AKB48 小栗有以 評価

AKB48

小栗有以 (C) oricon.co.jp

「日替わりなラッキーな成り上がり」

小栗有以、平成13年生、AKB48のTeam8のメンバー。
次世代ホープ、新センターの称号を持つ、グループのあたらしい主人公への呼び声が高い人物。
しかし、これまでに小栗有以の書いた物語のどの場面を眺めても、読んでも、そこに漂うはずの希望に触れることは叶わなかった。彼女の姿形からは、グループの未来を見いだせなかった。もちろん、希望の実態が「抜擢」というかたちで作られた「傀儡」であるからそう感じるのではない。彼女自身の作り上げた偶像が、常闇のようなシーンを転覆させる力量を、未来を切り拓く能動性を、一つも内在しないからである。AKB48のあたらしい主人公として原稿用紙の上に置かれた小栗有以の物語がきわめて平板であり、描かれるアイドルの資質が月並みにみえる事実は、乃木坂46というブレイクを前に一つのフィクションを作り上げる、という能動性の欠如を浮き彫りにしており、グループの通史を読む人間に悲観を抱かせてやまない。
ビジュアルについては、過剰な評価を浴びているようで、作られた賛辞への揶揄は禁じ得ない。しかし、悪くはない。力強さとチャーミングを秤にのせて遊ぶような、思い込みの強い女性特有の沈鬱があり、それがアイドルを演じる少女の深刻さにつながっているため、興味が途絶えない。しかし、前田敦子や西野七瀬のようにグループアイドル史=群像劇の中にあたらしい系譜を落とす発見や圧倒はない。ライブ表現力についてならば、凡庸を凌ぐポテンシャルを感じる。華奢が招く弱々しさへの期待を裏切るように、自己の中心軸から発生した感情の振動が身体の先端に達するまでけして崩れない、安定性の優れてた踊りをみせる。それが舞台上での存在感につながっている。彼女がいま、舞台の何処で踊っているかすぐにみつけられる、という観者への誘導力はひとつの才能と呼べるだろう。だが、”センター”の器ではない。彼女の舞踏をどれだけ眺めても、楽曲との融和や物語性の獲得といった展開への兆し、奇跡との遭遇は一度もおとずれなかった。センターポジションに対する「メランコリック」や「反動」が皆無であり、まったくあたらしい物語を、しかし、たしかに過去と連なる物語を描く異物感の手触りが彼女の揺きからは伝わってこない。小栗有以には鑑賞者に批評空間を作らせる原動力がそなわっていないのだ。

才能の無い人間が周囲に持ち上げられるとき、往々にして”勘違い”が発生するものだ。グループアイドルの場合、センターに立つ資質のない人物が、なにかの間違いで、時代のズレで、その場所に立ってしまうと、本来芽生えるはずのない自意識を獲得してしまうことになる。例えば、「わたしがグループを引っ張る。革命を起こす」、と。そして、その”勘違い”は本来、輝くはずであったジャンルでの才能をも枯らせ、アイドルから個性を欠落させて行く。小栗有以から批評を作るための原動力を受け取れないのは、センターポジション=主人公を意識するあまり、自己の内奥をさらけ出すきっかけを前にしても、「放棄」を彼女が選択するからである。そして、その「放棄」すらも、ギニョールのワンシーンに過ぎないのだから、痛々しい。小栗有以が原稿用紙に書く物語とは、宮脇咲良がすでに描写した光景に過ぎず、受動性が命題として重く伸しかかるタイプのアイドルとして、その枠組からはみ出たことは、未だ、一度もない。この点に時代の寵児として背負うべき物語性の欠如を確信してしまう。もちろん、そこに示される、想像の枠からはみ出さない物語の安心感、というのは一定のファンの獲得には成功するだろう。しかし、それはやはり主役の物語とは呼べない。
才能は、人智の及ばない存在から投げ付けられ、与えられる。『「結局、才能以上のものを書くことはできない」 これは六十年以上にわたって小説を書き続け、常に文壇の主要作家であり続けた正宗白鳥が死を迎えて最後に云い残した言葉である。』才能を授かることに比べれば、立場を貰うことも、与えることも容易い。小栗有以は問題なくアイドルと呼べる人物だが、ギニョールという境遇の観点に立てば、それは”日替わりなラッキーな成り上がり”と云えるだろう。島崎遥香の喪失以降、”日替わりセンター”として配置された宮脇咲良、小栗有以、次にラッキーな成り上がりを手にするのは、システムの傀儡にされるのは、どのアイドルになるのだろうか。(*1)

 

総合評価 56点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 14点

演劇表現 9点 バラエティ 8点

情動感染 13点

AKB48 (Team 8) 活動期間 2014年~

引用:(*1)福田和也/現代文学

評価更新履歴
2018/9/1 情動感染12→13

評価点数の見方