AKB48 秋元才加 評価

AKB48

秋元才加(C)河原雅彦×秋元才加 「演劇の教科書」/CINRA

「強く 気高く 美しく」

秋元才加、昭和63年生、AKB48の第二期生。
彼女がインタビュー時に語った父親とのエピソードを改めて読むと、リリー・フランキーが書く小説のような読後感に打たれた。秋元才加のような境遇を持つアイドルの私小説的な物語は次の世代を生きるアイドルと、そのファンにとって、ひとつのバイブルになりえるのではないか、とおもう。同じエピソードを語るにしても、言葉の選び方、文体、描写によって印象は様変わりする。彼女の発した言葉からは文学的な響きを感じとる。秋元才加というアイドル自身、きっと、父親と似て文学的な人物なのだろう。

だが私自身は、何よりも彼女の外見に強く惹かれ、すぐに主人公をイメージした。圧倒的な体格、掠れた声、ふてぶてしい表情、だが凛として美しい。彼女のすべてが、新しいジェンダーを感じさせた。彼女は男よりも男らしく、女よりも美しく、「闘う人」として男女を超越していた。

桐野夏生 / ファイアボール・ブルース

秋元才加の、強く、気高く、美しくあろうとする姿勢、姿形からは、松井珠理奈と同様の「新しいジェンダー」を感じる。あるいは、松井珠理奈のそれは、秋元才加から受け継いだものなのか。演劇という虚構の中での交錯によって継承がなされたのかもしれない。そのような意味では、今日の松井珠理奈を囲繞する、メディアやファンがつくる声量は異常と云えるのかもしれない。秋元才加や篠田麻里子がステージに立っていた時代、当たり前のように存在したイデオロギーが現在のアイドル界にとっては異物として映し出され、希少獣として扱われてしまっているのだから。
たしかに、現役のアイドルたちは苦悩に満ちあふれている。しかし、その苦悩には秋元才加等がファンに覗かせた、きれいごとでは終わらせない苦闘の表情がみえない。近年のアイドルシーンで松井珠理奈や生駒里奈に「主人公」を感じるという心理は、アイドル産業そのものが衰退したひとつの徴なのかもしれない。松井珠理奈や生駒里奈が持つ「主人公」感ならば、秋元才加や篠田麻里子のみならず、黎明期のAKB48を支えたアイドルたち、それぞれから同属の感覚を掴み捉えることができるはずだ。それを群像と呼ぶことが可能だろうか。抑制された叙述で書かれた短編小説のように独立した物語を抱える少女たちが、右へ左へ動きまわり、目の前に立ち現れる光景。アイドルグループの正しい物語の書き方とは、奇妙な希求力を発揮する不完全さによって作られる群像劇ではないか、と考える。不完全な物語こそ、アイドルとファンの成長共有を叶えるのだ。秋元才加はその群像を成立させた豊穣な登場人物の一人と云えるだろう。
群像の輝きに吸い寄せられた、完成されたあたらしい才能の出現によってシーンが収斂し、不完全さが失われると、登場人物の個性は損なわれ、やがて「主人公感」を持つアイドルが稀有な存在として書き出される。AKB48の第1~3期生の誕生以降、群像劇はアイドルシーンから消失するが、乃木坂46の第1期生の誕生によって復活を果たす。そして、また消えようとしている。

