AKB48 永尾まりや 評価

AKB48

永尾まりや(C) Takeo Dec. / 徳間書店

「集団感染」

永尾まりや、平成6年生、AKB48の第九期生。
ファンが無意識に抱くグループのコンセプトに対し逆行する存在だとつよく感じるアイドルであった。アイドルを評価する際に、ビジュアルへの視点が優先される傾向は特別な現象ではないが、彼女の場合は、そこで下される評価によってアイドルとしての存在理由のすべてを決定付けられてしまい悲劇的に映る。裏を返せば、それだけ、彼女の美貌に潜む何かが、鑑賞者の意識を爪でひっ掻く、ということである。スマートに、ただ綺麗なだけのアイドルではない、と云いきれる特別な美の持ち主と呼べるだろう。たしかに、個性的な姿形におもう。安直な表現が許されるのならば、彼女の姿形には、つよい性への感興がある。だからか、常に物事を穿つような、猜疑心のある表情と佇まいがあり、一種の錯覚を強いられるのだ。彼女を眺める人間は、この女はこれこれこういった感情を含んでいる、と妄執する自分の姿を鏡に映すように自覚させられる。もちろん、彼女の性格を自己の内で無意識に決定付けたまま、彼女の物語を読み終え、忘れ去ったファンも多く存在しただろう。

外見とは内面からにじみ出た「何か」の集積である。彼女の外見には、それを眺める者の情動を引き起こさせる妖美がある。あるいはそれを矢作萌夏が抱える美の先駆け的存在と呼ぶことも可能かもしれない。だが、永尾まりやがアイドルを演じた時代では、彼女が矢作のようにセンターポジションへの希求を作り、救世主と扱われることはなかった。彼女は末端的キャラクターとして終始した。その結果、永尾まりや自身が感情を吐露し、心の重い闇、つまり醜態をファンに投げ付けても、彼女のさらけ出した情動が集団感染を引き起こすという現象は一度も起こらなかった。それがアイドルの成功を、明暗をわけた理由になるだろうか。

だが、永尾まりやが語るエピソードひとつひとつは、とても興味深く、静かな怒りをはらんだ詩情を持っている。
期待に胸を膨らませたドラマの配役を、読み合わせ当日、不条理に変更されたエピソードや、卒業後に語った、プロデューサーである秋元康とは一度も会話をしたことがない、というエピソード。このような「慎ましやか」から”ズレた”エピソードの披露と彼女の容姿から、私はゾラの『居酒屋』の登場人物を想起した。彼女が披露するエピソードとは、アイドルの悲惨さや滑稽さ、アイドルの「汚辱面と低劣面だけをきわめて一方的一面的にあばき出すペシミティックでアナーキー」な物語ばかりである。自身の視界外では世界が鼓動を止めていると錯覚しているような、一種の独我論者のような立ち居振る舞いは、時代や立場を無視するのならば、第9期生のなかで島崎遥香に比肩する主人公感を持つ人物と映ったのだから、おもしろい、興味が尽きない。主人公と置かれるべき資質をそなえた人物が末端的キャラクターとして扱われたとき、そこにどのようなストーリーが生まれたのか、という観点でアイドル・永尾まりやを再読してみると面白い発見があるかもしれない。(*1)

 

総合評価 55点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 10点

演劇表現 13点 バラエティ 9点

情動感染 7点

AKB48 活動期間 2009年~2016年

引用:(*1)古賀照一(ゾラ「居酒屋」)

2019/03/08  再評価 加筆しました

評価点数の見方