AKB48 小栗有以 評価

AKB48

 

View this post on Instagram

 

小栗有以さん(@tokyo8marron)がシェアした投稿

「日替わりなラッキーな成り上がり」


小栗有以はAKB48の次世代ホープである。
ホープとは「希望」であるが、小栗有以をどれだけ眺めても、そこにグループの未来を見いだすことは、未だ出来ない。希望の実態が「抜擢」というかたちで作られた傀儡であるからそう感じるのではない。彼女自身が作り上げたアイドルという虚構に、常闇のようなグループのなかにあって未来を切り拓く物語が内在しないからだろう。

小栗有以のアイドルとしての資質、総合的な評価は「平均的」「月並み」が妥当であると考える。ルックスはやや過剰に評価されているようだが、悪くはない。ダンスパフォーマンスならば、高いポテンシャルを感じる。華奢であるが、何処で踊っているかすぐにみつけられる、というのはひとつの才能である。
しかし、センターの器ではない。彼女の姿形や立ち居振る舞いからグループの歴史(イデオロギー)を感じることは出来ないし、まったくあたらしい物語を描くような異物感も伝わってこない。

才能の無い人間が周囲に持ち上げられるとき、往々にして”勘違い”が発生するものである。アイドルの場合、センターに立つ資質のない人物が、なにかの間違いで、時代のズレで、その場所に立ってしまうと、本来芽生えるはずのない自意識を獲得してしまうことになる。例えば、「わたしがグループを引っ張る。革命を起こす」、と。そして、その”勘違い”は本来、輝くはずであったジャンルでの才能をも枯らせ、アイドルから個性を欠落させるのだ。現在の小栗有以が原稿用紙に書き残した物語は、宮脇咲良がすでに描写した光景ばかりである。受動性が命題として重く伸しかかるタイプのアイドルとして、その枠組からはみ出たことは、未だ一度もない。

井上小百合、大園桃子の項でも述べたが、才能とは、天から与えられるものである。結局、「人は才能以上のことはできない」のだ。才能を授かることに比べれば、立場を与えることや貰うことは容易である。残念ながら小栗有以はアイドル史に名を残すような資質を持ち合わせてはいない。そして、小栗有以を抜擢した人間にもアイドルの本質を見抜く資質と想像力が欠如していると云える。

 

総合評価 52点
問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 13点

演劇表現 6点 バラエティ 8点

情動感染 13点

 

・AKB48 活動期間 2014年~
評価更新履歴
2018/9/1 情動感染12→13

評価点数の見方