日向坂46(けやき坂46) 井口眞緒 評判記

日向坂46(けやき坂46)

井口眞緒(C)欅坂公式サイト

「無節操なひと」

私はいつも自分の滑稽な態度で、自分の思想や肝心な観念を、傷つけやしないかと恐れているのです。私には見せかけの行為というものがありません。私のそれはいつも正反対になるものですから、みんなの笑いを誘って、その観念を傷つけてしまうのです。また感情に節度というものがありません、これが肝心な点なのです、いや、これがいちばん肝心な点だと言ってもいいでしょう……私はいっそのこと黙ってすわっていたほうがいいということは、私も知っています。かたくなに黙っていれば、かえってなかなか分別ありげに見えるものです。

ドストエフスキー/白痴(木村浩  訳)

井口眞緒、平成7年生、日向坂46(けやき坂46)の第一期生。
このひとには、感情の節度、というものがまるでない。アイドルを演じる行為つまり自分ではない何者かを演じる行為の一切を断念したことで、常に衝動的に振る舞っているかに見えるそのキャラクター性が、ファンを差し置いて、同業者、作り手の多くにウケてしまったからだろうか、とにかくこのひとは無節操である。
AKB48の小栗有以に似ている、というファンチャントをよく耳にする。たしかに、ただ黙ってイスに座っていれば、似ているかもしれない。けれどアイドルとしての性格、性質は、似て非なるもの、であり、グループアイドルのオーソドックスを振る舞い、また高い純潔性によってファンのこころを掴む小栗に対し、井口は、黙ってイスに座っていることがどうしてもできない、分別なき衝動のひと、であり、辺り構わず思弁を垂れ流し周囲を沸かすその滑稽な横顔は欲にまぶされている。
歌や踊り、文章を表現することで吐露されるアイドルの感情の内に、見たくはないもの、がにじみ出てしまうのとは異なり、井口眞緒の場合、日常のいたるところに羞恥を出している。自分がとくべつな才能を一つも持たないことを自覚する人間特有の、その場しのぎに晒す突飛さ、そのあられもない、子供のような、思わず目を背けてしまう、情動にのみ衝き動かされた無防備な姿を、デビューから卒業まで、一貫して描いている。
ゆえに、このアイドル、いや、もはやアイドルではなく、このひと、と表現するほかにないのだが、このひとは、距離感の取り方がむずかしい。アイドルを演じる少女と、その少女が作り上げる虚構、言わばフィクションの世界にならば強く踏み込めるが、なんら皮膜をもたない、職業アイドルでありながらしかしアイドルではない生身の一般女性に対しては、どのように触れるべきなのか、逡巡してしまう。
あえて強く踏み込み、その横顔に魅力を見出すならば、それは、私利私欲にまみれた、通俗的な人物である、という点になるだろうか。このひとがおもしろいのは、アイドルを演じることは諦めたけれど、ファンに対して素顔を隠す、自身の欲深さをウソで覆い隠そうと試みる行為自体は諦めていないところであり、しかもそのウソが他者に対しほとんど丸裸にしてさらされていることに当の本人がまったく気づいていないという、幼稚さ、素朴さ、純粋さに井口眞緒の魅力、いや、特質があるのだとおもう。欲があることは悪いことではない。欲を隠そうとすることも悪くない。ただ、その一連が明けっ広げにされてしまっていると……、生臭く感じてしまう。
また、このひとには、アイドルを演じる行為とはまったく別の演技、少女特有のおままごとを大人のフィクションに押し上げてしまうような意欲、行動力がそなわっている。乱暴に云ってしまえば、グループアイドルの枠組みからはみ出たところに「井口眞緒」の魅力の大部分があり、それを間近で眺め理解したからこそ、同業者、作り手は彼女の夢に乗ろうと、共に行動したのではないか。
黎明期とは、往々にして、同業者に向けアッピールするものだし、同業者に認められなければ、ファンにその魅力が届くこともない。まず同業者を説得する、ねじ伏せなければならない。そうした意味では、井口眞緒もまた、けやき坂46の黎明期、日向坂46の飛翔を支えた人物の一人に数えることができるかもしれない。

 

総合評価 39点

アイドルの水準に達していない人物

(評価内訳)

ビジュアル 8点 ライブ表現 3点

演劇表現 5点 バラエティ 15点

情動感染 8点

けやき坂46 活動期間 2016年~2020年

2022/06/13  本文を大幅に書き換えました

 

日向坂46 4期生のお披露目動画と「ブルーベリー&ラズベリー」の感想

「似ているような 全然似ていない」 日向坂46に「4期」が誕生した。数えると、1 ...

アイドルの可能性を考える 第十三回 丹生明里 編

「無垢なアイドル、という倒錯の魅力」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの ...

ブログを始めて4年経ちました

「もうひとりの自分」 「アイドルの値打ち」を立ち上げてから4年が経った。4年経っ ...