欅坂46 石森虹花 評価

欅坂46

石森虹花(C)欅坂46公式サイト

「個性はあるが、アイドルとしては無難」

石森虹花、平成9年生、欅坂46の第一期生。
ヒットしたアイドルグループのオープニングメンバーであり、かつアイドルとして過ごした時間は5年間とけして短くないが、特筆に値する物語はひとつもない。アイドルとしての実力もどうだろうか。あまりパッとしない。ダンスに向けたファンチャントが盛んなようだが、テクニカルな評価を抜け出ず、踊ることを演劇そのものに塗り替えてしまった欅坂46にあっては存在感に欠ける。シーン全体を見渡せばティア2に置ける技術を有しているのだろうけれど、リアリティの切れ味がない。
あえて「特筆」を探るならば、グループに郷愁を見出し、グループ愛を語り、そのとおりに行動することでアイドルを破綻させてしまった、という点だろうか。
グループ愛を語るアイドルは多い。いや、おそらくほぼすべてのアイドルが、ファンの前で一度はグループに対する「愛」を語った経験を持つのではないか。グループアイドルを演じる以上、それは当然の光景であり、当然の営業である。そういったシーンのなかで、このアイドルはグループ愛が強い、という評価を与える場合、結局のところアイドルの行動力を見るしかない。
石森は、グループが欅坂から櫻坂へと歩みを変えた段階で、歩調を共にせず「アイドル」からの別れを告げている。予てからグループへの強い郷愁を披露していた彼女が、そのグループの物語に終止符が打たれるというストーリー展開を前にして、自身の描くアイドルにも終止符を打った、卒業を選択したのだから、複雑な背景があったのだとしても、目に見える行動力になかなか過剰なもの、意志の強さを感じるわけである。
このひとは、とびきりに厄介な正義感を把持しているようだ。それは理念の高尚さやそれがかもし出す神秘さを絶対的な善と扱う、嘘を吐く人間を絶対に許さないという正義感である。幼少期や思春期に遭遇した喪失感を原動力とするような、一筋縄ではいかないオブセッションとしての正義感である。正義のもとに行動する人間の、否定しようのない防衛力ほど厄介なものはない。否定できない正義感を示されたら、人は黙ってその場を立ち去るしかない。それは石森本人にしてもおなじことである。彼女の物語を読むに、結局、アイドル・石森虹花からすれば、自身の正義感をもっとも致命的に裏切ったのが、ほかでもない、アイドルを演じる自分自身であり、一度提示してしまった正義感を前にしてアイドルの物語を打ち切るしかないというところまで追い詰められてしまったのだから、なかなか自虐的な登場人物に映るわけである。
どれだけ高い志を持っていたとしても、結局それに従うことができないという人間臭さ、夢追い人の夢想を容赦なく現実感覚で包みかえす都会の握力に圧し潰された、つまり凡庸さを打ち出した、という意味ではこのひともまたアイロニックなアイドルであり、欅坂46のアイデンティティに倣った人物と呼べるだろうか。

 

総合評価 53点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 8点 ライブ表現 13点

演劇表現 12点 バラエティ 12点

情動感染 8点

欅坂46 活動期間 2015年~2020年