AKB48 西野未姫 評価

AKB48

 

View this post on Instagram

 

西野未姫さん(@nishinomiki_official)がシェアした投稿

「三銃士の憂鬱」

 

ステージ上だけではなく、バラエティ番組など、アイドルとしての活動全般においても、大袈裟で過剰なパフォーマンスを繰り広げる、西野未姫というアイドルの存在が痛々しく、悲劇にさえ感じたのは、彼女が抱え込んだ不完全な虚構が原因だろう。

古典的なアイドルらしさをかなぐり捨て、トレンドを意識した、お笑いタレント的な立ち居振る舞いをする西野未姫。彼女がアイドルらしさを捨てた段階で、ファンはそのなかに生来の「西野未姫」が含まれていた可能性を排除しただろう。アイドルとは、演じるという行為が前提で成り立っている。アイドルらしさを捨てた次の段階として訪れた、「イノセント」こそ、彼女の生来の資質だと、ファンは錯覚したのではないか。たしかに、それが事実である可能性はもちろん残されている。だが、私はその可能性はきわめて低い、と考える。アイドルとしての西野未姫を評価する際に、彼女の生来の姿は無邪気でお転婆=俗物ではなく、むしろ、清楚で乙女であったかもしれない、という点を看過できない。
しかし、一番の悲劇は、彼女自身も、本来の「自分」を把握できていなかったことだろう。

アイドルという職業の扉を開いた時点で、人としての自我が確立している者は少ない。アイドルになった少女は、まず、もうひとりの自分を作り上げる必要がある。もちろん、これは偽物の自分ではない。アナザーストーリーとしての、もうひとりの自分。その虚構と現実とを行き交う生活のなかで、人としての自我を確立させる。
西野未姫は、お笑いタレント的なアイドル像(虚構)を構築していく過程で、それをそのまま現実側の「自分」と錯覚してしまった。現実世界と虚構を無意識に重ねてしまったのである。当然、自我同一性は訪れない。結果、未成熟な姿を晒しつづけることになる。

本来の自分。自我を確立する前の、何者にでもなれるアイドル(少女)に、選択肢が残されていなかった悲劇。
岡田奈々小嶋真子との差別化が、命題としてアイドルになった直後の少女に重くのしかかったことは容易に想像できる。外側ではなく、内側の敵。仲間であり、ライバルでもある複雑に絡み合った絆。グループの未来を担う逸材の存在を誰よりも身近に感じることで、自身のポテンシャルが彼女たちに比肩すると、自覚できなかったのだろう。
小嶋真子がグループのエースとして、未来と希望を描く正統的なアイドルとして歩み、岡田奈々は古典的なアイドルとして、揺るがない矜持を備えたアイドルとして屹立している。西野未姫が自分に”残された道”はバラエティ、お笑いタレント的な立場と立ち居振る舞いだと勘違いしてしまうのは、未熟な少女の選択としては、当然の成り行きだったのかもしれない。

あるいは、そのような場所で、戯けた立ち居振る舞いを繰り返した結果、アイドルを演じるという行為自体を嫌悪し、本来の自分だと錯覚している姿を、アイドルを演じている集団のなかで披露することに恍惚感を覚えたのか。
たしかに、その奇抜な立ち居振る舞いは、ファンや仲間たちに対し、特効薬的な効果を発揮し、満足をさせたようだ。ただし、特効薬というのは瞬間的な効果は凄まじいが、長続きはしないものである。それでも、一度褒められた女の子は、また、もう一度、褒められたいと健気に同じ行為を繰り返す。それが痛々しい。

これまでにも繰り返し述べてきたが、アイドルには、現実の世界と虚構(もうひとつの世界)がある。そこにはおおきな隔たりがある。西野未姫の場合は、現実と虚構の入り口が重なり合っていた。アイドルを演じるというよりは、「西野未姫」を演じるという状態であった。現実の側で作られるはずの自我を、アイドルの自我として成立させてしまったために、本当の「西野未姫」はこの世から姿を消してしまったのである。

”もし” 西野未姫がアイドルらしさを否定せずに、渡辺麻友のような「王道のアイドル」という虚構を素直に作り上げていたら、現実の世界で、西野未姫としての自我をしっかりと確立できていたら…。性格とは生活が作り上げるものである。彼女が日常的に「お淑やか」な仕草や立ち居振る舞いを心がけていたら、それが”本当の”西野未姫として、我々の前に立ち現れたはずである。と、小嶋真子から感じたアナザーストーリーと同等のものを、西野未姫というアイドルは筆者に想起させるのである。
このように、「if」を想わせるアイドルとは、その存在を視認することによって、グループの未来に希望を見いだせる稀有な存在、逸材だと、評価せざるを得ないだろう。西野未姫は間違いなく「逸材」であった、と。

「ブスと呼ばれるよりも”不潔”と言われることのほうが嫌だ」と西野未姫は云う。これは、情報に囲繞された現代アイドルのイデオロギーをよく現した発言である。彼女が書き残したアイドルとしての物語の顛末が、”不潔”の対義である”純潔”とかけ離れた醜態であったのは、アイロニーではなく、やはり、”お笑い”と捉えることが彼女に対する礼儀になるのだろうか。

 

総合評価 61点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 17点 ライブ表現 7点

演劇表現 9点 バラエティ 13点

情動感染 15点

活動期間 AKB48 2012年~2017年

評価点数の見方