AKB48 大島優子 評価

AKB48

大島優子 (C) 朝日新聞デジタル

「白鳥になりたいペンギン」

大島優子、昭和63年生、AKB48の第二期生。5代目センターであり、「神7」のメンバー。
アイドルの存在理由とはファンに活力を与えることだ…、この使い古された命題への要求に応える現代アイドルのフラグシップが大島優子であり、ファンに夢を与える原動力こそ彼女が描いたアイドルのアイデンティティと呼べるだろう。女優に憧れた人間がアイドルという日常を演じる役割を担った際に抱く暗さや戸惑い、その深刻さが汲めども尽きることのない劇場舞台への情熱を作り上げる…、この、アイドルシーンを全力で生き抜こうとする彼女の姿勢は、ファンに持続する勇気、希望を与えた。不完全性を抱えた少女たちの物語が不気味な希求力を発揮したAKB48のなかにあって、大島優子はアイドルの古典的な”ジャンルらしさ”をそなえる稀有なアイドル、あるいは心地よい物語を揺さぶる英雄として屹立することになる。彼女の、”白鳥には決してなれないペンギン”という境遇、古典を王道に回帰する物語は、ファンを、未だ発見したことのない、新しい地点からの共感に遭遇させ、特別な信頼感を勝ち取る。やがてアイドル・大島優子は、次の時代を生きるグループアイドルにとって、群像劇の主要登場人物になるための一つのバイブルとなった。

大島優子の物語を批評する際に看過できない存在がある。それはやはり前田敦子の存在だ。グループアイドル史=長編小説の圧倒的な主人公に対するアンチ・テーゼという役割を余儀なくされた大島優子の憂鬱を安易に推し量ることはできない。だが、ファンの妄執によって生み出される、アイドルの順位闘争に向けた稚気に囲繞されてもなお、常に機嫌の良さを失わない大島優子の笑顔とは、形容しがたい深い魅力を湛えていた、と云えるだろう。
しかし、そもそも両者には大きな隔たりがあるのだ。たとえば、前田敦子をハンニバルに見立てるならば、大島優子はスキピオ・アフリカヌスだろう。前田敦子がユリウス・カエサルならば、大島優子はポンペイウスになぞらえるべきだ。つまり、論を飛躍するならば、前田敦子は純文学タイプのアイドルであり、大島優子はエンターテイメントタイプのアイドルと扱える。先人の言葉を借り、この分類をアイドルシーンに溶かし込むとき、大島優子はファンに「快適な刺激を与え」ファンを「気持ちよくさせ、スリルを与え、感動して涙を与える」アイドルである。純文学タイプであろう前田敦子は「本質的に不愉快なもの」であり、ファンを「いい気持ちにさせるのではなく、自己否定、自己超克をうながすような力をも」つアイドルと呼べるだろう。よって両者の間には行き交いすべきではない境界線が引かれており、同じ批評空間では呼吸できない。彼女たちの物語を並べて比較する、これはあまりにも無垢で、浅薄な試みと云えるかもしれない。この、純文学タイプとエンターテイメントタイプのカテゴリー分けは、後世のアイドルを批評し、フィクションを作るにあたり重要なテーマとなっている。前田敦子という圧倒的な存在を前にして、グループアイドルの岐路を作り上げるように、カテゴリー分けを成立させた大島優子は、この一点のみにおいても現代アイドル史に銘記されるべき人物と云える。

 

総合評価 81点

現代のアイドルを象徴する人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 16点

演劇表現 17点 バラエティ 16点

情動感染 17点

AKB48 活動期間 2006年~2014年

引用:「」福田和也「作家の値うち」

 

乃木坂46 羽根の記憶 評価

「風が吹き始めたら 生まれ変わる」 歌詞、楽曲について、 12thシングル『太陽 ...

乃木坂46 北川悠理 評価

「趣味は空を見ること」 北川悠理、平成13年生、乃木坂46の第四期生。 ヒステリ ...

AKB48 武藤十夢 評価

「ダークナイト」 武藤十夢、平成6年生、AKB48の第十二期生。 深窓の令嬢的な ...