日向坂46(けやき坂46) 井口眞緒 評価

日向坂46(けやき坂46)

井口眞緒(C) 株式会社白夜書房/日向坂46

「退役した参謀が過去の作戦について語るような口調」

私はいつも自分の滑稽な態度で、自分の思想や肝心な観念を、傷つけやしないかと恐れているのです。私には見せかけの行為というものがありません。私のそれはいつも正反対になるものですから、みんなの笑いを誘って、その観念を傷つけてしまうのです。また感情に節度というものがありません、これが肝心な点なのです、いや、これがいちばん肝心な点だと言ってもいいでしょう……私はいっそのこと黙ってすわっていたほうがいいということは、私も知っています。かたくなに黙っていれば、かえってなかなか分別ありげに見えるものです。

ドストエフスキー/木村浩 「白痴」

井口眞緒、平成7年生、日向坂46(けやき坂46)の第一期生。
井口眞緒には「見せかけの行為」というものがない。演技=虚構を作り上げ、生身の自分を護る被膜を持たない。彼女はあまりにも生身である。それも精神の潤った生身。だから、距離感の設定がむずかしい。アイドルの虚構へならば強く踏み込めるが、生身の女性に対してはどのように触れるべきか逡巡する。アイドルの感情表明や吐露により”見たくはない”と思う部分がにじみ出てしまったのを発見するのとは違い、井口は日常風景のなかに羞恥が表出しており、そのあまりにも無防備な姿形からは目を背けたくなる。アイドルに対して、演じる行為の一切を諦めており(あるいは、最初の自己紹介で手を勢いよく振り回したその瞬間から、最初から最後まで、すべてが演技なのかもしれないが)、井口眞緒とアイドル・井口眞緒は等号を間に置くことができる。つまり、ドラマツルギーに対し、きわめて無縁をつらぬくアイドルに映る。アイドルとして過ごす日常に”役”の演じ分けが一切置かれていない。

アイドルを演じない彼女が、アイドルの成立をむかえない井口眞緒が、それでもシーンの闘争の深刻な場所で通用してしまう理由は、アイドルを物語らずとも、別のフィクションを作る力量を把持するからだろう。おままごとの好きな少女がそのまま大人になったみたいな暗い無邪気をそなえており、飼い猫の霊が夜中に廊下を走り回る日常の不気味さ、それを無邪気に塗り替え、アイドルを演じる行為とは完全に隔てたられた場所で井口眞緒はフィクション作るのだ。その際、彼女は、途切れない仕掛けと仮装に満ちた文体を音読しているような喋り方をする。まるで、ガルシア・マルケスの『迷宮の将軍』を読み上げているみたいな口調だ。間断のない自問自答への解が短いセンテンスとなり、ちりばめられたちいさなエピソードをつなぎ合わせていく。しかし、物語性と連続性のある科白なのに展開が目まぐるしく変わるから、理解が追いつかない。独りだけ不気味に、常に窮迫しており、滑稽に映る。だから、「みんなの笑い」を誘う。と同時に、彼女は誤解にも包まれる。彼女自身もその場で”しくじった”顔をする。滑稽がユーモアに転化することはない。『スナック眞緒』という小さな箱庭=ちいさな夢が成立し、喜劇を実現したのは、彼女から発生した批評空間に気付いた作り手のひとりが、井口眞緒という人物から発散するこの意欲、発想、自発的能動性のたかさに圧倒されたからではないか。「感情に節度というもの」がない、しかしそれがアイデアや企画を実現させる原動力になる点は、松村沙友理を彷彿とさせる。

「ある学者がさ、試しに現在ってものがどれくらいのながさなのか計算してみたんだって、それによると、現在っていうのは平均にして8秒程度のながさのことで、その8秒が過ぎれば現在(いま)は次から次へと過去の記憶になって人間の魂のあいだをながれて行く…」

