欅坂46 菅井友香 評価

欅坂46

 

「自分がもらったものを分け合うドラマ」

 

「お嬢様」をモチーフにしたキャラクター設定はキャッチーであり、好感触である。生田絵梨花の「ドイツ生まれ、特技はピアノ」というインパクトには及ばないものの、お嬢様を掲げるアイドルの大半が活動過程でそのイメージが破砕し、失敗に終わる現状に鑑みれば、菅井友香のお嬢様感というのは成功の範疇といえるだろう。武藤十夢のようにダークなイメージが付着したらアイドルとしては致命的である。菅井の場合は、そのビジュアルからファンが能動的にイメージするアイドル像とキャラクター設定がマッチしている点が大きな成功要因だろう。場面に応じて表情に翳りをつくることが可能なのも、ひとつの才能と云える。まるで、スタンダールの恋愛小説に登場してきそうな雰囲気をもつアイドルである。キャプテンとしての自覚からか、アイドルとしての矜持もそれなりに高い。

アイドルシーンにも政治があり、政治力が問われる。菅井友香は欅坂46のキャプテンである。
横山由依の項でも述べたが、統括ポジションに立つ人間が陥りやすい罠として、過剰な味方への賛辞、配慮がある。政治的な面が色濃く出すぎると、ファンは空想の翼をもぎ取られてしまうのだ。政治とはなによりもバランス感覚であり、安易にどちらか一方に依存するというのは、妥協でしかない。菅井友香にも残念ながらこの妥協策への傾倒がみられる。

 

政治とは、小林秀雄によれば、「ある職業でもなくある技術でもなく、高度な緊張を要する生活」であるという。消化器系が弱くうまれてなくても、弱くなるほどのストレスの連続なのだ。この状態を生き抜くのに必要な資質は、第一に、自らの能力の限界を知ることもふくめて、見たいと欲しない現実までも見すえる冷徹な認識力であり、第二には、一日一日の労苦の積み重ねこそ成功の最大要因と信じてその労をいとわない持続力であり、第三は、適度の楽観性であり、第四は、いかなることでも極端にとらえないバランス感覚であると思う。 (塩野七生「ローマ人の物語Ⅵ」)

 

菅井の場合はどうであろうか。第一の条件を自我を獲得したばかりのアイドルに満たせというのは酷な話だろう。第二、第三の条件ならば菅井はとりあえずはクリアしていると判断する。問題はやはり第四である。 

統括ポジションに君臨するアイドルのあるべき姿とは、グループ内すべてのアイドルメンバーの書く物語の主要登場人物となり、そこで生まれる傷だらけの絆をファンへ提供し共有することである。これこそがキャプテンに求められるバランス感覚だろう。ただ仲良くなる、打ちとける、それだけで満足し、完結してしまうのはあまりにもイノセント過ぎる。キャプテンがある種の仲介者となることによって、ファンは自身の応援するアイドルの別の顔を知る機会になり、菅井友香本人の新たな一面の発見にもつながるだろう。このような行為の積み重ねにより多様性と信頼感が育まれグループが深化するのである。

 

総合評価 73点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 17点 ライブ表現 16点

演劇表現 12点 バラエティ 14点

情動感染 14点

 

・欅坂46 活動期間 2015年~

評価更新履歴 2018/7/9  ビジュアル16→17

評価点数の見方