NMB48 市川美織 評価

AKB48, NMB48

市川美織(C)田中利行/1996-2019 HINODE PUBLISHING co., ltd

「守るべき思い出」


頭の物理的な大きさを、ルックスの優劣そのものを測る定規として使用するという、なんとも滑稽な風潮が日本にはあるようだが、それに則って順位を決めるなら、市川美織の「妖精感」に優るアイドルは存在しないだろう。ビジュアルに関しても、ちいさな身体から放たれる内向からの脱出、解放は観者の眼に躍動を映し出す。ライブ表現力については、確固たる哲学と理念を感じる。ただリズムに合わせての踊りではなく、演劇と呼べる揺きを市川美織はステージの上でみせるのだ。それは、欅坂46のパフォーマンスを先駆けていたようにおもう。間違いなく現代アイドル史においてトップクラスの表現力の持ち主と云える。

紆余曲折があったものの、最後までブレずに自身が設定したアイドルを演じきった点も称賛されるべき偉業である。ほとんどのアイドルが自我を獲得する段階で、良くも悪くも変化してしまう現状があるなか、市川は長い距離感で物事を捉えることで航路を確保し、前進することを可能とした。こういった能力は手に入れようと試みても、手にすることは叶わない類のものである。しかも、天から授かる、生まれ持った才というわけでもない。それは、幼少期からの教育と生活環境に拠ってのみ備わる資質である。

それゆえか、母の愛情を満身に浴びて育つ。
生涯を通じて彼を特徴づけたことの一つは、絶望的な状態になっても機嫌の良さを失わなかった点であった。
楽天的でいられたのも、ゆるぎない自信があったからだ。幼時に母の愛情に恵まれて育てば、人は自然に、自信に裏打ちされたバランス感覚も会得する。
そして、過去に捕らわれずに未来に眼を向ける積極性も、知らず知らずのうちに身につけてくる。

塩野七生「ユリウス・カエサル -ルビコン以前-」

市川美織がインタビュー時に語った母親とのエピソードから、私はこの一文を想起した。ただし、ひとつのモノ(レモン)に固執する、縋る、よすがにする、というのは逃れられない呪縛として、自己模倣として、自縄自縛の迷路への入口になる。アイドル・市川美織は、苦悩や苦闘の物語を作ったが、自身の可能性の幅を押し広げるという難題をクリアすることはできなかったようである。もちろん、市川美織の残した物語とアイドルとしての「時間」は実りのある特別なものと評価できる。ちいさな躰から溢れでてしまう感情を、エピソードを、ファンが拾い集めることで、妙な一体感を獲得するのだから稀有な「アイドル」と云える。

 

総合評価 83点

現代アイドル史に名を残す人物

(評価内訳)

ビジュアル 18点 ライブ表現 18点

演劇表現 14点 バラエティ 17点

情動感染 15点

 

NMB48、AKB48 活動期間 2010年~2018年

評価点数の見方