乃木坂46 白石麻衣 評価

乃木坂46

白石麻衣 (C) 写真集 パスポート/中村和孝

「探し物は どこにあるのだろう」

白石麻衣、平成4年生、乃木坂46の第一期生であり、2代目センター。
平成の終わり、令和の始まり。現在(いま)、最も人気のあるアイドルは乃木坂46の白石麻衣だろう。シーンの中心に立つ、アイドル界において前例のない、白夜と見間違う美貌の持ち主。身体中に打ちつける雨粒のように降る賛辞により人格の一部とまでになった彼女の美貌。同業者に偶像すら作らせる溢美は、まだ少女であった頃の彼女がモラトリアムを通過する際に”美”こそが自己の中で最も価値ある得物だと評定するのに充分な動機となったはずだ。耽美主義。徹底した自己管理とマネージメント戦略は美の保存、美のパッケージ化を成功へと導く。白石麻衣の美貌はグループのアイデンティティと目され、象徴として、守るべき財産として扱われるようになる。この美の保存というイメージ戦略が招くナルシシズムの弊害として、ファンとの距離感を挙げられるが、白石麻衣は自身の内情を吐露したくない、観客に見せるべきではないといったスタイルをとりつつも、松村沙友理、秋元真夏などを仲介者として、心の裸を偶発的に溢すのである。それも、とてもナチュラルに、とてもチャーミングに、はにかみ顔や溜め涙をみせる。つまり、まったく隙きを作らないアイドルと云える。ある種の弱さの存在を、ヴァルネラブルの所持をしっかりとファンに触れさせることで”隙きがある”と勘違いさせ、妄執を作るのだから、これはもう”隙きがない”と表現するしかない。闘争や順位制との対峙も洩らさずに描いており、現代アイドルが豊穣な物語を獲得するための要件を全て充たす人物、と云えるだろう。圧倒的な美の提供を入口にして、多彩な表情と仕草、華やかな立ち居振る舞い、そしてそれら全ての要素に含まれているトップアイドルとしての矜持は、男女問わず、多くのアイドルファンを獲得し、華麗に装飾された物語の表紙を捲るその瞬間から魅了してやまない。
しかし、雨粒のように全身を打ちつけるのは賛辞だけではない、時間もまた同じようにして、彼女の身体に降りかかる。外面的な隙きはなくとも、内部からの崩壊は免れない。

「僕のこと、知ってる? 編」

目が醒めてみるとベンチの上だった。…見渡すと、そこは見たこともないビルが並び、見ず知らずの人々が、俺の知らない感情で笑い合い、楽し気に歩き廻っている見知らぬ街だった。…俺は誰なんだろう?

島田荘司 / 異邦の騎士

アイドルを演じる行為とは、架空の世界に産み落とされた”もうひとりの自分”を育てながら、仮想と現実を行き交いしながら、本当の自分を探し当て、それをひとつの物語としてファンの目の前で物語る所業である。興味深いのは、『僕のこと、知ってる?』の世界”感”においては、アイドル=僕が架空の世界をさまよい歩くうちに、それが現実世界での自我の喪失に、「記憶喪失者の自己発見というアイデンティティーの追求」に、”完全に”すり替えられている点だ。喪失体験の通過によって成熟を獲得しようと迷子になる…、アイドルとしては爛熟期にあたる物語からも、『僕のこと、知ってる?』ともっとも響きあうアイドルは白石麻衣と云えるだろう。『僕のこと、知ってる?』の詩的世界を構築させた原動力にアイドル・白石麻衣の虚構から放たれる寂寥があったのは、まず間違いない。僕のこと知ってる?、この問いかけは、名前や顔への誰何ではなく、本質的な像の消滅、つまり本当の”わたし”を一体誰が知っているのか、という現代でアイドル(自分とはべつの何者か)を演じつづける人間特有の反動的な自問自答、その収斂である。白石麻衣にとって、自我の喪失のきっかけとなるイベントとは、云うまでもなく、白夜に輝く美の消滅である。(*1)

