AKB48 大島優子 評価

AKB48

大島優子 (C)FRIDAY(フライデー) 2016/12/09

「白鳥になりたいペンギン」

大島優子は、AKB48の第二期生であり、神7のメンバーである。
アイドルの存在理由(命題)とはファンに活力を与えることである。「活力源」こそ、アイドル・大島優子のアイデンティティと云える。彼女の汲めども尽きることのないステージへの情熱、日常のエネルギッシュな立ち居振る舞い、あらゆるシーンを全力で生き抜く姿勢はファンに持続する勇気=活力を与えた。白鳥には決してなれないペンギンという境遇(物語)は、ファンを、未だ見たことの無いあたらしい地点からの共感に遭遇させ、大島優子は、グループアイドルにとっての、群像劇の主要登場人物になるための、一つのバイブルになった。

大島優子の物語を批評する際に看過できない存在がある。それは前田敦子の存在だ。アイドル史という長編小説の主人公に対するアンチ・テーゼという立場を余儀なくされた大島優子の憂鬱は、安易に推し量ることはできない。彼女の作り上げるアイドルの日常がその憂鬱と乖離した笑顔であったという背反性も深い魅力を湛える。しかし、そもそも両者には大きな隔たりがあるのだ。前田敦子がハンニバルならば、大島優子はスキピオ・アフリカヌスだろう。前田敦子がユリウス・カエサルならば、大島優子はポンペイウスである。前田敦子は純文学タイプのアイドルであり、大島優子はエンターテイメントタイプのアイドルなのである。福田和也の言を借りるならば、大島優子はファンに「快適な刺激を与え」ファンを「気持ちよくさせ、スリルを与え、感動して涙を与える。」(*1)アイドルである。純文学タイプである前田敦子は「本質的に不愉快なもの」であり、ファンを「いい気持ちにさせるのではなく。自己否定、自己超克をうながすような力をもっている」アイドルと言えるだろう。(*2)この純文学タイプとエンターテイメントタイプのカテゴリー分けは、後世のアイドルを批評するにあたり、重要なテーマとなっており、その一点だけでも、前田敦子、大島優子の2名は現代アイドル史に大書されるべき人物と云える。

 

総合評価 80点

現代アイドル史に名を残す人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 16点

演劇表現 17点 バラエティ 15点

情動感染 17点

AKB48 活動期間2006年~2014年

引用:(*1)(*2)福田和也「作家の値打ち」

評価点数の見方