欅坂46 世界には愛しかない 評価

楽曲, 欅坂46

世界には愛しかないミュージックビデオ(C)欅坂46

「涙に色があったら」

歌詞、楽曲について、

ライブの舞台装置を演劇舞台とすり替え、映像作品で作り上げた架空の物語と融和させる、歌唱を芝居で塗り替えようとする、そのすべての作業過程を提供しようと試みた作品である。向井秀徳のように自己の枠組みを縦のジャンプではなく、横へのジャンプで越えようとする姿勢は、まさしく自己超克と評価でき、セカンドシングルとして申し分のないクオリティと云える。「黒い羊」が提供されてしまった現在、俯瞰すれば、「世界には愛しかない」を演じた日とは、欅坂46というアイドルグループのアイデンティティが成立した瞬間であった、と後付できるため、そのような意味でも欅坂46にとって、ファンにとって、価値のある「一枚」と云えるだろう。ただし、「サイレントマジョリティー」において創造された、広大な架空世界の中をバラバラに動き回る個性を抱えた21人、彼女たちに家郷の建築を指示し、その壁の中でのみの生活が宿命として決定づけられた日でもあり、兵糧攻めのような息苦しさと疲弊が不吉な予感として胎動をはじめた瞬間であったことは看過できない。「エキセントリック」や「黒い羊」が「世界には愛しかない」の構図に囚われた精巧な模倣品の範疇を出ないと云いきれるのは、作手が(グループそのものが)「世界には愛しかない」で築かれた外殻にひびを入れた「二人セゾン」の達成を最高到達点と自己評価し、冬の到来を前に、再び硬い殻の中に回帰してしまったせいである。”世界には愛しかないんだ”(*1)というイノセントな科白が救済ではなく、語彙の制限、視野の縮小に映ってしまうのは、やはり楽曲で示し構築された分厚く狭い壁に囲繞される少女たちの表情をみるからである。

ミュージックビデオについて、

未成熟や未完成が観者を惹き付ける輝きをつくらずに、拙さに終始するため、物語性を把持しない。ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」の虚構とリンクする点もあり、「世界が泣いてるならと共時し不気味に映るが、楽曲や歌詞で提示された世界観の支柱とは捉えられず、鑑賞への原動力を欠く。アイドルソングの標準的な映像作品と云える。そのような意味では、後日提供される「エキセントリック」や「黒い羊」での達成は、アイドルの成長コンテンツという観点に立つと、その存在理由を満たした、と云える。

 

総合評価 70点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 16点 歌詞 14点

ボーカル 14点 ライブ・映像 10点

情動感染 16点

歌唱メンバー:織田奈那、齋藤冬優花、原田葵、上村莉菜、長沢菜々香、小池美波、尾関梨香、米谷奈々未、佐藤詩織、石森虹花、土生瑞穂、長濱ねる、菅井友香、守屋茜、鈴本美愉、小林由依、志田愛佳、渡辺梨加、平手友梨奈、渡邉理佐、今泉佑唯

作詞:秋元康 作曲:白戸佑輔 編曲:野中”まさ”雄一

引用:見出し、(*1)欅坂46/秋元康 「世界には愛しかない」

評価点数の見方