欅坂46 長濱ねる 評価

欅坂46

長濱ねる1st写真集 ここから (C) 細居 幸次郎 /講談社

「トンネルの彼方へ」

長濱ねる、1998年生、欅坂46の1.5期生であり、日向坂46の前身、”けやき坂46”の唯独りのオープニングメンバー。
現代アイドルとして、すべての分野においてトップクラスの実力を兼ね備えた人物。まず、地頭が良い。語彙力が豊富であり、文章が巧い。彼女の描写は自身が作る
アイドル像の輪郭をなぞるようにスマートで障害物を置かない。映像世界で作る演劇だけでなく、バラエティショーでの一挙手一投足にも不快感を観者に投げつけることはせず、清涼な雰囲気を放つ。まるで洗練された都会の街路樹を見上げながら散歩しているような心地に浸らせる、なんともエリート感の漂うアベニューなアイドルである。しかもそれでいて曇り空の海岸で赤い傘をさすような翳りもある。坂道シリーズの発足以降に誕生したアイドルの中では間違いなく最高の”逸材感”の持ち主と云えるだろう。眠れる美女として保存しておくことすら許されない「長濱ねる」の抱える”全能感”は、高井つき奈のように情動の発揮から他者を眩暈させ、正しい決断を下せない状態に追い込んだ。その結果、長濱自身も趨勢や運命に翻弄され、架空の世界の「空扉」を開く際は常に独りであった。だが、”ひらがなけやき”から”漢字欅”への移動、1.5期的な役割を「必然」にすり替える立ち回りを見てわかるとおり、彼女はどのグループでも、どのポジションに配置しても、どんな境遇においても、身勝手に抱かれる期待を裏切らない成果を持ち帰る稀有な資質の持主であり、ファンに対し心強い励ましや心地の良い夢を与えつづけた点は看過できないだろう。情報の囲繞や闘争との対峙に敗れはしたものの、デビューから卒業まで、一貫して、グループアイドルとしての魅力が色褪せなかったのだから称賛に値する。

青木は勉強のよくできる男でした。大抵は一番の成績を取っていました。僕の通っていたのは男子ばかりの私立校だったんですが、彼はなかなか人気のある生徒でした。クラスでも一目置かれていたし、教師にも可愛がられていました。成績は良いけど決して偉ぶらず、さばけていて、気楽に冗談なんかも言うって感じです。それでちょっと正義漢みたいなところもあって…。でも僕はその背後にほの見える要領の良さと、本能的な計算高さのようなものが鼻について、最初から我慢できなかったんです。具体的にどういうことかと言われても困ります。具体的な例のあげようがないわけですから。ただ僕にはそれがわかったんだとしか、言いようがありません。僕はその男が体から発散するエゴとプライドの匂いが、もう本能的に我慢できませんでした。誰かの体臭が生理的に我慢出来ないのと同じことです。青木は頭のいい男でしたから、そういう匂いをたくみに消し去っていました。だから多くの級友は彼のことをなかなか良いやつじゃないかという風に考えていました。僕はそういう意見を耳にするたびに(もちろん余計なことは何も言いませんでしたが)なんだかすごく不快な気分になったものでした。

村上春樹 / 沈黙

田舎での未来を窮屈に感じ、親の反対に逆らい上京、そしてスターになる。こういった経緯、物語は陳腐ではあるが、実存するエピソードでもある。例えばレイモンド・カーヴァーや、ブルース・スプリングスティーンが代表する「アメリカの小さな町」からの脱出。「こんなことをして人生を終えたくない」というイデオロギー。長濱ねるが設定した物語、メッセージも彼らと似ている。決定的に違うのは、その成し遂げたことへの、達成感への捉え方だろう。レイモンド・カーヴァーはこれを純粋な奇跡として捉え、謙虚さを失わずに、実直な生活感覚を失わない資質があった。長濱ねるは、自身のこれまでのストーリーにどれだけ「奇跡」を感じているのだろうか?彼女の演じるアイドルの後姿は”当然の成り行き”にしか見えない。彼女は風に吹かれて飛びまわるシャボン玉を奇跡の遭遇と捉え、それを真実の魔法として描写することができるだろうか?

アイドルを演じるという行為は、ここではない別の世界=虚構を作り上げる作業である。虚構とは嘘を吐く行為であるが、「事実を自分の都合のいい方向にねじ曲げるための嘘」ではない。「かつて、戯作者近松門左衛門は『真実は虚実皮膜にあり』」と云った。アイドルの演技とはファンに真実(素顔)を伝えるための嘘(フィクション)である。少女たちが日常を演じることで、ファンはトレーに載せて差し出された嘘の中から少女たちの素顔を発見しようとする。少女の立ち居振る舞いや仕草から偶然拾い上げた物語こそ、自身が応援するアイドルの真実だと妄執する。だから、アイドルに没入できるのだ。しかし、長濱ねるが作り上げる虚構の中には、彼女が伝えたいと想う真実など存在せず、むしろ彼女が作り出す架空の世界は、伝えるべき真実が生まれた際にそれを隠蔽するための嘘として準備されている。彼女の物語を手にする読者は”嘘の先にある真実”に到達するという体験に、奇跡に遭遇できない。それが避けがたい致命的な裏切りに映る。つまり、このような疑問や不信感を抱いてしまう心理こそ、長濱ねるの完結性やエリート感に対する通俗的な嫉妬であり、情動に外ならないのだろう。長濱ねるのようなトラジックヒロインを描きつづける人物への批判は、彼女の物語に感涙した大衆に袋叩きに遭うリスクをはらむ。しかし、やはりそれでも、長濱ねるというアイドルが作る笑顔の裏には、どうしても隠しとおせない”体臭”があると、彼女に対する批評空間(フィクション)を作る人間は、彼女の全能感に振り回され疲弊した人間は確信してしまうのだ。(*1)

長濱ねるの物語を読むと、アイドル史に名を残すアイドルまであと一歩といったところか。しかし、あと一歩というのは実は一番遠い距離でもある。出口の光に向かって真っ暗闇のトンネルのなかを走り抜けようとするときみたいに、ながく遠い。トンネルの暗がりのなかで唐突に打ち切られた彼女の物語は、その虚構を再訪するファンを、架空の世界の扉を開くその度に悲観と深憂で支配することだろう。

 

総合評価 75点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 14点

演劇表現 15点 バラエティ 15点

情動感染 15点

けやき坂46、欅坂46 活動期間 2015年~2019年

引用:(*1) 「」福田和也 / 福田和也の文章教室

評価点数の見方