AKB48

「アイドルマスター」 アンダーとしての役割、存在することへの必然の獲得、”8(ハチ)”とい ...

AKB48, NMB48

頭の物理的な大きさを、ビジュアルの優劣そのものを測る定規として使用するという、なんとも滑稽 ...

AKB48

「嵐の夜には」 末端的登場人物に終始するしかないアイドルが秋元康と対峙し、共に物語を作った ...

AKB48

松井玲奈にとっては喪失との邂逅であり、福岡聖菜にとっては自身の物語に転換を知らせる場面との ...

AKB48

まるで、古代ローマのソルジャー(剣闘士)のような空気感を纏うアイドルである。

AKB48

まさしく大器であり、隔絶や遊離を余儀なくされた「次世代」アイドルのホープである。

AKB48

ファンが無意識に抱くグループのコンセプト(アイドルとして、あるべき姿)に対し、倒錯した存在 ...

AKB48

矢作萌夏という人物に作られる批評の空間は、すでに、一般的なアイドルの峻別を超えている

AKB48, 楽曲

「他人事でしかなかった」 歌詞、楽曲について、 卒業ソングとしては陳腐であり、「指原莉乃」 ...