AKB48

フランスの女生徒的なイメージがダークナイトへと移り変わっていく光景は、アイドルシーンのメー ...

AKB48

「嵐の夜には」 末端的登場人物に終始するしかないアイドルが秋元康と対峙し、共に物語を作った ...

AKB48

松井玲奈にとっては喪失との邂逅であり、福岡聖菜にとっては自身の物語に転換を知らせる場面との ...

AKB48

まるで、古代ローマのソルジャー(剣闘士)のような空気感を纏うアイドルである。

AKB48

ファンが無意識に抱くグループのコンセプト(アイドルとして、あるべき姿)に対し、倒錯した存在 ...

AKB48

矢作萌夏という人物に作られる批評の空間は、すでに、一般的なアイドルの峻別を超えている

AKB48, 楽曲

「他人事でしかなかった」 歌詞、楽曲について、 卒業ソングとしては陳腐であり、「指原莉乃」 ...

AKB48

闘争、覚悟といった物語の作り方を明確に提示した人物であり、それまで暗黙され回避されていた「 ...

AKB48, 楽曲

作詞家自身の思想をひとつの詞としてアイドルに代弁させる(復唱させる)という行為は俗悪である ...

AKB48

総監督就任によってアイドルとしての寿命を延伸したかもしれない、しかし、それは同時にアイドル ...

AKB48

大和田南那はAKB48の歴史のなかでもトップ3に入る「逸材」である。グループの最盛期に収穫 ...

AKB48

篠田麻里子の偶像的な威圧感や、板野友美の”カリスマ”的な存在感、そのような”イメージ”の影 ...