乃木坂46 市來玲奈 評価

乃木坂46

市來玲奈 (C) スポニチ

「ここにいる理由」

市來玲奈、平成8年生、乃木坂46のオープニングメンバー。
アイドルの日常を挟む前日譚と後日譚、ともに豪華な経歴とエピソードを描いている。さらには、乃木坂46の第一期生との再会や、第四期生との邂逅など、”古い”ファンと”新しい”ファン、どちらにも興味深い構図を見せてくれている。むしろ、乃木坂46という筐体の中に残した物語にだけ生彩がなく、場面展開に乏しい。(卒業の理由にもなった「学業」のため、ほぼ休業状態の時期があったものの)活動期間は3年間、参加シングルは8作品と、アイドルとしての物語は短くない。しかし、驚きや豊かさを描いたシーンは一度もない。

生駒里奈や生田絵梨花に比肩する主人公感のあるビジュアルを持つが、広末涼子を彷彿とさせるその清潔で恬淡なルックスに反し、清廉を撓める、二分的な感情の持ち主であり、あらゆる場面で学生のスピーチのような予め周到に用意された科白を並べ立てる口調をもってファンに話しかけ、真面目だけれど、どこか期待や憧憬を裏切られたと不安にさせる滑稽な姿を披露している。乱暴に云ってしまえば、ファンの前に立ち現れる「市來玲奈」というアイドルには、人として当然そなえるべきユーモアが欠けていた。

卒業後の躍進を眺め抱くのは、若しもあのとき、アイドルからの卒業を選択していなかったら、グループアイドルとして文句なしの戦捷をささげてくれたのではないか、というアナザーストーリーである。センターポジションで踊る彼女の姿形を想い描くことも容易におもえる。だが、肝心なのは、その光景から感興がまったく生まれない点だろう。アイドルの物語が早々に打ち切られた事実に向けて、ほとんどのファンが悔悟を抱え込まなかったのは、泥臭く、明徴な物語性をアイドル・市來玲奈から投げつけられなかった所為だ。換言すれば、アイドルを演じる目的、”ここにいる理由”はスピーチを通して鑑賞者を倦ませるほど仔細に語るが、見栄えの良い貪欲さ、その裏に隠している素顔に到達するための「通俗」の提出を彼女は頑なに拒んでいる。アイドルへの信頼や共闘とは、ファンがアイドルから差し出される、トレーに載せられた欲、それにフォークを突き刺した瞬間に成立する。人から愛されるには、まず欲を通過させてやる必要がある。グループアイドルに求められる「物語性」、この漠然とした話題も、彼女をみれば「物語性」を欠如したアイドルがどういった登場人物なのか、輪郭に触れるのではないか。

「…君が石野がスカウトしてきた子か。…ほんで君はなにをやりたいの」
「芝居です」
「歌は?」
「やりたいのは芝居だけなので」
「舞台か」
「興味ないです」
「映像か」
「映画だけに絞らせてもらいたいです。いい脚本といい監督さんの作品であれば役のおおきさとかも気にしません」
「主役やりたないの?いいか、主役を目指してても2番手3番手になるんや。2番手3番手目指してたら通行人にもなられへん。君、志し低いな。まあええわ、学校ではどんな子や?」
「普通にしてます」
「仲の良い友だちとかいんの?」
「いません」
「いいひんの?つくらへんの?」
「敢えてつくりません」
「ふーん、彼氏は?」
「いません」
「なんでや」
「重要じゃないんで」
「そうかなあ。友だちとか彼氏とか、人を演じるうえで大切なことやとおもうけどなあ。いつからそんな生き方してるんや」
「こどものときからです」
「映画のためか。そんなに映画やりたいんか」
「はい」
「理由は」
「人生をかけるくらいの価値があるとおもうからです」
「ほな君は映画とおなじぐらい、価値のある人間か?君はな、今まで自分をプロデュースし、監督をし、主演を演じてきた。せやけどうちの事務所にきたらそれはでけへん。プロデュースをするのは我々の仕事や。歌が嫌、テレビが嫌、舞台が嫌。そんなことは言われへん。それがうちに所属するということや。はっきり言うぞ、君ぐらいのルックスの子はこの業界には腐るほどおるんや。なんも特別な存在やあらへん」
「わかってます」
「君を特別な存在に作り上げるのは我々の仕事や。君やない。嫌やったら、他の事務所あたったほうが君のためや」

罪の余白 /  大塚祐吉、 芦沢央、フィルムパートナーズ

市來玲奈には物語性がない。彼女にそなわっていたのは万能感である。万能感は文芸の世界において夢をつかむための貴重な資質と云えるだろう。自己を特別な存在だと確信する人間ならば、大人たちからどのような現実をつき付けられても、夢を前にして挫けることなどあり得ない。だれも彼女の選択を、衝動を阻むことはできない。だが、万能感によって衝動を描くのはそれを抱え込んだ人間だけではない。”少女”を囲む”大人たち”もまた、少女から発せられる万能感によって情動を引き起こす。そして往々にして、情動を引き起こした人間は、ディールの際にあやまった決断を下すものだ。

 

総合評価 53点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 13点

演劇表現 8点 バラエティ 7点

情動感染 11点

乃木坂46 活動期間 2011年~2014年

 

乃木坂46 太陽ノック 評価

「太陽ノック」 楽曲について、 結果的に、生駒里奈がセンターポジションに立ったの ...

乃木坂46 命は美しい 評価

「その手 放せば楽なのに」 歌詞について、 「ぐるぐるカーテン」から「何度目の青 ...

乃木坂46 何度目の青空か? 評価

「太陽は滲まないさ」 ミュージックビデオ、楽曲について、 掛け値なしの傑作。休業 ...