欅坂46 志田愛佳 評価

欅坂46

志田愛佳 (C) 堀内亮/ HUSTLE PRESS

「深い穴に逃げ込んだ臆病な小動物みたいに、なかなか外に出てこない」

アイロニックな人物である。アイドル像にアイロニーを孕むトップアイドルは多いが、アイロニーそのものをアイデンティティとするアイドルは、少ない。彼女は、志田愛佳は、受動に対する怒りを隠さずに豪快に嗤う。その笑い声は、アイドル本人が自己の内奥を自らさらけ出すようなシーンに未だ遭遇していない証しであるはずなのに、その声を聞いたファンは彼女の心を、(人格すらも)掌握していると錯覚してしまう。この思い違い(アイロニー)の提供こそ、志田愛佳がトップアイドルの資質を備えていることへの証明になる。群像劇の喪失による画一化が進行する欅坂46において、志田愛佳の笑い顔とその動向は、今後のグループの展望を洞察するうえで、看過することが許されない項目である。グループを深化させるための手段として、「止揚」があるが、平手友梨奈というピースと止揚するアイドルは今泉佑唯、渡邉理佐、志田愛佳の3名になるだろうか。(今泉佑唯というピースが失われることはすでに決定している)

私が『二人セゾン』を高く評価した理由に志田愛佳のライブパフォーマンスがある。平手友梨奈のライブパフォーマンスは観者にある種の強迫観念を植え付けるが、カタルシスを得ることは、むずかしい。欅坂46に所属するアイドルで(特に『二人セゾン』において)観者をカタルシスへと導くパフォーマンスをみせるのは志田愛佳だろう。それはやはり、志田が楽曲と、あるいは菅井友香と止揚し、独り違う場所で嗤うからである。古代遺跡の奥に仕掛けられたパズルに、崩れ落ちた壁に断片を嵌めていくような、はじめてみた光景なのに、あらかじめそれを知っていたかのように映る表情。心がうばわれる。それが後に、思いを巡らすためのよすがともなる、と言ったら大仰だと嘲笑われるだろうか。志田がこの楽曲の世界でみせる表情は再現性がきわめて低いものだ。彼女のポジションに代わりのアイドルを配置しても、うまくいかないだろう。

深い穴に逃げ込んだ臆病な小動物は、そこから這い出てきたときに、どのような光景に巡り合うのか。そして、その表情は、どのような物語として描かれ、私たちの手元に降りてくるのだろうか。

 

総合評価 71点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 17点 ライブ表現 13点

演劇表現 14点 バラエティ 14点

情動感染 15点

欅坂46 活動期間 2015年~

引用:見出し 村上春樹「1Q84」

評価点数の見方