日向坂46 君しか勝たん 評価

日向坂46(けやき坂46)

(C)君しか勝たんジャケット写真

「君しか勝たん」

楽曲、ミュージックビデオ、歌詞について、

日向坂46の5枚目シングル。センターポジションには加藤史帆が立つ。
1年ぶりの新作ということだけあり、良く錬られている。これまでに発表されたすべての表題曲で「センター」をつとめた小坂菜緒が、今作では楽曲の中央から移動し、日向坂46のあたらしい主人公として加藤史帆を迎えたその展開を、楽曲の内に物語化しており、なかなかに鮮やか。
今作は、あたらしくセンターポジションに立った加藤史帆の個性がきちんと活かされ、『ハッピーオーラ』同様、『君しか勝たん』もまた、グループのバイブルになるのではないか、という予感をすでにつくっている。現在のアイドルシーンで、センターに選ばれたことに対し「めちゃくちゃ嬉しい」と答えられるのは、きっとこのひとだけだろう。その破顔には、グループの境地がよく表れている。
どんな場面でも笑顔を作る、アイドルとは笑顔をふりまく存在だという、古典に対する誤った解釈が、シーンのあらゆる場所に浸透し伝統になってしまった。その伝統に健気に従い、拉がれる少女たちの象徴あるいは収斂がこの日向坂46、ひいては加藤史帆である。たとえばそれは、今作の映像作品のラストシーンに作られた演技によくあらわれているし、なによりも、”失ったときにやっと気づくんだ”というフレーズに触れた瞬間に鮮明に浮かび上がる、小坂菜緒の横顔によって証されている。
作詞家・秋元康の詩情の内に、トラックに対する反抗があり、それが”けやき坂らしさ”と”日向坂らしさ”の止揚にみえる点も楽曲の物語化に貢献している。流れ出す音そのものは日向坂46的であるのに、作詞家が記した言葉にはけやき坂46の風味がある。それは当然、加藤史帆というアイドルの成り立ち、物語を辿るものであり、屈託の上に笑顔が作られていくというグループのアイデンティティにかさなるものである。愛を試そうとする青さの機微を活写した詩情には、遠い記憶に呼応するものをたしかに握る。

悪ふざけもほどほどにしろと云いたくなるタイトルだが、作詞家・秋元康の手にかけられ、利用される語彙のほとんどがその魅力を減衰し、本来の価値を見失い、若者にとってきわめて身近な”ダサい”ものに成り下がるというのは、なかなか興味深い。

また、今作品は、新3期生の3人が参加したはじめての表題曲でもあり、楽曲、映像作品の内で呼吸する彼女たちを探し出す、再会の楽しみもある。

 

総合評価 70点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 13点

ボーカル 16点 ライブ・映像 13点

情動感染 14点

歌唱メンバー:加藤史帆、小坂菜緒、丹生明里、富田鈴花、髙橋未来虹、高瀬愛奈、山口陽世、松田好花、影山優佳、森本茉莉、宮田愛萌、潮紗理菜佐々木久美東村芽依、上村ひなの、高本彩花齊藤京子佐々木美玲濱岸ひより渡邉美穂河田陽菜、金村美玖

 

AKB48 武藤十夢 評価

「ダークナイト」 武藤十夢、平成6年生、AKB48の第十二期生。 深窓の令嬢的な ...

日向坂46(けやき坂46) 丹生明里 評価

「類を絶した純白さ」 「何もかも忘れてしまいなさい。私たちはみんな温かな泥の中か ...

SKE48 あの頃の君を見つけた 評価

「あの頃の君を見つけた」 楽曲、歌詞について、 SKE48の28枚目シングル。セ ...