮装している。仮装仕掛けであるから、実際にはそのなかのどれ一つも無残な廃棄はされていない。むしろ、破棄されたのはアイドルの物語性である。アイドルのジャンルらしさに対する希求に譲歩などせず、グループの描いた歴史に一歩もゆずることをせずに、個の要素を完全に独立化し、固い枠組みを打ち付け屹立させている。欅坂46の、アイドル間で恒常化された他者へのパラサイトを無効化している。だから、それぞれが鮮明に光り輝いて見える。”彼女”は完全に唄っているし、完全に踊っている。だが、そこにあるのは廃墟の屋上で悶え、のたうつ演劇のみである。スリリングな展開を裏切るようにアイドルの「移動」は堂々に巡り、周到に用意された「落下」へは結実しない。空疎、つまり、「時間」の要素を完全に排除した結果、観者は目に映る光景に惑わされるのだ。このアイドルは、唄っていないし、踊ってもいない、と嘲笑う。楽天的な動揺が与えられる。だから、アイドルを演じる少女の没入や思い入れは感染しない。これまでに振り切ることができなかった大衆を削ぎ落とす、という目的ならば、もちろん、それは達せられた。

 

総合評価 74点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 16点 歌詞 16点

ボーカル 16点 ライブ・映像 17点

情動感染 9点

引用:見出し 秋元康  / 黒い羊

歌唱メンバー:鈴本美愉、長沢菜々香、尾関梨香、長濱ねる、渡辺梨加、上村莉菜、齋藤冬優花、織田奈那、菅井友香、渡邉理佐、守屋茜、土生瑞穂、小林由依、石森虹花、平手友梨奈、小池美波、佐藤詩織

作詞:秋元康 作曲:ナスカ 編曲:ナスカ

 

NGT48 對馬優菜子 評価

「思いの強さが通じる」 對馬優菜子、平成13年生、NGT48のドラフト3期生。 ...

乃木坂らしさ とは

「乃木坂らしさ」 美しい「花」がある、「花」の美しさといふ様なものはない。 小林 ...

乃木坂46 掛橋沙耶香 評価

「ピカレスク・ロマン」 掛橋沙耶香、平成14年生、乃木坂46の第四期生。 『図書 ...