乃木坂46 橋本奈々未 評価

乃木坂46

橋本奈々未 写真集 『やさしい棘』(C) 長野 博文

「若者のすべて」

橋本奈々未、1993年生、乃木坂46の第一期生。
黎明期における乃木坂46の支柱となったアイドルの一人であり、グループが描いた群像劇の主要登場人物である。小市民的な儚さを抱えた人物であり、通俗的ではあったが、どんな場面でも誰に対しても(デビュー段階で同業者の偶像にすらなった白石麻衣が相手でも)常に対立命題を匂わせる反動的な立ち居振る舞いをみせた。

橋本奈々未は読書家である。読書家だが、ブッキッシュではなくペダントリーな印象がつよい。北海道から橋を渡った、右も左も分からない田舎娘がエネルギーの漲っているライバルたちと互角に渡りあう手段として、本に知識と教養を求め、渡世術を身に付けようと奔走したのだから、彼女がペダントリーに傾倒するのは当然の成り行きと云えるだろう。アイドルを演じるにあたっては「小説が演じるべき役割を教えてくれたろうし、まねすべきお手本を見せてくれたにちがいない。それに、遅かれ早かれ、なんら喜びを感じなくても、あるいは渋々ながらでも、虚栄心から、このお手本に従わざるをえなかったであろう。」(*1)ジュリヤン・ソレル的な田舎暮らしからの脱出、都会の街のなかでもっとも光の眩しい場所で、生まれ持った才(美)と書物から略奪した”知識”を武器に、不条理に振りまわされながら、現実感覚が損なわれる世界と生来のけがれがない領域を行き交いする彼女の物語は季節の記憶として共感されることになる。儚さが、あるいは薄命が、コンクリートに囲繞されている”リアリティ”と映り、彼女の物語(上京)に奇跡を落とし込んだ。橋本奈々未が演じきった『アイドル・橋本奈々未』。その生い立ちを私小説にすれば、まず間違いなくベストセラーになるだろう。

最後の花火に今年もなったな
何年経っても思い出してしまうな
ないかな ないよな
きっとね いないよな
会ったら言えるかな
まぶた閉じて浮かべているよ

フジファブリック 「若者のすべて」

「とめていた紐が切れて仮面が剥がれ落ちたみたいに」(*2)転向をしたものの、それでも、橋本奈々未が作り上げ、遺した虚構の中には、今でも陽光を反射する湖面にボートを浮かべて昼寝をするファンが居る。衰退の前兆の色が濃くなった現在の乃木坂46を前にして、ファンは橋本の後姿を、彼女の物語を、まぶたの裏に描くことで、ゆっくりと確実に斜陽していくグループの存在を忘却し、シエスタのように、ノスタルジーに浸るのである。「卒業」から歳月が経っても、アイドルの姿形が色褪せないまま、ファンの脳裏に焼き付いて離れない、というのは、近代アイドル史において、向田茉夏、深川麻衣に次ぐ快挙である。

 

総合評価 76点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 17点 ライブ表現 13点

演劇表現 12点 バラエティ 17点

情動感染 17点

乃木坂46 活動期間 2011年~2017年

引用:(*1) スタンダール「赤と黒」
(*2) 村上春樹「1Q84」

評価更新履歴
2018/11/11 再批評しました

評価点数の見方