AKB48 小栗有以 評判記

AKB48

小栗有以(C)時事通信社

「2万年に1人の美少女」

小栗有以、平成13年生、AKB48のTeam8のメンバーであり、14代目センター。
次世代ホープ、新センターの称号を持つ、AKB48の、いや、AKBグループのあたらしい主人公への呼び声が高い人物。2万年に1人の美少女、とファンから呼ばれ、並ではない熱意を向けられている。だがそうした誇張された表現よろしくアイドル本人の資質は至って平凡である。
彼女がこれまでに記したアイドルの物語、そのどの場面を読んでも、またインタビューなどの情報・資料を蒐集し漁っても、AKB48のセンターとして、そこに漂うはずの希望に触れることは叶わなかった。夢見る少女の横顔からグループの未来を見出す、ということはできなかった。もちろん、「小栗有以」というアイドルの実態が、傀儡のエース、であるからそう感じるのではない。彼女自身の作り上げた偶像に、衰退・索漠の色の濃い常闇のようなシーンを転覆させるだけの力量が、未来を切り拓く能動性が一つも内在しないからだ。
このひとは、とにかく平凡で月並みなアイドルである。ビジュアル、演技力、多様性、物語性と、今日のアイドルシーンにおいてファンをもっとも魅了し得るステータスのほとんどが平均かそれ以下の実力しかなく、存在感に乏しい。しかし、あくまでも「小栗有以」は、少女の成長を倒錯した恋愛=シチュエーションによって歌った『Teacher Teacher』においてセンターに抜擢された日から今日に至るまで、あいも変わらずグループのエースとみなされているようだ。そこに見る埋めがたい溝こそ、今日のAKB48の混迷の証しと云うべきだろうか。とくにビジュアルに対するメディア展開、その過剰なまでの称賛と賛辞には、もはや異様さすら感じる(2万年に1人の美少女、となにやらものすごいことになっている)。本当はだれもそんなふうに思っていないけれど、喜劇を前提にして、アイドルを売り出すためにそういった称賛が作れてしまう、という点にグロテスクなものを見る。
ただ、そうした過剰な賛辞に惑わされず、真正面から彼女を眺めることができれば、そのビジュアルの内にある、本質的な魅力を発見することは可能である。たしかに、平均を凌ぐ魅力をもっている、とは評し難い。だが、日常を演じることへの意志の強さをその横顔から感じることができ、なおかつチャーミングに見える、という点は特筆すべきかもしれない。異なる要素を秤にのせて遊ぶような、思い込みの強い女性特有の沈鬱さもあり、それがアイドルを演じる少女の屈託を醸し出しており、なかなか興味が途絶えない。前田敦子西野七瀬のようにグループアイドル史=群像劇の中にあたらしい系譜を落とし込む発見や圧倒は望むべくもないが、むしろそれは、与田祐希や井口眞緒といった後続のアイドルに迎え撃たれるという一種の逆説を具えているように見える。数あるアイドルの中から注目されるのにはそれなりの理由がある、ということなのだろう。
小栗有以に備わる強い魅力を探るならば、それはライブ表現力になるだろうか。ステージの上で作る踊りならば、凡庸を凌ぐポテンシャルを感じる。華奢で弱々しい日常を裏切るように、自己の中心軸から発生した感情の振動が身体の先端に達するまでけして崩れない、安定性の優れた踊りを彼女は作っている。それが舞台上での存在感の強さにつながっている。彼女がいま、舞台の何処で踊っているかすぐにみつけられる、という観者への誘導力はひとつの才能と呼べるだろう。現代のアイドルシーンにおいてトップクラスのライブ表現力を有する、と評してもこれは過褒にはならないはずだ。
けれど、やはり”センター”の器ではない。彼女の踊りをどれだけ眺めても、作詞家・秋元康の編む詩的世界との融和や、踊りを眺めることでアイドルのこれまでの物語が辿れるという奇跡との遭遇は一度もおとずれなかった。センターポジションに対するメランコリックや反動が皆無であり、まったくあたらしい物語を、しかし、たしかに過去と連なる物語を描く異物感、といった感触が彼女の揺きからは伝わってこない。小栗有以には鑑賞者に批評空間を作らせる原動力が欠如している、と云うべきだろうか。たとえばそれは、一人の少女の誕生によって主流の発想が覆されるのではないか、といった、現在のシーンにおいてAKB48のセンターに強く求められるであろう憧憬の欠乏によくあらわれている。
この、AKB48のあたらしい時代の主人公と目される少女の物語がきわめて平板で月並みである、という事実は、公式ライバルである乃木坂46のブレイクを前に一つのフィクションを作り上げる、という能動性の欠如を浮き彫りにしており、グループの通史を意識的に読むアイドルファンの多くを落胆させている。おそらく、AKB48が乃木坂46にシーンの「主流」を奪還され、後日、アイドルファンの多くがその事実を確信した日、AKB48の中央に立っていたアイドルこそ、この小栗有以であり、AKB48を背負う主人公が乃木坂46の主要メンバーに対しまったく歯が立たない、という悲観を彼女は証し立ててしまった。

