AKB48 入山杏奈 評価

AKB48

入山杏奈 (C) j-castニュース

「美しい罪」

入山杏奈、平成7年生、AKB48の第十期生。
まだアイドルの扉をひらいたばかりの頃、カメラを前にすると、俯き、黙り込んでしまう場面が多く、憤りや葛藤を秘めたメランコリーや、屈託の果てにあるアンニュイを投げつけるアイドルの象徴のような人物であった。「ハーフ」を想起させる彫りの深いルックスとアニメーション声優のような声音は、あたらしいファンを獲得するための入り口と機能する。
2018年にメキシコへ留学するが、それまでに書いた、アイドルを演じ過ごした期間は8年間、表題曲の歌唱メンバーに選抜された回数は実に14回と、物語は長い。長いが、AKB48にとって、アイドルシーンにとってきわめて重要な転換点になりうる出来事、「全国握手会傷害事件」、その悲劇の中央に彼女は立っており、けして平板な物語ではない。もちろん、入山杏奈の物語は、暴力による悲劇で染められてはいない。演技力については凡庸を凌ぐ場面を作らないものの、地頭が良く、ウィットに富んでおり、仲間やライバルとではなく、ファンと、泡沫な稚気を描くのに成功している。とくに、クリスマスをめぐる交錯はなかなかに反動的で、しかし愉快で、巧妙な豊かさがあり、おもしろい。だが、今日、あらためて、彼女の青春の書を俯瞰した際に、どうしてもそこに深刻な不条理を見出してしまう。アイドルになった奇跡への実感を持てない、と様々シーンでこぼす彼女が、自身をアイドルだと認定した瞬間こそ「全国握手会傷害事件」であり、なおかつ、悲劇によって、やはり、彼女の内で、あるいはファンの内で、アイドルが暮らす架空の世界に置かれたなにかが決定的に損なわれ、青春の犠牲を代償にして手に入れた夢の時間が終わってしまったのではないか、受け止めざるをえない断念を目撃する。

メキシコ留学以降、帰国=アイドルの再開と再会に対する不確かさ、アイドルでありながらアイドルとしては呼吸しないという、「現役」と「卒業」を不分明にしてしまう、危うい部分が多い。カメラの前で流暢にスペイン語らしきものを喋り、メキシコのワークショップを紹介し、ときには大自然の中を無邪気に走り、泳ぎまわる彼女をアイドルとして扱い、眺めるためには、乗り越えなくてはいけない障壁(これらはあくまでも、アイドルの外伝や後日の話などではなく、アイドルの本篇である)がある。ひとりの少女が異国の地を舞台に様々な人間と交錯することによって成長する、かけがえのない「教養小説」と呼べるものの、プログレッシブにすら映るその奔放さ、日常を演じる毎日からの脱却に成功した人間の、聡明で活力に満ちた表情を、美しい罪を、グループアイドルの物語にすり替えるのには、やはり躊躇が生まれてしまう。

生きのびているというだけでも、不名誉なことのようだ。

大統領閣下、よいお旅を / ガルシア・マルケス

 

総合評価 62点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 9点

演劇表現 12点 バラエティ 12点

情動感染 14点

AKB48 活動期間 2010年~

評価点数の見方