欅坂46 黒い羊 評価

楽曲, 欅坂46

(C)黒い羊ジャケット写真

「全部 僕のせいだ」

・歌詞、楽曲について、

設定された命題そのものはシリアスでありながら前後に長い距離感を把持しており、語彙の再登場と再利用はグループアイドルというコンテンツの存在理由を満たすが、激しく巡る時代の移行にはとても耐えられそうにないワード選択、あやまちがあり、それが致命的な甘えに映ってしまう。純愛小説の登場人物が唐突にトレンド政治を語るような写実的倒錯が回避されておらず、演劇詩情に対する美意識が欠如している。欅坂46というグループ、平手友梨奈を囲繞する揶揄や妄執に対する明確な比喩(当て擦り)が陳腐に感じられ感興をそぐ理由は、置かれた歌詞がグループにこれまで描かせてきた反動の収斂ではなく、安易な自己模倣でしかないと確信させるからである。この点から、「サイレントマジョリティー」発表後、「世界には愛しかない」「二人セゾン」「アンビバレント」と自己の超克を成し遂げてきたグループが”はじめて”隘路に踏み込んだ瞬間、と云える。「黒い羊」が提出されたことによって「世界には愛しかない」が「黒い羊」と「二人セゾン」の止揚であった事実が立ち現れてしまったことは、やはり、アイロニーと呼ぶべきだろうか。欅坂46のアイデンティティはアイロニーにある。彼女たちを通過して発せられるメッセージは、活力ではなく悔悟を与える。”夢”を諦めた選択を後悔させる。アイロニックなアイドル。もちろん、この楽曲は回帰でも転向でもなく逆転であり、今後、欅坂46は「世界には愛しかない」の達成から構成要素の抽出を繰り返して行くのだろうという不吉な予感が拭えない。つまり、通史ではなくモノグラフを書くことでのみグループアイドルの延伸が可能になる、という状況に追い込まれた、と云える。それは、全部、誰のせいなのだろうか。何故、「二人セゾン」で作られた領域を模倣対象にしないのか、それは、「二人セゾン」で描いた仮構が偶発的な奇跡との遭遇をはらみ、あまりにも低い再現性を自覚させ、そのままひとつの完結した奇跡として保存することを選択させるからだろう。この道程は、作手がリメイクという妥協におくられるであろうクリティークに立ち向かうスタミナ、タフさを有さないことの自白になっており、グループが抱える戦略面においても今後の展望が見出し難く、その観点からも隘路に入った、と表現できる。

・ミュージックビデオ、ライブパフォーマンスについて、

唄うこと、踊ること、演じることへの「放棄」を仮装している。仮装仕掛けであるから、実際にはそのなかのどれ一つも無残な廃棄はされていない。むしろ、破棄されたのはアイドル個々の物語性である。アイドルのジャンルらしさに対する希求に譲歩などせず、グループの描いた歴史に一歩もゆずることをせずに、個々の要素を完全に独立化し固い枠組みを打ち付け屹立させている。欅坂46の、アイドル間で恒常化された他者へのパラサイトを無効化している。だから、それぞれが鮮明に光り輝いて見える。彼女たちは完全に唄っているし、完全に踊っている。だが、そこにあるのは廃墟の屋上で悶えのたうつ演劇のみである。スリリングな展開を裏切るようにアイドルたちの「移動」は堂々に巡り、周到に用意された「落下」へは結実しない。空疎、つまり、「時間」の要素を完全に排除した結果、観者は目に映る光景に惑わされるのだ。このアイドルは、唄っていないし、踊ってもいない、と嘲笑う。楽天的な動揺が与えられる。アイドルを演じる少女たちの没入や思い入れは感染しない。これまでに振り切ることができなかった大衆を削ぎ落とす、という目的ならば、それは達せられた、と評価できる。

 

総合評価 76点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 18点 歌詞 17点

ボーカル 16点 ライブ・映像 16点

情動感染 9点

歌唱メンバー:鈴本美愉、長沢菜々香、尾関梨香、長濱ねる、渡辺梨加、上村莉菜、齋藤冬優花、織田奈那、菅井友香、渡邉理佐、守屋茜、土生瑞穂、小林由依、石森虹花、平手友梨奈、小池美波、佐藤詩織

作詞:秋元康 作曲:ナスカ 編曲:ナスカ

引用:見出し 欅坂46/秋元康 「黒い羊」

評価点数の見方