まるで腫瘍か癌のようにうずいていた彼女の美貌は、気がつくと、すっかり消え失せていた。彼女は美貌という特権の重みを、いまだに憶えていた。それは少女の頃には身体に重くのしかかっていたものだったが、抗いようのない衰えを見せはじめ、瀕死の動物の最後の悶えのような身ぶりをちらと見せて、いずこへともなく、消えていったのだった。彼女は、もうこれ以上、重みに耐えきれないところまできていた。人格の一部となっているあの無用の形容辞を、あまりに目立ちすぎるために余分なものとなっていたあの固有名詞のかけらを、彼女はどこかに捨てなければならなかった。確かにそうだった。道の曲がり角か、町はずれの片隅に、捨てなければならなかったのだ。あるいは、着古したコートのように、二流のレストランのクローゼットに置き忘れてきてもよかった。皆の注目の的になり、男たちからじろじろ見つめられて暮らすことに、彼女はうんざりしていた。夜になると、まるで瞼がピンで留められたかのように、まんじりともできなかったが、そんな時は、たいして魅力のない平凡な女だったら、どんなによかったかと考えた。部屋に閉じ籠もっていると、すべてのものが自分に敵意を抱いているように感じられた。絶望感に襲われると、不眠が皮膚の下や頭の中に広がり、やがてそれが内部から熱を放ち、毛根に噴き出してくるような気分だった。血管の中に小さな、熱を放つ虫が棲みついているような感じだった。

ガルシア・マルケス / エバは猫の中に

グループアイドルとして、数多くの喪失(たとえば、当たり前の日常の喪失、志半ば倒れる仲間たちを見捨て光りの眩しい場所へ向き直り、そこに立ち続ける喪失)を積み上げ、懸命に守り描いた美が朽ちていく予感への戸惑い、恐怖、不眠。同時進行で、まったく別の場所で捏造されていく白石麻衣=美のイメージの集積と、”知らない彼女”に向けられる賛美。この乖離は、白石麻衣というアイドルが自身の演じる役でありながら、美の消滅を描こうとする自らの裏切りにより、操作の効かない等身大のマリオネットになってしまったのではないか、と覚らせる。自分が叶えてきたひとつひとつの夢、その幸福できらびやかな時間がどれほどの特権に支えられているのか悟り、「青春」の犠牲がもたらす「富」に喪失の影を見る。当たり前の日常やかけがえのない青春の犠牲を代償にキラキラと光る夢をつかむ。しかしそれを握りしめているのは、現実と仮想を行き交いする一人の少女ではなく、仮想世界で揺く白石麻衣のみである。彼女は「すべてを得てきた。その努力と明晰と幸運の代償として、得るべき善きものは総て手にしたのである。にもかかわらず、それは無意味だった」。喪失の果てに手にした夢が「無意味」なものだった、という喪失を知り、絶望と遭遇した彼女は迷子になる。不毛の覚醒。西野七瀬や平手友梨奈など、同時代のトップアイドルと比較して白石麻衣が「清潔」に映るのは、彼女がピアノマン的な迷子の仮装、つまり安易に自我の喪失とは呼べない、自我を自ら放棄しようと足掻くが、しかし捨てきれず、なおかつ、自己の意思とは無関係にそれが減衰して行く予感へのもだえによって導かれた、記憶喪失者への演技があるからだ。彼女は「ただ生きてきた」、宿命的にアイドルを演じてきた、その行為「自体によって復讐されている。」だから彼女の内には、「生きていくという事自体において自らが老い、滅びるとしたら、何かを獲得するなどという事に如何なる意味がある」のか?と、反動が宿る。それが白石麻衣にピアノマンを演じさせ、僕のこと知ってる?という問いが生まれる。(*2)

確かに彼の成功は見事なものだ。…すべてが清潔であり、きちんとしている。だがそこに過剰なもの、求めても得られない残酷で激しく濃厚なものや悪はどこにもない。つまり彼の人生には夢のようなものは何処にもないのだ。

