AKB48 光宗薫 評価

AKB48

光宗薫 (C) クランクイン!

「あの日の風鈴」

光宗薫、平成5年生、AKB48の第十三期生。
神戸コレクション・モデルオーディションのグランプリ受賞の歓声響くなか、AKB48第十三期生として「お披露目」される。秋元康をはじめ、同業者、作り手の情動を揺さぶる、想像力や創造への動機をつつく才能をそなえていたようで、アイドルの世代交代を叶える、グループの未来を担う寵児と扱われ、きわめてめぐまれた境遇に置かれ、将来を嘱望された。だが、満を持して迎えた選抜総選挙では「選抜」圏外となり、肝心のアイドルファンに向けては自身の宿す情動を感染させることのできない、自分にとって一番大事なものを他者に提示できない、きわめて凡庸なアイドルであることが露見してしまう。
前田敦子を筆頭に、不完全さを抱きしめる少女たちが提示する膨大な成長への余白に対し、光宗薫の横顔からファンが身勝手に受信したのは、成長共有の隙間を完全に埋めた完結性であったようだ。彼女が作り手に”推される”ことはグループのアイデンティティの失墜を意味し、アイドルとファンの成長共有、その約束が破られてしまったことへの失望と、それがこれからさきも奪われ続けるのではないか、という不安があぶり出す反動は凄まじく、光宗薫の夢と憧憬を阻んだ。アイドルファンは、なぜ彼女はAKB48の作る舞台に立っているのか?この問いかけを圧しころすことがどうしてもできなかったのだ。結果、光宗薫は表題曲の歌唱メンバーを一度も経験せずに、「スーパー研究生」から脱却できぬまま、アイドルとしてなんらかの物語性を獲得し偶像を構築するまえに、呆気なく、グループアイドルからの卒業を表明する。

光宗薫とは、栄光を謳歌するAKB48のひかりに吸い寄せられた少女の一人であり、グループの歴史の在り処を証すと同時に、その歴史と決定的に乖離する登場人物の象徴的存在と呼べるだろうか。AKB48の第一期から第四期までの、黎明期を生きたアイドルの特徴を不完全さや未完成と表現するならば、その不完全さによって成立する人間群像、つまりグループアイドルとの乖離を描くものとは、やはりある種の完結性になるのだろう。なぜ不完全を象徴するグループアイドルに完結性を持ったアイドルが登場してしまうのか、それは単にAKB48が大衆に受け入れられた、ブレイクしてしまった、というだけのことである。不完全さ、つまりアイドルの先にある夢を追いかける、というアイドルの物語を原動力にした成功を前にして、その成功の光りに吸い寄せられるようにして、すでに成功に達したある種の完結性をそなえた少女がグループの物語に加わる。こうした倒錯によって書かれる悲喜劇のひとつが、光宗薫の挫折なのだろう。だが、光宗のアイドルとしての失敗を、このグループアイドルとの対峙だけに求め包括してしまうのは大きな誤りであるし、解釈があまりにも退屈におもう。アイドルとして売れなかった、それは要するに才能がなかっただけの話である。
光宗薫、この「名前」からは、宝塚歌劇団の男役のような、あたらしいジェンダーを想起するが、容貌そのものは中性的なビジュアルであり、どこか物足りない。なにかが致命的に欠けている。おそらく、多くのファンが、光宗薫の姿形から、説明はできないけれど、なにか大事なもの、自己を衝き動かす原動力の不在を確信したのではないか。それを端的に挙げるのならば、それはアイドルファンが少女を眺める際に衝動的に希求する性への感興の乏しさと云えるのではないか。彼女のビジュアルはたしかに、端正で、綺麗だが、言葉の真の意味でうつくしいとは形容できない。寿命のみじかい和菓子のような、甘美な匂いを鮮やかに描出する儚さが光宗薫というアイドルにはない。トップアイドルに成るためには、やはりビジュアルは重要だ。ビジュアルこそ、ファンにアイドルの物語を妄執させるもっともつよい原動力となる。要は、彼女がアイドルとして成功せず、挫折したのは、不完全さとの対峙や、アイドルを演じる行為=青春の犠牲を受け入れる日常を彼女が諦めたからではなく、ただ単に、グループの未来を担う人物と扱うにはとても通用する器ではなかったからだ。
こころと身体の弱さを訴えかけた卒業理由をまえに、ファンが抱く、もし光宗薫があのときAKB48を辞めていなかったら、もし乃木坂46に加入していたら、といったアナザーストーリーに豊穣の兆しをみつけるのはむずかしいようにおもう。たとえば、現在のシーンの表通りを歩く乃木坂46のハーベストムーン・第三期生の境遇とは、当時の光宗薫の「待遇」を凌ぐほどに恵まれ、また同時にそこで描かれる闘争もシーンにおいてもっとも熾烈だが、少女たちはそれに見事にこたえ、成果をもちかえっている。よって、彼女たちの達成を目撃してしまったあとに、光宗薫の失敗と挫折を「境遇」に帰依するのは困難に感じる。ただ才能がなかった、とするほかにない。

根性なしですぐ弱音を吐く自分と向き合いたくなかった。いつの間にかテレビ画面から消えた芸能人や歌手、引退してコーチにも解説者にもなれなかったスポーツ選手は、いったいその後何をしているのだろうと他人事のように思っていたが、実際ブレイクしてそれまでの半素人気分が抜けて完全な芸能人として周囲から認識されている今になっても、自分がどこに行き何をするのか見当もつかない。もし私が人々から完全に忘れ去られるときが来たら、そのとき私はどこにいるのだろう。

綿矢りさ / 夢を与える

当時、光宗薫をきっかけにして語った、秋元康の「夢」に対する科白、文芸の世界に踏み込んだ少女たちとそのファンに向けた「夢」への筆遣いは、今日では、シーンの傍観者を気どり振る舞う氏とは遠くはなれた私情を発露させており、一読の価値がある。
おもしろいのは、光宗薫は、秋元康の言葉を遮るようにして、アイドル時代だけではなく、卒業後も、”夢とは、才能の欠如を受け入れ、あきらめるのが一番むずかしい”、といった常套句を体現し、なにかを成し遂げる前に異なる夢の入り口の扉をひらき、そこへ逃げ込む、という物語を一貫して描き続けている点だろうか。

 

総合評価 37点

アイドルの水準に達していない人物

(評価内訳)

ビジュアル 10点 ライブ表現 5点

演劇表現 13点 バラエティ 6点

情動感染 3点

AKB48 活動期間 2011年~2012年

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...