欅坂46 今泉佑唯 評価

欅坂46

今泉佑唯 (C) 欅坂46公式サイト

「赤と黒」

「あなたは聖人ねソレルさん」と、相手はますます関心のほどを見せていった。「こんな舞踏会やお祭り騒ぎを、まるで哲学者みたいに眺めてらっしゃるのね、ジャン=ジャック・ルソーみたいに。こんな気違い沙汰をごらんになっても、あきれるだけで、おもしろくはないんでしょう」

スタンダール/赤と黒

今泉佑唯、平成10年生、欅坂46の第一期生。
きわめてエモーショナルなアイドル。凡庸な人間特有の情動が描き出す、剥き出しの闘争心やアイドルを演じる行為へ向ける歓喜、苦渋は、デビューした段階でグループの絶対的な主人公と扱われた平手友梨奈のアンチテーゼと扱われ、アイドルがフィクションのドラマを作ることに難色を示す大衆から小石を投げつけられる場面も多かった。平手友梨奈を中軸にして回転する青春の書。そこでは、なにをするにしても、平手友梨奈の働きかけがあり、みんな、平手友梨奈の背中を見ている。平手友梨奈が今どこにいるのか、どこに向かって走っているのか、探っている。その光景に違和感を覚え、異を唱える者は、気でも狂ったのか、と云われてしまう。でもきっと、彼女からしてみれば、平手友梨奈を囲むこの「お祭り騒ぎ」こそ、本物の「気違い沙汰」。このような観点から穿てば、今泉佑唯は、欅坂46において唯一の「聖人」と呼べる登場人物だったのかもしれない。一方では、この今泉が描く、現実と仮想を行き交いする間際に落とす切迫感、これは平手友梨奈の精神的孤独と通い合う資質でもあり、皮肉の結晶を作ったのだから、おもしろい。彼女もまた、平手友梨奈と同様に、自身を取り囲む人間に向け、自身の妄執を振り撒き、情動の感染を引き起こしたのだから。

今泉佑唯は、プリティな外見とビビットな内面の持ち主だが、ある段階を踏み越えてからは、ヴァルネラブルの存在が露出し、形容するのに躊躇する、奇妙な色っぽさと笑顔を湛えるアイドルへと成長した。アイドルが成長をする場面とは、往々にして、アイドル自身が意図しない出来事(たとえば、現在を過去と未来が挟撃する真っ暗闇のトンネル、その中を駆け抜けるような試練)に遭遇し、それを切り抜けたときだ。アイドル・今泉佑唯が魅せる表情とは、安易な耽美主義に属する美ではない。それは、生まれながらに授かっていた美が、内側にかくれていた美が、心の深い場所に傷を負った際に、その傷口からにじみ出てしまった美である。「完全な美しさというものは、生まれつきそなわっていて、とりわけ当人がそれを意識しない場合」、季節の記憶となるような「効果」を生むことになる。
もちろん、心の脆さや傷つきやすさが、直接、アイドルの卒業理由になってしまうことも少なくはない。しかし、美の成熟過程こそ、アイドルを応援するうえでの醍醐味であり、古今東西、アイドルを演じる少女が高い評価を獲得するための原動力と云える。聖人を『白痴』として、赤色と黒色で描いたのがドストエフスキーだが、今泉もまた、赤と黒、つまりアンビバレントを抱え込むアイドルであり、グループアイドルによって描かれる長編小説に登場するキーキャラクターのひとりと呼べるだろう。今泉佑唯が時折のぞかせる「空想の翼」をもぎとるような強張った冷笑は、彼女の物語を読む者の「心から幻想」を追い払い、ある種の現実感をあたえるのだ。架空の世界への没入から唐突に現実へ引き戻された読者は、怒り、戸惑う。今泉佑唯は、”その美”を掲げたばかりに、アイドルという虚構に身を置く限り、この観者の剥き出しにされた感情と常に向き合い、闘い、許容しなければならない宿命を背負ってしまったのだ。当然、彼女の姿形を仔細に眺めるファンにも覚悟の要求が生まれる。今泉佑唯に想いを伝えるとき、それがどれだけ優しさに包んだ言葉であっても、彼女を深く傷つけてしまうかもしれない、アイドルが毀れてしまうかもしれない、ファンはそれを自覚しなければならない。でも、それでも彼女の”核”に触れてみたいと想わせる、赤い非常ボタンのような存在、そんな空気感を身にまとった女性を、「相手の心にふれるといっても、これを傷つけないではすまない」、そんなアイドルを今泉佑唯は描いた。

 

総合評価 69点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 15点

演劇表現 12点 バラエティ 13点

情動感染 15点

欅坂46 活動期間 2015年~2018年

引用:「」スタンダール/赤と黒/訳 小林正

 

堀未央奈 冷たい水の中 評価

「いつのまにか大人になってた」 ミュージックビデオについて、 堀未央奈の卒業ソン ...

乃木坂46 口ほどにもないKISS 評価

「本当の愛だと勘違いしたくなる」 ミュージックビデオについて、 阪口珠美の初セン ...

NGT48 角ゆりあ 評価

「ダンス・ダンス・ダンス」 角ゆりあ、平成12年生、NGT48の第一期生であり、 ...