野沢尚 「眠れる森」

常に8秒以上息継ぎせずに喋り続ける井口眞緒の科白は、現在が過去と未来を侵蝕し混濁している。彼女は常に「告白」をしているが、すべて独白に映ってしまう。彼女は告白ができないのだ。告白しようと思弁を並び立てようとも、独白に扱われてしまう。喜劇の間隙にブルージーな伏目をみせるのはその所為だ。また、静止した一枚の写真、絵を鑑賞して物語を作り上げる、という手段をとらず、連続した写真を好んで提示する傾向が強いのは、言葉と行為が連結することに安心感を抱くのは、彼女がある種のオブセッションを持つからだろう。井口には写実主義的な趣向があり、目に映った情報を乱暴に、ありのままに描写する。電車に揺られた感触から、移り変わる街の風景と時代をそのまま現実の日常に、自分自身の過去に重ね、情感豊かに等身を描く。だから、間違って伝わった情報はきちんと訂正する。ほんとうのことは本当だとうなずく。
井口眞緒には、
電車の乗り間違いに気づいた時、次の駅で降りずにそのまま、目的地もわからぬまま、乗り込んでくる学生やサラリーマンを眺めながら、静かに運ばれていくような喪失があり、「アイドル」という奇跡との遭遇に歓喜する一方で、過去の生活の喪失を看過しない姿勢が窺える。喪失の体験とは成熟に至る過程である。井口眞緒が成熟したひとりの人間に映るのは、崩壊の再建を実行しているからだ。彼女は、アイドルに成る以前の日常の崩壊を、「アイドルの日常」として再建して行く。この点にアイドルの虚構を未完のままで放置する動機の露出があり、真実を伝えるには嘘を通過する必要がある、と云った戯作者近松門左衛門の言葉と前面衝突するのだから、おもしろい、愉快を投げつける。

つまり、井口眞緒は、自身の心の内奥、物語の伝え方が独特なアイドルである、とするほかない。彼女の口から語られる物語には、主人公(井口眞緒)の性格を伝えるために準備された描写がひとつもない。他のアイドル(特に、齊藤京子潮紗理菜、宮田愛萌)を献身的に、仔細に描写することによって、そこにちりばめられた井口眞緒の情報を読者に拾わせる、主人公=井口眞緒の輪郭を読者に描かせるといった手法を彼女は採用している。『スナック眞緒』は明確で平易な虚構(フィクション)であり、そこに訪れるアイドルはありのままの自分をなんとか伝えるために、嘘を付き、演じていく心構えを持つが、そんな少女たちに井口がノンフィクションを間断なく浴びせかけるのは、自分とアイドルを演じる少女のあいだに、埋めることのできない、決定的な溝があることを自覚するからだろう。客である少女の素顔と、そこに付与された井口眞緒のかけらは混濁したウソの世界を映し出し、観者はぐらっとする。

触れると、多事多難を発生させるアンタッチャブルな彼女が、大舞台に抜擢されたときの、そこに渦巻く不安、期待感や高揚感は再現性の低い物語と云えるだろう。彼女の愚直を目の当たりにするとある種の投影が生まれる。次の瞬間、他のアイドルとは一風変わった、息を抜く暇もない物語が立ち現れる。

 

総合評価 43点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 8点 ライブ表現 3点

演劇表現 5点 バラエティ 15点

情動感染 12点

けやき坂46 活動期間 2016年~2020年

引用:見出し 村上春樹「1Q84」

 

NGT48 對馬優菜子 評価

「思いの強さが通じる」 對馬優菜子、平成13年生、NGT48のドラフト3期生。 ...

乃木坂らしさ とは

「乃木坂らしさ」 美しい「花」がある、「花」の美しさといふ様なものはない。 小林 ...

乃木坂46 掛橋沙耶香 評価

「ピカレスク・ロマン」 掛橋沙耶香、平成14年生、乃木坂46の第四期生。 『図書 ...