才能を持たない人間が周囲に持ち上げられるとき、往々にして”勘違い”が発生するものだ。グループアイドルの場合、センターに立つ資質のない人物が、なにかの間違いで、時代のズレで、その場所に立ってしまうと、本来芽生えるはずのない自意識を獲得してしまうことになる。例えば、”わたしがグループを引っ張る。革命を起こす”、と。そして、その”勘違い”は本来、輝くはずであったジャンルでの才能をも枯らせ、アイドルから個性を欠落させて行く。今日では、小栗有以をして、渡辺麻友の真の後継者、だとか、王道アイドルの本命と謳うが、それはまったくの誤り、勘違いだろう。渡辺麻友の王道さとは、日常を演じることによって本来の自分を見失ってしまうというアイドルの儚さにあるのであって、自分らしさとかAKBらしさを守ろうと鼻息を荒くする小栗とはアイドルの性質がまったく異なる。
小栗有以と類似したアイドルを挙げるとすれば、受動性が命題として重くのしかかるタイプのアイドル、自己の可能性を他者の想像力の一切に委ねる、という点から、宮脇咲良になるはずだ。小栗有以から批評を作るための原動力を受け取れないのは、宮脇同様に、センターポジション=主人公を意識するあまり、自己の内奥をさらけ出すきっかけを前にしても、”放棄”を彼女が選択するからである。そして、その放棄すらも、ギニョールのワンシーンに過ぎないのだから、痛々しい。
もちろん、そこに示される、想像の枠からはみ出さない物語の安心感は一定のファンの獲得に成功するのだろう。とくに、このひとには抜群の純潔さがある。処女性においてファンを裏切らない、というのは今日のシーンにおいてもっとも強く過剰に求められるふるまいであり、信頼感を獲得するための日常の所作なのだろう。また、この純潔さが小栗と渡辺麻友を重ね合わせるという浅薄を招くのかもしれない。
いずれにせよ、AKBグループのあたらしい主人公に選ばれた彼女の、その安心感ある平坦な物語をまえに、ファンは、乃木坂46のブレイクに対し無関心をつらぬけるようだ。あるいは、無関心である”フリ”を作れるようだ。だがそれは裏を返せば、小栗有以というアイドルがシーンの表通りを歩くアイドルと並ばずに、彼女たちから遠く離れた場所に立つことへの、シーンの主役を演じるアイドルの実力に遠く及ばない登場人物であることの証明になっている。

 

総合評価 52点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 13点

演劇表現 7点 バラエティ 8点

情動感染 12点

AKB48 (Team 8) 活動期間 2014年~

2020/07/17  再評価・加筆しました
2021/01/23  再評価、加筆しました  ビジュアル 11→12

 

ブログを始めて4年経ちました

「もうひとりの自分」 「アイドルの値打ち」を立ち上げてから4年が経った。4年経っ ...

AKB48 久しぶりのリップグロス 評判記

「見えなかったリップグロス」 歌詞、ミュージックビデオについて、 60枚目シング ...

乃木坂46 理想の「選抜」を考える 31stシングル版

「現状考え得るもっとも理想の『選抜』」 結成10周年、記念すべき30作目シングル ...