AKB48

ファンが無意識に抱くグループのコンセプト(アイドルとして、あるべき姿)に対し、倒錯した存在 ...

AKB48

矢作萌夏という人物に作られる批評の空間は、すでに、一般的なアイドルの峻別を超えている

AKB48, 楽曲

「他人事でしかなかった」 歌詞、楽曲について、 卒業ソングとしては平成のおわりを前にしたグ ...

AKB48

「プログレッシブ・アイドル」 篠田麻里子、昭和61年生、AKB48の1.5期生であり、「神 ...

AKB48, 楽曲

作詞家自身の思想をひとつの詞としてアイドルに代弁させる(復唱させる)という行為は俗悪である ...

AKB48

「パクス・ロマーナ」 横山由依、平成4年生、AKB48の第九期生であり、AKBグループの二 ...

AKB48

大和田南那はAKB48の歴史のなかでもトップ3に入る「逸材」である。グループの最盛期に収穫 ...

AKB48, 楽曲

歌詞のなかに童話要素を暗喩として置くのではなく、歌詞そのものを童話とする場合、作詞家として ...

AKB48, 楽曲

お得意の、お決まりの、行動(移動)をしない、受動的な主人公の物語である。この楽曲の歌詞にお ...

AKB48, 楽曲

今回はロックがテーマ。 このような滑稽なテーマをどれだけ真剣に演じきれるのか、アイドルたち ...

AKB48, 楽曲

「青空を拝ませてやる」 楽曲そのものが、『マジすか学園4』とリンクしており、英雄的な主人公 ...

AKB48, 楽曲

典型的な群像劇であるものの、登場人物を描写するためにめまぐるしく展開する場面に何故か切れ目 ...