AKB48 永尾まりや 評価

AKB48

永尾まりや(C)永尾まりやファースト写真集 美しい細胞

「アナーキー」

永尾まりや、平成6年生、AKB48の第九期生。
いわゆる、守りたい感、というグループアイドルとして”売れる”ための重要なファクターを致命的に欠如した登場人物であり、ファンから贈られる、”彼女のことは自分以外のほかの誰かがきっと支えてくれるはずだ”、といった「蓋然」に囲繞され、苦渋したアイドル。現実世界における恋愛や結婚のきらびやかさ、そこに漂う甘美だけをどれだけ巧みに仮想恋愛の空間に落とし込めるか、現代でアイドルを演じる少女に突きつけられる命題のひとつだが、永尾まりやは、このファンが無意識に抱き作り上げるAKB48のコンセプトに対し、つよく逆行する存在であった、と云えるかもしれない。それは、彼女のビジュアルに起因する。
アイドルを評価する際に、ビジュアルに対する視点が最優先されるのは、不思議な話ではない。永尾まりやが悲痛に映るのは、むしろビジュアルに関する話題のなかで下された評価によってアイドルとしての存在理由のすべてを決定付けられてしまう点だろうか。もちろん、裏を返せば、それだけ彼女の美貌に潜むなにかが、鑑賞者の意識を爪でひっ掻く、ということなのだが。スマートに、ただ綺麗なだけのアイドルと言い切るには躊躇する、夜露にぐっしょり濡れたような美貌の持ち主であり、たしかに、きわめて個性的と感じる。安直な表現が許されるのならば、彼女の姿形には、欲情と不安を秤に載せて遊ぶような、性へのつよい感興がある。しかしどこか、潔らかで甘い匂いもする。だからか、常に物事を穿つような、猜疑心のある表情と佇まいを作り、一種の錯覚を強いられる。トップクラスの美を誇る永尾まりやを眺めるアイドルファン、彼らを襲うのは、この女はこれこれこういった感情を含んでいる、と妄執を作る人間がその自分の醜態を鏡に映したときに抱く「恥じ」だ。だから、彼女の性格を自己の内で無意識に決定付け、目を背けたまま、彼女の存在そのものを忘れ去るファンがあとを絶たなかった。

外見とは内面からにじみ出たエレメントの集積である。彼女の外見には、それを眺める者の情動を引き起こさせる妖美がある。あるいは、それを矢作萌夏が抱える美の先駆け的存在と呼ぶことも可能かもしれない。だが、永尾まりやがアイドルを演じた時代では、彼女が矢作のようにセンターポジションへの希求を作り、救世主と扱われることはなかった。
しかし、アイドルとしての名声の低さを裏切るように、永尾まりやが語るエピソードのひとつひとつは、可憐で静かな怒りをはらんだ詩情を持っており、とても興味深い。永尾まりやの物語をあらためて読むと、彼女は末端的キャラクターとして終始している。たとえば、期待に胸を膨らませたテレビドラマの配役を、読み合わせ当日、不条理に変更されたエピソード。卒業後に語った、プロデューサーである秋元康とは一度も会話をしたことがない、といったエピソード。このような慎ましやかから”ズレた”生温かい感触を持つエピソードの披瀝とは、グループアイドルの悲惨さや滑稽さ、つまり通俗に囚われた汚辱面をファンに伝えようとする、少女特有のアナーキーの露出であり、グループアイドルにそなわる反動、その揺れ騒ぎの象徴と呼べるだろう。この、自身の視界外では世界が鼓動を止めていると錯覚しているような、一種の独我論者的な立ち居振る舞いは、時代や立場を無視するのならば、第9期生のなかで島崎遥香に比肩する主人公感を持つ人物とすら映るのだから、やはりおもしろい。
もっとも興味深いのは、永尾まりや自身が感情を吐露し、心の重い闇、複雑な心理の塊、つまり醜態をファンに投げ付けても、少女が惜しげなくさらけ出したその情動が集団感染を引き起こし、ファンがアイドルの物語に没入したまま帰ってこないという現象が一度も起きていない点だ。「主人公」に置かれるべき資質をそなえた人物が末端的キャラクターとして扱われたとき、そこにどのようなストーリーが生まれたのか、という観点でアイドル・永尾まりやを「再読」してみるとあたらしい発見があるかもしれない。

 

総合評価 56点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 9点

演劇表現 14点 バラエティ 9点

情動感染 8点

AKB48 活動期間 2009年~2016年

 

櫻坂46(欅坂46) 小林由依 評価

「物語を自らの言葉で完結させる。」 小林由依、平成11年生、櫻坂46(欅坂46) ...

櫻坂46(欅坂46) 小池美波 評価

「折々の色が四季を作る」 小池美波、平成10年生、櫻坂46(欅坂46)の第一期生 ...

櫻坂46(欅坂46) 尾関梨香 評価

「私案」 尾関梨香、平成9年生、櫻坂46(欅坂46)の第一期生。 良くも悪くも平 ...