AKB48

まるで、古代ローマのソルジャー(剣闘士)のような空気感を纏うアイドルである。

AKB48

まさしく大器であり、隔絶や遊離を余儀なくされた「次世代」アイドルのホープである。

AKB48

ファンが無意識に抱くグループのコンセプト(アイドルとして、あるべき姿)に対し、倒錯した存在 ...

AKB48

矢作萌夏という人物に作られる批評の空間は、すでに、一般的なアイドルの峻別を超えている

AKB48, 楽曲

「他人事でしかなかった」 歌詞、楽曲については、卒業ソングとしては陳腐であり、「指原莉乃」 ...

AKB48

ライブ表現力については、コケットリィの分野でならば、最高到達点と評価できる水準に達しており ...

AKB48

闘争、覚悟といった物語の作り方を明確に提示した人物であり、それまで暗黙され回避されていた「 ...

AKB48, 楽曲

作詞家自身の思想をひとつの詞としてアイドルに代弁させる(復唱させる)という行為は俗悪である ...

AKB48

「マッカール家の人々」収斂された、ひとつの世代を象徴するアイドルである。 後藤萌咲のような ...