欅坂46 平手友梨奈 評判記

欅坂46

平手友梨奈 (C) 欅坂46公式サイト

「時代の寵児」

平手友梨奈、平成13年生、欅坂46のオープニングメンバーであり、初代センター。
最も嘱望されたアイドル。『サイレントマジョリティー』発表後、常に話題の中心に置かれてきた。シングル表題曲のセンターにデビューから8作品連続で君臨する、これはAKB48から連なるグループアイドルの歴史において前人未到の快挙である。真に突出した境遇の持ち主、時代の寵児と呼ぶべきだろう。
『サイレントマジョリティー』をもって、大人への反抗、というジャンル、枠組みをシーンに決定づけたその鮮烈さ、衝撃、平成のアイドルシーンを代表する傑作を生んだことの余韻の強さをして、目まぐるしいスピードで成長・変化していく自己の姿を目の当たりにしながら、しかし一方では、大衆と対峙し、常に、大人への反抗、を歌わなければならないという、破滅への待機、言うならば、何者にもなり得ない、という、アイドルを通し日々育まれたであろうその佇まいにはカリスマと呼ぶに値する冠絶した孤独感が宿っている。自我を獲得する前に自我を喪失してしまった、パラドクスに揺れるその蹌蹌踉踉(そうそうろうろう)とした踊りはこれまでのアイドルには表現し得ないものだった。その横顔はたとえば、アイドルを眺める者に、夢を諦めたことを後悔させる。
そうした刺激を考えれば、この平手友梨奈を凌ぐ影響力をもったアイドルが今後シーンに登場することの予感、欅坂46が彼女以外の何者かの手によって伸展を果たすことへの想像、いずれも困難をきわめる。

 

総合評価 84点

現代のアイドルを象徴する人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 20点

演劇表現 17点 バラエティ 13点

情動感染 18点

欅坂46 活動期間 2015年~2020年