日向坂46(けやき坂46) 井口眞緒 評価

日向坂46(けやき坂46)

井口眞緒(C) 株式会社白夜書房/日向坂46

「無節操なアイドル」

私はいつも自分の滑稽な態度で、自分の思想や肝心な観念を、傷つけやしないかと恐れているのです。私には見せかけの行為というものがありません。私のそれはいつも正反対になるものですから、みんなの笑いを誘って、その観念を傷つけてしまうのです。また感情に節度というものがありません、これが肝心な点なのです、いや、これがいちばん肝心な点だと言ってもいいでしょう……私はいっそのこと黙ってすわっていたほうがいいということは、私も知っています。かたくなに黙っていれば、かえってなかなか分別ありげに見えるものです。

ドストエフスキー/白痴(木村浩  訳)

井口眞緒、平成7年生、日向坂46(けやき坂46)の第一期生。
井口眞緒には「見せかけの行為」というものがない。演技=虚構を作り上げ、生身の自分を護る被膜を持たない。彼女はあまりにも生身である。それも精神の潤った生身。だから、距離感の設定がむずかしい。アイドルの虚構へならば強く踏み込めるが、生身の女性に対してはどのように触れるべきか逡巡する。アイドルの感情表明や吐露により”見たくはない”と思う部分がにじみ出てしまったのを発見するのとは違い、井口は日常風景のなかに羞恥が表出しており、そのあまりにも無防備な姿形からは目を背けたくなる。アイドルに対して、演じる行為の一切を諦めており(あるいは、最初の自己紹介で手を勢いよく振り回したその瞬間から、最初から最後まで、すべてが演技なのかもしれないが)、井口眞緒とアイドル・井口眞緒は等号を間に置くことができる。つまり、ドラマツルギーに対し、きわめて無縁をつらぬくアイドルに映る。アイドルとして過ごす日常のなかで、”役”の演じ分けに対する努力の一切が諦められているのだ。

アイドルを演じない彼女、アイドルの成立をむかえない井口眞緒だが、それでもアイドルシーンにおける闘争の熾烈な場面で通用してしまう理由は、アイドルを物語らずとも、アイドル的幻想とはまた別の作り物=フィクションを構築する力量を把持するからだ。おままごとの好きな少女がそのまま大人になったみたいな暗い無邪気をそなえており、飼い猫の霊が夜中に廊下を走り回る日常の不気味さ、それを無邪気に塗り替え、アイドルを演じる行為とは完全に隔てたられた場所で井口眞緒はフィクション作っている。その際の彼女は、途切れない仕掛けと仮装に満ちた文体を音読しているような喋り方をする。それは、間断ない自問自答への解が短いセンテンスとなり、ちりばめられたちいさなエピソードをつなぎ合わせていくような光景であり、まるで、ガルシア・マルケスの『迷宮の将軍』を読み上げられているような心地になる。だからか、物語性と連続性のある科白なのに、ストーリー展開が目まぐるしく変わるため、理解が追いつかなくなる。話者であるアイドルが独りだけ不気味に、常に窮迫しており、滑稽に映るのはそれが原因だ。だから井口は、喋りだすと「みんなの笑い」を誘うし、誤解に包まれる。彼女自身もその場で”しくじった”顔をしブルージーを描く。なんだか、わけがわからない状況が作られる。
『スナック眞緒』という小さな箱庭=ちいさな夢が叶えられ、喜劇を実現したのは、彼女から発生した批評空間の面白さ不気味さに直面した作り手のひとりが、井口眞緒という人物から発散するその意欲、発想、自発的能動性のたかさによって描出される”わけのわからなさ”に圧倒され、根拠のない可能性を感じたからではないか。

 

総合評価 43点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 8点 ライブ表現 3点

演劇表現 5点 バラエティ 15点

情動感染 12点

けやき坂46 活動期間 2016年~2020年

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...