福田和也 / 江藤淳氏と文学の悪

叶わぬ夢を持てず、つよく求める夢はアイドルを演じる時間の流れのなかですべて手に入れてしまう。そこに深刻な事態が伏在してはいないか。夢への架け橋としてアイドルがあるのではなく、アイドルを演じ続けなければ成功をつかめない。しかもそこで手に入れる成功は「ホント」の夢=幸福ではない。白石麻衣の物語はグループアイドルとして冠絶した華やかさを放つが、また同時に、その豊穣な物語を前に呆然自失する姿は、おそらく一握りの現代アイドルだけが遭遇し抱きしめる、寂寥の果てである。彼女の日常の立ち居振る舞いには、波打ち際で揺れる流木みたいに、ただ流れに身を任せる、自我が朽ちていく様子を傍観する彷徨者のような佇まいがある。皮肉にも、この彷徨が作り手やファンから信頼感を獲得する完結性を彼女の作るアイドルに付しているのだ。仮想ではなく現実世界における美の消滅への自覚、無条件で贈られる賛美をまえにして発する、「自分が誰か どうだっていい」、この心の叫びこそ、白石麻衣の内に宿った反動の徴であり、アイドルとファンの成長共有を完全に欠落させた動機と云えるのではないか。たしかに、彼女の物語は豊穣に映る。だがそこに活写されるアイドルの姿形はあまりにも清潔でクールだ。アイドルの思い出のなかにファンが手を伸ばしてもつかめるのは虚空だけだ。ゆえに、彼女に賛美を贈る読者のなかでアイドル・白石麻衣は自己の否定を促すような本物の主人公としては屹立しない。あくまでも、彼女は歴史家の陳腐な想像力によって生み出され捏造される架空の英雄の横顔のように潔癖な存在なのだから。(*3)
秋元真夏の抱える”if”と同様に、”若しも”白石麻衣が美の追究を早い段階で投げ捨て、文芸においてもっとも生臭い場所、才能の墓場、演劇の世界へ歩んでいたら、それは決して隘路への入り口にはならなかったはずだ。彼女にとっての自己超克とは、白石麻衣にとってのアイドルの枠組みを貫通する行為とは、つまり、グループアイドルを通じて夢をつかもうと足掻く物語とは、”美の放棄”、この決断に外ならなかった。「人格の一部となっているあの無用の形容辞を、あまりに目立ちすぎるために余分なものとなっていたあの固有名詞のかけらを、彼女は」自らの意思で「どこかに捨てなければならなかった」のだ。(*4)
カメラの前で多様な表情を作れる非凡な才に恵まれながらも、自己のアイドルとしての商品価値を高くすることだけに奔走し、あでやかに着飾り、だれかの憧れで居続けるために、戦略的な耽美を取り入れてしまった。家郷に対し、自己犠牲のもとに成り立つ本物の愛着を抱けない彼女は迷子になる。気付けば、「知らない街のどこかに 一人で立っていた」。彼女は、常に”ただ美しい”だけであった。”乃木坂46の白石麻衣”、この隘路から彼女が抜け出し「ホント」の自分を発見する方法は一つしかないだろう。それはアイドルを卒業することである。(*5)

大佐はほんの一瞬、栗の木のかげに立ち止まったが、こんどもまた、その空虚な場所に少しの愛着も感じないことを知った。
「何か言っていますか?」と大佐は聞いた。
「とっても悲しんでるわ」とウルスラがそれに答えた。「あんたが死ぬと思っているのよ」
「伝えてください」と、微笑しながら大佐は言った。「人間は、死すべきときに死なず、ただ、その時機が来たら死ぬんだとね」

ガルシア・マルケス / 百年の孤独

このシーンは白石麻衣の卒業を危惧し、アイドルの「死」を予感してやまないファンとかさなる。「大佐」の微笑と返答を文学の射程で捉えるとき、それは白石麻衣の思考を先回りした科白と云えるだろう。

 

総合評価 80点

現代のアイドルを象徴する人物

(評価内訳)

ビジュアル 19点 ライブ表現 15点

演劇表現 14点 バラエティ 16点

情動感染 16点

乃木坂46  活動期間 2011年~2020年

引用:(*1) 福田和也 / 作家の値うち「島田荘司 / 『異邦の騎士』」
(*2) 福田和也 / 江藤淳氏と文学の悪

(*4) ガルシア・マルケス / エバは猫の中に
(*3)(*5) 秋元康 / 僕のこと、知ってる?
見出し1 秋元康 / しあわせの保護色

 

乃木坂46 ハルジオンが咲く頃 評価

「心 癒してくれた」 歌詞、楽曲について、 深川麻衣の卒業ソングであり、深川麻衣 ...

乃木坂46 今、話したい誰かがいる 評価

「僕の部屋 片隅で漫画読んでる」 歌詞について、 きわめて写実的な描写を置きつつ ...

乃木坂46 太陽ノック 評価

「太陽ノック」 楽曲について、 結果的に、生駒里奈がセンターポジションに立ったの ...