「演劇表現力について」

秋元才加のアイデンティティに「演技」を挙げる声は少なくないだろう。彼女の演技とは、彫刻するように、与えられた役を創造する。役に対する思い入れや情熱がディティールに至る。複雑に絡み合った情念が、劇中の時間の流れに身を委ねるようにして想いのひとつひとつを明らかにしていく演技。舞台で培った経験が映像作品での演技にも色濃く現れている。秋元才加の役に対する没入感とは、舞台を主戦場とし、第一線で闘う役者にのみ備わる資質の発揮と云えるだろう。しかし、この資質の発揮が私には瑕疵と映ってしまう。倒錯、勘違いと云ってしまったら嘲笑されるだろうか。
演技において、役になりきることは、演者が”自分を捨てる”ということではない。自分を捨てて、台本に書かれたキャラクターに想像力を働かせ、演じる。この行為はエンターテイメント的な見地から心地よい響きを放つかもしれないが、文学ではない。想像力とは、いとも容易く陳腐な物体を作りあげてしまう。想像力を積み上げた末にできあがった役(演技)では、観者が自身の存在を根本から揺さぶられるような、こころをひき裂かれるような体験に遭遇する可能性は低い。すべての演劇作品とは、文字で連なった物語の再現でしかないという事実を忘れてはいけない。作家の日常を損壊し、放流的な再構築(仮構)を近代戯曲=文学だと錯覚するような隘路に陥ってはならない。演劇とは、演者の日常生活における仕草、立ち居振る舞いを切り取り、作品の世界に置いてくることである。多くの役者、アイドルはこの真逆の行為を選択して隘路に陥る。役になりきろうと、まず自分を脱ぎ捨てるのだ。そして作品世界の中に落ちているものを拾ってきて、現実世界でそれを掲げる。そうではなく、演者は、自身の人生の一部を刳り貫いて、虚構の中にそれを差し出す覚悟を示すべきなのだ。その覚悟が、意志が作品世界の深化に作用するのである。
映像のなかで、演技という行為の最中に、秋元才加自身が情動を引き起こし、それを観者の前で曝け出すような光景を私は観たことがある。それはアイドルとしては、非凡な才と評価できるだろう。しかし、彼女の描く情動は観者に感染する類のものではなかったように想う。そこに「秋元才加」を感じることができなかった。これは、演劇のみならず、アイドルとしての活動すべてに当て嵌まる。秋元才加がトップアイドルと呼ばれる水準に到達できなかった要因のひとつに、ファンに自身の情動を感染させる「資質」の欠如があったのは、間違いないだろう。

「実力」「経験」「実績」ならば秋元才加はアイドル史で上位5%に入ると確信するが、「資質」の観点では私が考えるトップアイドルたちに、あと一歩、二歩と及ばない。例えば、乃木坂46の大園桃子。彼女は、経歴、実力ともに秋元才加の足元にも及ばないが、演劇表現力をティア1に置いている。それは彼女の資質を評価したからである。「演技」とは作家にとっての「文体」と同じだ。秋元才加の演技は、熟練した役者ならば再現が容易なのではないか、と想像する。ドラマツルギーの欠如。一方、自身の日常を千切って映像の中に投げ捨てる大園桃子の演技は、どれだけ名声のある役者でも、模倣し再現することは不可能だと確信する。なぜなら、それは大園桃子の身体の一部であり、彼女を演じることができるのは彼女のみだから。映像のなかに見知ったアイドル、「大園桃子」の存在を感知し、それを掴み獲ってしまったファンは、情動を引き起こす。あるいは、映像のなかで情動を引き起こしている大園桃子の立ち居振る舞いが眼に映った瞬間に、その情動が感染するのである。秋元才加が目標とする、樹木希林の演技、映像とは、それを観た誰もが、その演じられた役の人格を「樹木希林」と混同するのではないか。そこに「女優」を生業とする人間の底知れぬ不気味さを感じられはしないか。日常を演じることを職業にしてしまった女のドラマツルギー、つまりそれは、映像の中に日常の「演じ分け」を混淆して行き、現実と虚構の境界線を不分明にすることである。

神童とは、ある日突然、我々の眼の前に出現し、あらゆる才能を喰い、絶望を与える。そのような光景が当たり前のように繰り返される世界を文芸と呼び、それが虚構の宿命的な魅力、レーゾン・デートルである。この不条理に歪んだ世界で自己を成立させようと苦闘する英姿こそ、秋元才加というアイドルがのこした物語の魅力なのだろう、とおもう。

 

総合評価 70点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 14点

演劇表現 17点 バラエティ 14点

情動感染 12点

AKB48 活動期間 2006年~2013年

評価点数の見方