AKB48, 楽曲

お得意の、お決まりの、行動(移動)をしない、受動的な主人公の物語である。この楽曲の歌詞にお ...

AKB48, 楽曲

今回はロックがテーマ。 このような滑稽なテーマをどれだけ真剣に演じきれるのか、アイドルたち ...

AKB48, 楽曲

季節感にメタファーを与え、そのズレが修正されるのを”待つ”「僕」の物語である。

AKB48, 楽曲

「青空を拝ませてやる」 楽曲そのものが、『マジすか学園4』とリンクしており、英雄的な主人公 ...

AKB48, 楽曲

典型的な群像劇であるものの、登場人物を描写するためにめまぐるしく展開する場面に何故か切れ目 ...

AKB48, 楽曲

『ヤンキードラマなんか 絶対時代遅れさ』(*1)このような説明的な描写は作詞家の資質不足と ...

AKB48, 楽曲

歌詞の書き出しがすばらしい。村上龍の『限りなく透明に近いブルー』の冒頭に書かれた描写のよう ...

AKB48

感情の揺きを波の動きに重ねるという、やや安直(陳腐)な楽曲である。しかし、夢や希望を描き、 ...

AKB48, 楽曲

演者については、後藤萌咲のダンスパフォーマンス(表現力)が素晴らしい。手足の長さ、バランス ...

AKB48, 楽曲

書き出しの描写は、工夫がある、と評価できる。「入道雲」が歌詞を”覆う”メタファーとして機能 ...

AKB48, 楽曲

次から次へと絶え間なく、量産されるアイドルポップスの中から、敢えてこの楽曲を聴く必要性を感 ...

AKB48, 楽曲

人の未成熟さの行きつくさき、逗留する筐体を「サンダル」として描いている。そして、その胎動か ...