欅坂46 サイレントマジョリティー 評価

楽曲, 欅坂46

ゆいち☺さん(@keyaki_yuipon_love)がシェアした投稿

「誰もいない道を進むんだ」

 

単純明快である。近代アイドルに纏わりつく因縁、常識を完全に崩壊させた実績は、功績と呼ぶべきか、暴挙と断ずるべきか。どちらにせよ、文学の域に到達している、と評価できる楽曲である。抑制された叙述のような映像は、ここからなにかが 「はじまる」という胎動を感じさせる。ファンには期待感を、同業者には危機感を植え付ける。これをデビュー楽曲で見事に達成したのだから、称賛に値する。

必ず時代は変わる いつだって追う者は 追われる者に勝る

(Tha blue herb 「時代は変わる」)

歌詞についてだが、この楽曲は「歌詞」で評価がおおきく分かれるのではないか。自家撞着と揶揄する者も多いだろう。しかし平易な描写とはある種のメタファーを孕むのである。アイドルが身を置く世界の限界や、虚構に対する不完全さと未成熟さ、そこから生まれる理不尽に対し、アイドル自身がどのように決着をつけるのか、どのような物語が書かれるのか、努力の積み重ねを信じることが可能なのか、という陳腐な問いを、試練を孕むのである。この歌詞が書かれなかったら、これほどまでの成功を収めることはなかった、と断言できる。

 

総合評価 82点

近代アイドル史に名を残す作品

(評価内訳)

楽曲 19点 歌詞 17点

ボーカル 14点 ライブ・映像 20点

情動感染 12点

 

歌唱メンバー

齋藤冬優花、織田奈那、上村莉菜、長沢菜々香、小池美波、佐藤詩織、原田葵、米谷奈々未、石森虹花、土生瑞穂、尾関梨香、守屋茜、菅井友香、志田愛佳、渡邉理佐、渡辺梨加、鈴本美愉、平手友梨奈、今泉佑唯、小林由依

作詞:秋元康  作曲:バグベア  編曲:久下真音

・引用「サイレントマジョリティー」

評価点数の見方