AKB48

現代的な距離感ではなく、近代的な視点で、正統なアイドルらしさを誇るビジュアルの持ち主である ...

AKB48

「近代アイドル史において最高の逸材」小嶋真子を眺めながらふと、考えたことがある。この世界の ...

AKB48

「青春の犠牲」 成長共有の分野で極北に立つアイドルである。アイドルとして描く本篇の物語の量 ...

AKB48

まさしく大器であり、隔絶や遊離を余儀なくされた「次世代」アイドルのホープである。

AKB48, SKE48

「バチッバチッと鳴くろうそく」 蝋燭の炎のように暗闇にひかりを灯し、蝋燭の炎に息を吹きかけ ...

AKB48

ライブ表現力については、コケットリィの分野でならば、最高到達点と評価できる水準に達しており ...

AKB48

「アイドルマスター」 アンダーとしての役割、存在することへの必然の獲得、”8(ハチ)”とい ...

AKB48, NMB48

頭の物理的な大きさを、ビジュアルの優劣そのものを測る定規として使用するという、なんとも滑稽 ...

AKB48

フランスの女生徒的なイメージがダークナイトへと移り変わっていく光景は、アイドルシーンのメー ...

AKB48

「嵐の夜には」 末端的登場人物に終始するしかないアイドルが秋元康と対峙し、共に物語を作った ...

AKB48

松井玲奈にとっては喪失との邂逅であり、福岡聖菜にとっては自身の物語に転換を知らせる場面との ...

AKB48

まるで、古代ローマのソルジャー(剣闘士)のような空気感を纏うアイドルである。